ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

子育て道と穴

d0131851_15244807.jpg
シドニーから、いろいろな写真が飛んでくるー。あっという間に過ぎていくステイの日々。どんどん積極的に友だちをつくってるよーと楽しそうだ。
そして、冬にオーストラリアから我が家にホームステイに来てたルィーザにも会えたそう。2人の写真は、ほんとにうれしそうで、3週間過ごしただけでやっぱり家族のような姉妹のような、なんともいえない気持ちなんだろうなあと思う。2ショット写真は、私も娘のような気持ちでなつかしくなる。
中学でカナダにホームステイを1ヶ月経験した娘ですが、高校で経験するオーストラリア、英語力もずいぶんついてきて、楽しみ方も違っていて成長を感じます。成長と同時に、もっと勉強したい、もっと長くステイしたいという気持ちが湧いてきているようです。よし、感じた語学の壁を乗り越えるべく、次の目標へとまた一歩踏み出せそうだねー。

やっぱり、行かせてよかったなーとしみじみ思います。正直、あの金額があったら、家族でどこにいけるかな?と考えると、複雑になるときもありましたが、十代で得られる彼女の経験は、何にも代え難い素晴らしい経験。そして、一人で切り開いていく力が養われるプログラム。行くからには、全力で吸収してほしいと思います。



そういえば、最近思うこと。子育ての記事で目にする、躾について、躾というのは、おそらく親がどこで怒るか、伝えるかというポイントなんだと思うのですが、親はしつけだと思ってても、ちゃんと伝わってなかったら単なる親の自己満足とこどもは、心にとめなくなるでしょう。
ホームステイという、何度かこどもを世界の誰かの手に委ねる経験をすると、ふーっと見えてくるものがあります。
躾とは、生きていくためのルールをこどもに伝えることだと思ってます。なので、どんなことも意味があるということ。それを伝えることがしつけなんだろうなあと思います。どんなところにいっても、伝えること、聞くことができる子は、たとえ、文化の違いがあっても、コミュニケーションをして生きていけるはず。

子育て道にはたまにポコッと穴が準備してあって、定期的にズコッと穴に落ちることがあります。片足、穴に足がはまって、もうーーっと思う程度のことから、大きな穴があってスッポリ落ちてしまうことも。どんなにちゃんとした道でも、穴は準備してあるのです。こどものことで落ち込むことがあったら、ああ、穴のおかげで気づけてよかったなーと省みるといいかも。ほんとに、どんな素敵な小道にも、小さな穴、大きな穴、運良く落ちずにすんだ穴、いろいろ、神様は準備してくれてるもんだと思います。子育ての悩みは、ここに、こんなトラップがしかけられれるとは・・・・、と考えて、作戦をねって楽しむのもひとつ。笑




[PR]
by bagel70 | 2014-08-07 16:18 | こども | Comments(4)
Commented at 2014-08-08 09:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nekoko at 2014-08-08 17:01 x
こんにちは、初めまして。
何年か前から拝見しております。
今日、ちょうど子育てでドーンと落ち込んだことがあったので、心に沁みました。穴を楽しむ、、、逆の発想が素晴らしいなと…!
いつも素敵なブログをありがとうございます。
Commented by bagel70 at 2014-08-09 15:45
カギコメさま、コメントありがとうございます。子育て中の方の肩の力をふっと抜いたり、凝りをほぐしたいとどこかでいつも思ってます。なので、こんなコメントはとっても嬉しいし励みになります。ありがとう!地下を這ってる様!イメージするとそれもまた楽しいかも。もぐらのように地下をこつこつ掘ってたら,ある日、ポコッと青い空が!そんな子育て道もあると思いますよ。つらいときもイメージするとちょっと面白く感じたりします。私もええっ?こんなとこに穴が!とびっくりすることも多々。そのときはイタタタと痛いけど、しばらくすると笑えることも多いです。いっしょにがんばりましょ。
Commented by bagel70 at 2014-08-09 15:53
nekokoさま、いつも読んでくださりありがとうございます。そして、コメントもとてもうれしいです。母は、日々UP+DOWNですよね。子育て道もどんな道かなーとか、いろいろイメージするとなんかふっとらくになることも。物語りっていろいろあった方がたのしいものですよね。
<< 憧れのバカンス 白馬アリコベールさん >>