ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

いつのまにか。

d0131851_22403356.jpg
大きかったおねえちゃんを追い抜いた日。
娘はずっと背が高かったので、実際の歳の差よりもグンと開いているようにみえた二人。息子にとって、どんなこともできてしまうお姉ちゃんは、今でも尊敬する人のひとり。お姉ちゃんのアドバイスは、私の言葉よりも確実に効いてそう。
そんなお姉ちゃんの身長をとうとう追い越した日。どんな気持ちなんでしょう。何度も柱の線を見てました。笑

息子と娘は、奈良カトリック幼稚園で過ごしました。今でも、幼稚園の聖歌は二人で歌えます。それからラボでも一緒です。やんちゃなわんぱく男子チームをずっと支えてきたお姉ちゃん,今ではやんちゃくんたちがとっても頼りになるーっと話してます。

高校は、きっと違う道になるでしょう。どんな道が見つかるのか、未知数です。背を追い抜かしたちょうど今、自分の新たな目標にむかって歩き出そうとしてるかんじ。(スマホさわってる時間も長いけど・・・)部屋を片付けて、キリリとしてきました。

奈良カトに通ってるお母さんが、こやの庭で、私が通いたいって思うわーと話してくれました。ほんとにそうだったなーとしみじみ。通ってみないとあのよさは分からないのですが、あのじわじわとした奈良カトイズム。そこそこっというツボがそれぞれにあるかんじ。小学校、中学校は公立だったので、そういうツボ的な要素は感じなかったのですが、娘の高校では、また、そうそう、そこそこっというツボ的要素に出会えて、ああ、私が通いたかったわと思えるような楽しい学校。園や学校って行ってみないと分からない、なんともいえない奥深さがあるなあと思います。指導する人の力って大きいし、学校のもつ空気感って大きいなあー。人も学校も縁・・・ですね。



[PR]
by bagel70 | 2015-02-22 23:03 | こども | Comments(0)
<< つぶやくこと。 眠と決、土と麦。 >>