ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

鞄。

d0131851_22525564.jpg

ふうーっ。ここ数日あっという間に過ぎました。

中学の鞄が重くて・・・という話は以前にしたと思うのですが。
ショルダーバッグに毎日教科書+体操服+水筒と約10kgの荷物を
いれて、40分歩きます。重すぎて、ショルダーバッグをリュックスタイルでかついで歩いてます。もちろん、猫背になり、肩こり、頭痛がでてきました。

それでも耐えながら、悲鳴をあげながら登校するこどもたち。
これはいかん!一体、いつの時代の校則で、誰のためのなんのためのバッグなのかとひとり、動き始めたわけです。

議員さんに相談したり、接骨院の先生に相談したり、他の中学校の状況を聞いたり、・・・・・先輩のお母さんの話では、校則を変えるのは容易でないこと。
PTAに相談した方がよいのか・・・署名??など考えた先に、いやいや、シンプル イズ ベスト。
悲鳴をあげてる娘、鞄を変えてほしいと願う娘から校長先生にお願いしたらよいのかも!と。
そこで、部活とテストと友達あそびで忙しい娘になんとか想いを作文にするようにと伝えてから2週間経ちました。作文が好きじゃない娘が半泣きで書きました。
「鞄を変えたい!!」という強い想いは娘の想いですから。
ようやく、今週はじめに作文と私の書いた嘆願書と接骨院の先生の書面を、こどもたちの手で校長先生に渡すことができました。

その日の夕方にお返事をいただき、まずは、個人対応しますとのこと。私は、鞄の自由選択制を望んでますが、すぐには難しいそうです(そりゃそうだ、他からも声があがらなきゃね)。明日からでもリュックで通ってもOKと言っていただき、早速モンベルにてリュックを購入。大喜びで一人リュックで登校しました。重い荷物を持ったときの体感が全然違うそうです。これをきっかけに、鞄の重さに疑問を感じてた方も声を上げはじめました。小さな一石が大きな波となって、変わるといいなあと思います。

シンプルに考えて、おかしいと思うことは、変えていくべきと思ってます。
だめでも相手に伝えることが大事だなと思います。
最後は、人と人・・・。私はいつも直球勝負です。
これでたまに痛い目にもあいますが・・・・。
反省することも・・・。

こどもたちは、学校社会でいろんな困ったことに遭遇します。
そのとき、親になにができるか。
こどもが自分で乗り越えられるように、道筋を提案したり、アイディアを考えたりすることができることかなーと思います。作戦を練るのは、だいすきです。

4月からひそかに取り組んできたこと。一歩、前進!!






[PR]
by bagel70 | 2010-06-23 23:31 | こども | Comments(6)
Commented by masatomo at 2010-06-24 00:41 x
文章を読んで、とても感動しました!親として子供のためにどこまでできるのか・・・私も考えますが、なかなか行動を起こすのは大変なこと。自分自身、中学の給食がすごくまずくて、先輩達と親御さんが署名運動を頑張り給食センターが変わったこと。高校時代には、1つ上の先輩達が夏のYシャツをポロシャツにして欲しいとで署名運動をして、次の年にはポロシャツになっこと(しかも自分達でデザインしました)を思い出しました。いずれも、初めに動いた人はすごいなぁと今改めて思います。思いを相手に伝えること。ホント大切ですね!
Commented by mijo at 2010-06-24 08:30 x
鞄の件、一歩前進出来てよかったね。私はこちらに来て、学校に対して何の不満もなくなったよ。こちらでは、鞄は自由です。靴下も、いろんなことも。子供たちは最小限のきまりの中で、自分で考えて行動しているの。きまりで縛らないためか、変に反抗する子もなくて、ほんと、のびのび自分らしく生活しているよ~。
こうなるまでに、きっと最初の一歩を頑張ってくれた人たちもいるのかもだね。ただ、リュックも重いよ~。ふらふらしながら自転車で行ってるわ。真っ赤なリュックで森を駆け抜けていくMの姿は可愛いけどね~。
Commented by Yuto-mama at 2010-06-24 10:37 x
素敵☆ やった~という感じですね。
ついつい、行動を起こす前に「ダメだろう」と考えて、諦めてしまいがちだけど、
本当はそんなことはないんだって、改めて思いました。
子どものこと、自分や家族のこと、住んでいる周りのこと、
ひいては、日本、地球全体のことまで、こうでなくっちゃねと
元気をもらいました。

小学1年生の荷物も重いです。水筒、体操服、プール用品、
疲れ切っていたので帰りの電車で(電車通学です)座らせていたら、
降りたときにおばさまに「どうして大人が立って、子どもを座らせるんだ」
とにらまれました…。子ども達だって疲れることはあるんだよって
言いたかったのに、返せなかった私。強くなるぞ~。
Commented by bagel70 at 2010-06-24 22:40
masatomoさま。
すごい署名活動が実を結ぶこともあるんですねー。ポロシャツになってデザインもできたなんて、いいなー。
いい中学校ですが、いろいろ管理体制が気になります。中学校って、時がとまってる??という不思議なことがいろいろありますよ。田舎ということもあるのかな。行動をおこすのは、エネルギーがいることですが、問題を解決せずに、時が過ぎるのを待つってことはできない性分みたいです。伝える前は、どんなに大変なのかなと不安に思いましたが、伝えてみたら、校長先生も近い考えでほっとしました。お話ししてみないと分からないものですねー。
Commented by bagel70 at 2010-06-24 22:45
mijoへ。そうなんだよねー。思ったより、すごく柔軟に対応してもらえて、一人リュックで通い始め、今日は一人コロコロで通う子が増えました。こうして少しずつ増えてってたらー変わるかな、なにかが。筑波はいいね、そう最小限のきまりで十分。それが自分で考えて行動する、自分の行動に責任もつってことにつながるはず。あああ、この辺は、大昔のままの管理体制です。
先生たちももっと全国区で交流したらいいのにね。
でも、一人一人の先生は分かってくれてる方も・・・。学校も意外と声があがるのを待ってたりして・・・そんなことはないか。
また、夏休みに話そうーーー!!
Commented by bagel70 at 2010-06-24 22:55
Yuto-mamaさま。
そうですねー、周りのお母さんも決まりだから・・と諦めてる方も多かったです。疑問を感じてる方はいらしても、アプローチの仕方が分からないんだと思います。私も分からなかったのですが、手探りでまずは、行動してみよう!って、娘と話してました。変わりもんだと思われてもいいや、間違ってない!と思ってました。たとえ、願いが受け入れられなくても、意見交換はすべきだなあと思います。ほんと、いろんなことにもつながりますよね。私はこう思うのですがー、どうですかね?みたいな。
こどもたちに伝えたいのは、考えて、突破する力です。
それも強烈な力で突破するんじゃなく、笑顔で、ユーモアも交えて、突破できたら・・・いいなーなんて。
<< エプロンってば 上野へ >>