ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

おーい。

d0131851_13305420.jpg

こどもが大きくなってくると、それぞれの時間が長くなり、自分の時間も増えます。仕事もできるし、自分のすきなこともできる時間も。と同時に、こどもたちもやりたいことが出てくるので、親ができるのは、やりたいことをできるように支えてあげること。
モノを与えるのは簡単だけど、我が子のよさを伸ばせるチャンスを与えてあげることが大切だなあと思います。ある子はスポーツだったり、ある子は美術だったり。お稽古ごとというのは、出会いだなと思います。なにもせずにのびのび遊ぶのもひとつだし、お稽古ごとで自分の自信になるものを見つけることも多い。
我が家は、もともと違う英語教室に行ってたのですが、幼稚園のときに、LABOテューター(先生)をしてるMさんと出会い、LABOに惹かれました。これまでやってたところを辞めて、違う所に入れるのはなかなかの勇気がいりましたが、今となってはあの決断は正しかったなーと振り返ります。
英語劇というのは、英会話を習うわけでもなく、文法を習う訳でもないので、学校でいう点数とはすぐには結びつかないものですが、目に見えるものより、目に見えない力の方が価値があると思って6年間続けています。そこで培った底力というのは、自信となり、なにをするにでも、エネルギーと変わります。こどもたちにとって、大事なのはスキルではなく、内なるエネルギーだと思うから。

おーい。子育てって正解がなくて、みんな自分の直感を信じて育てます。あれ?と思ったら、軌道修正したり、少し立ち止まってみたり。いろんな人の話を聞くのもいいと思います。思わぬ所に出会いは潜んでいるから。
LABOの発表会のあとは、こどもたち、仲間たちの充実した表情を見れて、少しでも誰かに伝えたくなるのです。
息子は年中から娘は小2からはじめました。お話が好きな子、一緒にLABOしませんか?こどもたちは英語が大好き。これからを生きていく子どもたちにはマストとなる英語。
Goda partyは、小さい子から大学生までいるパーティです。わいわい。いろんな子の居場所になります。ご興味のある方は、imyoshiまでー。(コメントでもOKです)goda partyは、水曜日、木津川市中村屋さんのうらの公民館(木津中横)でやってます。
[PR]
by bagel70 | 2012-04-17 14:02 | こども | Comments(1)
Commented by ritsuko at 2012-04-20 04:51 x
素敵な記事をありがとう。物事の本質をしっかり捉え、自分の頭で考え行動できる子、周囲の人とよりよい社会を作っていくことをいとわない子、そしてたくさんの人から愛される子になってほしい・・・ラボの教育活動を通して私が育てたいのは、それぞれの子どもたちが自分らしく幸せに生きていける力です。人とコミュニケーションすることが楽しくて、もっともっと相手のことを分かりたい、自分の気持ちを伝えたいという強い思いが、ことばの習得にとって一番のモチベーションになるのですから。英語教育は人間教育。ん?なんだかおもしろそう!と思った方は、ぜひラボの扉をたたいてみてくださいね:)
<< 黄色のDOT. 明日は。 >>