ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

ことば。

d0131851_14212578.jpg

むずかしい・・・・。頭をグルグル・・・と。
言葉にするのもなんとなく避けたい雰囲気の漂う「いじめ」。
娘の学校でも話があったようです。娘もその子のことは気にはしてたみたいで、入学してから何度か話題にでてました。ただクラスも校舎も違うので、気にしなければ、そのままに。
昨日の学年集会での話を聞き、「どうしたらいい?」と聞くから、一人でいたら、話しかけてあげたらーっと言うと、それが、下手に手を振ったり、話しかけたら、「反応を楽しんでる」とか「ばかにしてる」とか思われるみたいやねん、でも、だまって見て見ぬ振りするのもいじめやって先生は怒ってた・・・と。・・・・・。たしかにどうしたらいいねん。うーん。部活もクラスも違ったら、なかなか難しいなあ。
一方、息子は調子がいいとこがあり、考えなしでやんちゃムードに乗ってしまい、頭を抱えることがあった。ここんとこ、しっかり向き合わなきゃと「いじめ」についてはしっかり話しをしてきた。反面、ちょっとした発言が言葉の暴力ととられる学校教育も、私としてはこんな世の中で大丈夫なのか、と思ったりもする。
社会に出て上司から怒られ、すぐ泣いてやめる・・・という話を聞くと、ある意味納得してしまう。ディベートの練習をするとか、こう言われたらこうきりかえそうとか、これは訓練しだいなんじゃないかなと思う。人って多少、傷ついたり、傷つけられたりして生きていくもん...のような。
それでも、そういう次元じゃないのかな。

考えれば考える程、難しくて。答えはでない。


いじめじゃないけど、昔、近所のいじわるな男子がうちにきたとき、こしょうをかけてやった。なんでこしょうだったのか分からないけど、我ながらそのアイディアに感動した。ウキキキくしゃみして逃げてったなー。(長靴下のピッピが愛読書でした)

私は4つ上の姉との口ゲンカで、相当鍛えられたなーと思います。むこうは、私のことを痩せて色が黒いので「畑のゴボウ!!」と言うから、足が太い姉を「柔道の山下!!」とか言い合って、ああいえばこう言うかんじでやり合ってたので、口ゲンカには自信はあった。母の怒ったときの剣幕もかなりの怖さだったので、後々、いろんな人に怒られてもびっくりしなかった様な気がします。

なので、あまりに優しいお母さんに会うと、いろんな意味で心配になります。余計なお世話ですね、話がずれたー


雑草のように・・・強くあれ。
[PR]
by bagel70 | 2010-11-09 15:11 | こども | Comments(8)
Commented by mamepanapollo at 2010-11-09 18:05
>雑草のように・・・強くあれ
同感!

私も近所の悪ガキがやって来たとき
その場にあった石を投げたら
見事おでこに命中してしまい
反対にこちららが怒られてしまいました

負けてたまるか!の反骨精神も
必要だと思うこの頃です
Commented by たこ焼き好きのとおる at 2010-11-09 20:30 x
ええこと言わはるわ。
おっしゃる通りやと思いました。
娘さんええ子ですね~
山下も笑っちゃいました。山下って・・・時代感じるわ(笑)
Commented at 2010-11-09 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mah at 2010-11-10 12:56 x
小錦S子って呼ばれてたって聞いた事があります。口げんかでは負けてます。
Commented by bagel70 at 2010-11-10 13:56
mamepan apolloさま。まさに反骨精神!!いいね!ほんと。ほんと。ハングリー精神とかね。夏の雑草はすごいよね、こんなとこからっ生えてるからなーっ。
Commented by bagel70 at 2010-11-10 13:58
トオルさま。コメント、うれしいです。ありがとう。山下ってほんと時代感じますよねー。若い人知らんかも・・・。トホホ。
Commented by bagel70 at 2010-11-10 13:59
カギコメさま。ありがとうございます。そんな風に共感してもらえると私もうれしいです。いつかぜひ、語りましょうー!!!
Commented by bagel70 at 2010-11-10 14:01
mahへ。そうそう、山下選手のあとは、小錦だったんだよねえ。S子も結構気が強いよねえ。母方の気が強いからねえ。私は家ではおとなしい方だったけど。
<< 修行 CUTE! >>