ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

一年前の夏。

d0131851_1018822.jpg

一年前を思い返すと・・・・、娘を1ヶ月のカナダステイに旅立たせる直前だった。ステイ先へ渡すお土産探しや荷造りで、去年もアタフタとしていたな。娘にとって一年前は遠い出来事のよう。忙しい学校生活のなか、たまにカナダに戻りたいーと話します。
ラボパーティでは、12才ぐらいでの国際交流を独り立ちの旅と呼ばれてます。小学2年生から娘はラボをやっていたので、初めの頃はそんな先のこと考えられないとか。そんなお金有りません(涙)とか。英語もしゃべれないのに行く意味があるのかなー。とか、1ヶ月も・・・何がおこるか分からないし、ジャンクフードとか食べ物も心配。とかそんなに乗り気ではなかったんです。
でも、今は、40年も続いてるラボパーティの地道なこの国際交流の意味をじわじわと感じます。1ヶ月異国で初めて会う家族と一緒に一人で過ごした夏。湧き出る不安や迷いを自分で解決して、そして困ったときはHELPと声をかけて、助けてもらう。
どんな困難も立ち向かえば、道は開けるということ。それをまだまだ心が柔らかい12才で体感できたことは、親としてなによりの大きな贈り物になった気がする。

ダルビッシュが先日、日本の野球は変な固定観念が強すぎて、野球がのびていないと思いきった発言をしてたけど。日本の当たり前は、世界では全く当たり前ではないことをなるべく早く知ることが、これからを生きるこどもたちには必要だなーと思います。

社会でおきていること、学校でおきていること、ん〜なんで??そうなるの?ということが溢れてます。先日の大津教育委員会の様子も然り。でも、あの状況が普通と思ってる世代も多い。原発のこともすべてつながってる気がします。
[PR]
by bagel70 | 2012-07-13 10:37 | こども | Comments(0)
<< 髪飾り展. 今週までです。 >>