ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

お泊まりのすすめ

d0131851_022547.jpg

こどもたちが成長するにつれて、
子育ての悩みも 少し複雑になってくるものだ。

いろんな人の悩みを聞いたりすると、
なんとかしてあげたいものだと考える。

それでも そう簡単には答えがでるはずもなく、
どうしたもんかなと また考える。

そういう私も子育て真っ最中なので、先輩面もできず。

思うのは、こどもは家庭のなかだけで育てず
いろんな人の手に委ねた方がいいなと思う。

そこで「お泊まりのすすめ」
泊まったり、泊めたり、
ときには、姉、弟たちで男チーム、女チームで
泊まりっこしたり。
自分の家を離れて、他人の家のルールのなかで
時間を過ごすことは こどもを成長させる。
食事のルールや勉強、お風呂、いろんな違いを知ることは
新鮮で 小さな学びかもしれない。
一晩、二晩過ごすと、その子のことがまた分かり、
親には見えない いいトコロを見つけることもできる。

風通しのいい家にして
いろんな子が やってきて、我が子と同じように
気持ちを伝えたり、しかったり、ほめたり したいと思う。

そして、自分の子も これまでいろんなお家に泊めてもらって
おいしいごはんをいただいたり、たくさん笑って過ごしてきた。
ありがたいなあと思う。
あらためて、ありがとう。
[PR]
by bagel70 | 2010-04-11 00:44 | こども | Comments(2)
Commented by mijo at 2010-04-11 19:58 x
ほんと、お泊りは親と子が成長できるいいツールだと思う。うちのMにとってhonaちゃんちは第二の我が家。遠い実家より近い近い存在でしたよ。困った時はいっつも助けてもらって、ほんとありがたかった。今は少し遠くなったけど、また預けっこできるかなぁ。待ってるよ。。
Commented by bagel70 at 2010-04-13 01:08
mijoへ。ほんとにねえ。何度泊まったか。泡風呂とか、手作りパンとか、小さいFはmパパにお風呂いれてもらったり、思い出がいっぱい。従兄弟状態だったね。ほんとにありがたかかった。
遠くなったけど、またやりたいねえ。
<< ふくれっこ新作 入学式 >>