ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

枠なし。

d0131851_18261360.jpg
今年のお正月は、久しぶりに九州にフェリーで帰ることにしました。思えば、息子が5年生から帰ってないのです。サッカー行事が年始にあったり、オーストラリアの子の受け入れをしたり・・・。犬2匹を連れての大移動なので、なかなか気合いが入ります。フェリーが運良く、最後の一部屋がとれてついてた!年末年始はなかなかの高価格ですが、仕方がないです。船の移動は、楽しいですよね。お風呂もあるし、旅館みたいだし、今年は船の中で紅白をみることに・・・。わくわくします。
そんな年末の計画に、息子もとても楽しみなようで、毎日、わくわくするーっと話します。娘と私は、顔を見合わせて、そんな息子をかわいいっと同時につぶやきます。そんなに楽しみなんやーっ(意外)と話すと、お父さんもいくってのが、また楽しみやねんっと。相当なパパっこではありますが、ほんまに好きなんやなーとしみじみ思います。反抗期というのは、反抗するべき枠があるから、反抗したくなるものなんだろうなと思います。(反抗期があることはいいこと)うちは、ほとんど枠がなく・・・・、息子に関してはだんなの強い信頼のもと、なんともいえない暗黙のルールで育ってます。勉強しながらのドラマOK.音楽OK.ゲームをはじめ、電子機器は幼い頃から、さまざまなものを使いこなしてきてます。私がたまにガミガミ言うこともありますが、だんな曰く、いくつかのことを同時にこなすことはすごいことだ!と。息子を信頼しなさいっと。私の小さな枠にいれるなと言われてきました。幼い頃は、絵本や自然のなかで、いろんな手仕事(モンテッソーリ)を楽しんできたのに、ああ、こんなはずじゃ・・と思った少年期でもありましたが、電子機器が好きなのはDNA。やりたいことを思いっきりさせよ、というのもひとつ。私とは違うタイプの脳みそを持ってることは小さい頃から分かってたので、だんなの意見を尊重して育てました。塾にも行かず、お稽古事はラボだけ。小学校中学年からサッカー。宿題以外は、鉛筆は持たず、夜は9時から10時には就寝。宿題をやってない日は一人で朝起きてやってました。というわけで、ほとんどおまかせ。枠は、自分で決めてもらってました。取捨選択。そんな自由奔放な彼も、気づけば14才。行きたい高校の説明会を聞きにいき、「今からやって無理なことなど、ひとつもない。そうやろ?」だと。ほほーっ。ポジティブシンキングは確実に育ってました。

そんなわけで、ながら勉強は、身に付かないとか。ゲームは脳を退化させるとか、いろいろなことが言われるし、私もそれはよくないやろーっと当たり前に思ってきたことが、息子を育てて、案外あれがよかったのかもしれないと思うことが多いわけです。期末テスト勉強もずっと海外ドラマを見ながらすすめてました。・・・・さすがに英語のヒヤリングは全問正解で、しっかり結果も残す。こどもって自分をはるかに越えた存在だと思うと、わりきれるときがあります。

とにかく、性別も違うし、上の子とは全く違う子育てなので、おもしろいなあーと思います。




[PR]
by bagel70 | 2014-12-03 19:04 | こども | Comments(0)
<< 12月のこやがはじまります! クリスマス準備 >>