ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

がっこう選び

d0131851_2356574.jpg

がっこう選びって、むずかしい・・・と思う頃、かなあ。我が家は去年のこの時期は推薦の結果を待ってるころだった。ちょっと他の学校とは違ってたので、内申点がクリアして学校からの推薦がもらえたら、試験もなく残すは面接だけという、ふつうの受験生の緊張感はほぼ味わわずに、終わってます。なので、娘は模試も一回も受けず。(京都は学校で模試をうけません)塾も中3夏期講習のみでした。塾の生活が合わないタイプで(家族でごはんを食べたい人)、でも、はじめに娘が今の高校に向いてるかも!と話してくれたのも塾の先生でした。数ヶ月しか行かなかった塾だけど、今でもなぜか通学途中に塾の先生たちと世間話をする仲なので、いい経験だったなあーと思ってます。人生ってほんと無意味なことってないですよねー。(このまま受験なく大学にいけるので、受験を一度も経験せずです。そんな道も!コツコツ勉強するのが好きな子にはおすすめです。受験勉強でなく、自分の勉強ができるから。)
私学のよさ、公立のよさ、それぞれにあると思います。行きたい高校に行ける子もいれば、行けない子もいる。ひとつの人生の岐路ですよね。親もいろいろ考えますよね。高校生活がはじまり、中学時代を過ごした子たちの様子を聞くと、ほんとにそれぞれの高校でさまざまです。
でもできれば、偏差値じゃなくて、その子がどんな高校生活を送りたいかで選べるといいですよね。
のびのびした学校が合う子もいれば、ピリリとした学校が合う子もいるし、親元から離れた学校というセレクトもあるし、家から近い学校がいいという子もいるし。その高校にいってみて、我が子が通う姿を想像したときに、にこにこして通ってる姿が想像できたところが、いいのかも。
学校は、偏差値でしかあまり教えてくれないので、近所の高校生がいる方に校風とか雰囲気をさらりと聞いとくのはいいと思います。
私の感想、私学って、なるほど。授業料、高いだけのなにかはあるなあーと思ってます。そのなにか、ってのは、勉強じゃない、空気とか精神とか、志とか、雰囲気とか。眼に見えないものって案外重要ですよね。
とはいえ、息子は公立だと思うので、娘の同級生の話をフムフム〜と頭の片隅にメモってます。やっぱり自由な校風が合うだろうしねー。よく文字がいっぱい並んだものから最初に見つけた3つの言葉があなたが大切にしてることです。というのがネットでありますが、息子は「じゆう、じかん、けんこう」だったそうです。笑。当たってるー。
[PR]
by bagel70 | 2013-12-18 00:44 | こども | Comments(0)
<< 年内最後の金、土OPENです。 冬のいろ遊び展。 >>