ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

天のしずく

d0131851_19423458.jpg

天のしずくを観てきました。素晴らしいドキュメンタリーでした。たくさんの人に観てほしいなあ。映画館上映が終わったら、あちこちで自主上映されるみたいです。

なんだろうー、この沁み入ってくるかんじ。ハイハイ、食は大事、分かってますよっという内容では決してない。食についてガチガチに考えるのではなく、やっぱりおいしいと感じる事が生きることなんだなと素直に思う。出てくる人の「おいしい」という言葉が心に沁みます。ほんとにおいしそうなスープの映像に隣の友人のお腹がキュルキュルーとよく鳴ってました。
食というと食育とか教育っぽいけど、そうじゃなくてもっと感覚的なもの。とにかく美しかった。色も人もスープも自然も。

原発事故のあとに考える食とスープ、医療現場でのスープ、こどもたちとスープ。ハンセン病の方とのスープの語り合い。
いのちのスープ・・・、そんな大袈裟なという気持ちが心のどこかにあったけれど、この映画を観るといのちを感じることができるスープの力に圧倒されました。

辰巳さんの美しさと言葉が、ああ、映画として残っていく素晴らしいなと思いました。

話変わって、もうすぐ選挙です。どこに入れますか?うーんうーんと考えてしまいます。素晴らしい女性がたくさんいるのに、日本はなかなか政治に女性がでてきません。たまに出てくると思ったら、刺客とかマドンナとかそういうかんじ。うんざり。

嘉田知事には期待してしまう。ピリリとした品のある女性にひっぱっててもらいたいです。



この映画をお誘いしようーと思ってた人がふたり。一人はおいしいサムゲタンを作る友人。そしてもう一人は、たんぽぽさん。お仕事のたびに、おいしいマクロビオテックの料理をいただき、ああ素材の美味しさとはこういうことかと思わせてくれる方。このお二方は雰囲気が似てることも不思議。
たんぽぽ料理教室では、素材を活かした、丁寧な料理を教えてもらえます。
今度スープのレッスンをお願いしたいなーと思ってます。
料理があまりすきじゃない私ですが、みんなでおいしいーーーっと言って食べる事はだいすき。お肉だいすきな私ですが、野菜もすきですよ。食べる事は生きること。人生、後半戦なので、丁寧に日々を過ごすことをこころがけてみようー。(年末だけど、年始のような気持ち)
[PR]
by bagel70 | 2012-11-29 20:16 | 映画 | Comments(0)
<< BABY BABY BABY 木津界隈。 >>