ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

2013最後のチャレンジ

d0131851_21552414.jpg

小さい頃から子育てで心がけてるのは、こどもたちがやりたいっと思うことはできる限り叶えてあげたいと思ってます。小さなことから大きなことまで。ムクムクッと湧いたその好奇心の芽を摘むことなく、できるかぎりその機会を与えてあげようと努力します。それが育てることだと思ってます。(モノを与えることではなく、あくまで機会!)
ホームステイの受け入れもそのひとつです。めんどくさがりやの私、お世話などが苦手な私、家事もできれば、やりたくない人です。我が家は一戸建てですが、あんまり仕切りのない家で、作りも変わってます。いやいや、相当な覚悟がいるでしょー。しかーし、ホームステイの受け入れをこどもたちがぜひしたい!と言うのです。きっといつか言うと思ってました。はい。
娘も息子も北米1ヶ月のホームステイを経験してます。自分たちだけ世界の家族のお世話になって、自分ちは受け入れないっておかしいよ!ありのままでいいんだから、ホストのことは私たちにまかせて!ママもチャレンジしなよ!という言葉に、「ううーーーっ。たしかにー。世界の誰かにお世話になったこどもたち、それをまた世界の誰かにお返しするのも素晴らしいことだな」と考えたのです。
こんな日もくるかと思い、半年前から森カフェの英会話にも通ってたことだし、勇気をだしてLABOのオーストラリアユースの受け入れを決断したわけです。

それも、12月毎年ものすごく仕事が忙しくて、ヘロヘロになる終盤。12/22〜3週間です。
よーし!こどもたちもチャレンジしてきたホームステイ。私もチャレンジするぜ!と頑張ってます。

オーストラリアからきたLちゃんは、16才。しっとりしたおとなっぽい女の子。大好きなお寺、浄瑠璃寺に連れてったら、ここの空気、すごくきれいねー静かですき、と感じてくれた。それだけで、私はうれしくなって、わかるー?感じるー?気持ちが通じ合った瞬間。

今は、娘と大山のウィンターキャンプにいってます。大雪のよう。楽しみにしいてた雪山。どんな4日間を過ごしてるのかな。
新しいことにチャレンジすると、感じることがいっぱいあって、大変だけど、トライしてみてよかったなーと思ってます。これからどんな3週間になるのか、楽しみです。

d0131851_2216024.jpg

日本食、だいすき。おはしも上手なLちゃん。AIDAさんにて。

異文化交流ってたのしいね。
[PR]
by bagel70 | 2013-12-28 22:20 | こども | Comments(2)
Commented by ma-yu at 2014-01-02 17:32 x
我が家もクリスマス前に2泊3日でしたが、ホームステイの受け入れをしました。同じく、ウチの子もお世話になっていたのだし・・・ということで。我が家は長女の学校の姉妹校がチェジュにあるので、そこの生徒さんが来ました。英語と日本語と翻訳機を使った韓国語でやりとりをしましたが、短い期間でも心が通じるというか・・・国家レベルでは色々なことがあるけれど、国民レベルではこんなに思いやれるのだな、どこの国の子も一緒だなと貴重な経験になりました。お互いに気を遣うこともありますが、いい経験だよねー。
Commented by bagel70 at 2014-01-05 22:03
ma-yuさん、おおー!そうだったんですねー!韓国交流、素敵。ホームステイって、両方の立場を経験して分かることが多いなあと実感ですよね。国同士はいろいろあっても、ほんと人としてつながるとほんとにその国に親近感を感じるよねー。またこのこともおしゃべりしたいですねー。今年こそ!お茶しませう!!
<< Bye2013 ありがとう、こやより。 >>