ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

愛について。

d0131851_20395779.jpg

何歳になったん?とテトが聞いてる・・・・。誕生日はいい天気でよかった。それでけで嬉しい。だんだんと、誕生日ねえ、年取らなくていいんだけど・・・と思う。母からメッセージが来たので、産んでくれた感謝を伝えた。とにかく母の出産がないと今の私はいないので。だんなから、娘の彼からメッセージが届く。友人たちからもメッセージ。ありがたや、そんな朝。
今日は、カットにいった。男性が一人で切ってくれる美容室で、もう長く通ってるので、気心知れてて楽チン。腕も信頼してるし、会話もおもろいので、言うことなし。Mさんとはいろんな話に飛んで行くけど、今日はひょんなことから、愛の話に。美容師さんは話を合わせるのが上手いとは思うけど、結局、愛だよね、という深い話を朝から意気投合してしまった。
性も含めて、もっと:ポジティブにカジュアルに話していくことがいろんなことの解決につながる気がしてるという話。
女性の視点と男性の視点は違うけど、基本はそうだよねーという話ができたのは面白かった。娘ともそういう話を少しずつしていっている。How toではなく、もう少し本音というか、愛も性も作り上げていくものなんだという視点を、もっとオープンに語っていけたらと思う。
FBでいろんな人からお祝いの言葉をもらう。ありがたい。そして、帰りの電車が同じになった子どもたちは、ハッピバースデートューユー♪と歌いながら帰宅。それだけで、心と身体があったまった。Thanks!!!
いろんな愛の形はあるけれど、All need is love!!
[PR]
# by bagel70 | 2016-12-07 20:59 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

たまには苦言もね。

d0131851_2242224.jpg

なかなかの仲の良さだと思いますが、たまにはねえ、言いたくないことも言わねばで、昨日は朝から不穏な空気が。笑。彼女の完璧主義についての苦言なのですが、まあ、誰に似たのか・・・・大学の勉強も全力投球で、まさか親がそこに手を抜いたらとかアドバイスする親っているのかな?とか疑問に思いつつ。まあ、それでも、やりたいこと、行きたいとことのバランスを考えて、ある種の妥協も必要になってくるわけで・・・。私とかユルユルな人なので、娘の@一生懸命さがたまに理解しかねるのですが、本人もよくよくわかってて、、、、。追い込み型なので、そこそこ手を抜かないと折れるよ!と言い続けてるのです。力の抜き加減を教えるのって難しい。仕事、勉強が丁寧で、どれも完璧にこなそうとするから・・・ねえ。疲れるよねえー。ドイツ行くためには、バイトもしなきゃだし。

今回、違ったのは、ドイツからほぼずーっと寝てる時以外、会話してる彼がいるわけで、ありとあらゆることを二人は毎日話してて、涙する娘をドイツから笑わせたり、優しくアドバイスしたりと、いい感じで緩めてくれたようですー。だんだんとこうして、親よりパートナーとの絆が強くなっていくんだろうなあーと。寂しくもあり、私もそうだったなーと。だんだんとバトンタッチしていくのね・・・・。

親子で滅多にケンカはしないけど、たまに微妙な空気の時ももちろんあって、私は親として伝えたいっと思い、娘はわかってるけど、念押ししないでほしいって。(しつこかった?)
バランスの取り方は、彼女にとってはまだまだ課題だけど、出会いって不思議で、その人に必要な存在の人がちゃんと現れるようになってるんだろうなあーと思います。

親は少しずつ手を引いていく・・・・・。十代の最後の一年なのでした。
写真は、ドイツから絵本が送られてきて、にっこりするところでした。絵本送ってくるとか、可愛すぎ。
[PR]
# by bagel70 | 2016-12-06 22:23 | こども | Trackback | Comments(0)

Christmasの絵本

d0131851_21571393.jpg

12月。師走。仕事も山盛りですが、Christmas飾りを準備する時間が楽しい。ああ、Christmasが近づいてきます。こどもたちが大きくなると、今年はサンタさん何持ってきてくれるかな?とかないので、わりと落ち着いてられます。小さい頃は毎年、何にしようかとあれこれ思案して、選ぶのも楽しかった。海外の織り機やおもちゃ、ボードゲームに絵本。海外のお菓子。サンタさんが持ってきてくれるモノは、必ず異国の素敵なモノなのでした。お父さんが焼く鳥の丸焼きは今も恒例。Christmasの夜をキャンドルをつけて、特別に過ごすのは、私の母から続いてる行事です。そういうドリーミーなことは、代々、受け継がれていくんだろうなあと思います。

d0131851_22152145.jpg

リンドグレーンのやかまし村が大好きでした。やかまし村とピッピと大草原の小さな家とヘンリー君と、パディントンで育った私です。国はあっちこっちだけど、児童文学のあの世界が大好きでした。娘や息子にもたくさんお話しに触れてきました。私の求める心地よさって、あの世界のほのぼのなんだよなーと最近、よく思います。こやの時間が楽しいのも、お話の中のようだから。子育ても、裏山でそりすべりするこどもたちを眺めるのが心地よくて、私の作った人形で遊ぶこどもたちを見るのが愛おしかった。どのシーンもかけがえのない時間だったなあ。その世界は、脈々と受け継がれている気がする。祖母もお話(児童文学)が大好きだったから。そう考えると、物語の力って本当に偉大です。活字と挿絵から自分の頭の中で広がるイメージ。そのなんともいえない幸福感の中に自分が包まれる時間。そして、その幸福感を抱いて、生涯過ごしていけるのです。私の小さい頃の夢は、児童文学者。久しぶりに思い出したけど、その夢はまだそっと抱いておいて、もう少し時が経って、書いて見るのもいいかもしれないと思います。モーゼスおばあさんのように、ね。
[PR]
# by bagel70 | 2016-12-05 22:32 | | Trackback | Comments(0)

鹿児島 その2

d0131851_220343.jpg

記録として、つけておこう。鹿児島旅は、3日だけだったのですが、母コーディネイトのおかげですごく充実した3日間でした。初日は義理父、母や旦那の方の親戚にも会えて、おとうさんは施設に入ってらっしゃって、その様子も気になってたので会えてよかったです。私たちのことは、もう覚えてないのか、初めまして!って言ってたけど。それでも、たくさんの人が面会に来て嬉しそうだったから、よかったーと思いました。日頃、遠くで何もできない私たちだけど、また会いに行こうっと娘と思いました。つむぎの目を綺麗な目をした子じゃねーと言ってくれてたので、娘は、ちょっと涙してました。写真をたくさんとったので、またホームに貼れるように送ろうと思います。

d0131851_2255640.jpg

鹿児島市内は、今、ashというサツマデザイン&クラフトフェアというのをやっていて、あちこちのおしゃれSHOPを巡ると写真展や作品や音楽が!という楽しくでCOOLなイベントの真っ最中で、とてもラッキーでした。d&dができた頃から、鹿児島のいろんなモノが格段にCOOLになってるのは、感じてたのですが、今回、グラフィックを始め、ほんとにどこのお店も素敵で、うーんとうなりました。ぜひ、鹿児島旅を!
d0131851_2214896.jpg

母のお気に入り。レトロフト。ここは古本屋さんに、自然食のレストラン、CAFE、ギャラリー、いろいろごちやっとあって、建物も面白くて、トイレが特に面白くて、刺激的なところでしたー。その裏界隈にも素敵な小さなお店がいっぱい。
温泉もあるし、素敵SHOPもあるし、美味しいものもあるしで、いやあ、よかとこです。
もっと行きたいとこいっぱいあったけど、また次回に・・・・。

母がシャレもん好き、アート好きでほんとによかったでごわす。
[PR]
# by bagel70 | 2016-12-04 22:16 | | Trackback | Comments(0)

山とこや スマイル

d0131851_23443969.jpg

みんなでアリサトさんのマキマキを。みんないつのまにかスマイルになるのでした。

写真を撮るのは好きです。かと言って、一眼レフをいつも持ち歩くほどでもない。フィルムの頃から、カメラは好きで、いろいろ持ってたけど、ポラロイドが特に好きでした。携帯の写真はちょっとそれに近い感じで、気軽に撮れてインスタでシェアできるのはいいなあと思います。今はカメラもよくなって世の中素敵写真に溢れてるなーと思います。それぞれにその人らしさが味わえて楽しい。実家で、アンドレケルテスの写真集があって、高校生の頃好きでいつも逃避の時に眺めてた。昔の写真はやっぱりなんだかいいなあーと思いました。

山とこや。今日もまた楽しかったです。朝からいろんな方が来てくださって、賑やかなこやでした。それぞれに好きな山を見つけて、嬉しかったなー。
アリサトさんとkiuさんの山の世界をみなさん、じっくり堪能してくださり、こや時間を楽しんでもらえると私たちも嬉しい。

d0131851_23443617.jpg

(あっ、写真はアポロさんのブログよりお借りしました!)
明日には、アポロさんのシュトーレンhが届きますよ。今日、楽しみにしてくださった皆さん、ごめんなさい。明日には、届きますよー。
[PR]
# by bagel70 | 2016-12-02 23:54 | etcetra | Trackback | Comments(0)