ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

かわいいこどもたち。

d0131851_1434648.jpg

1週間のホームステイを終えて無事にルベンを送り出しました。ほっとするのと、寂しくなるのと、身体の疲れとで、ぼーーーーっと。夕方、森カフェ英会話だったのででかけてきました。1週間英語を使ってたので、いつもよりスムーズだった気がします。トピックはもちろんルベンのことでした。

2度同じ子を受け入れるというのはあまりないかもしれません。そのぐらいルベンが日本を気に入って、私たち家族のもとを希望してくれたことはとても幸せだなーと思います。ラボでは、北米、ニュージーランド、オーストラリアとの交流はあるのですが、ヨーロッパ圏とはないのです。娘の高校のExchange で来ています。娘の高校は、アメリカ、フランス、ドイツとexchangeをしています。私はなんとなくヨーロッパの感覚が好きで、我が家と合う気がします。
普段は一緒に高校に行くので、朝、お弁当を2つ作って、朝ご飯をセットして送り出して、昼間は普通に仕事して、夜にホタルを観に行ったり、ゆららの湯にチャレンジしたりしました。
そうだ、息子のサッカーの練習試合も観に行ったり、ルベンのリクエストの三十三間堂、清水寺もいきましたねー。娘とはほんとに仲良しで、行き帰りと一緒で、食べることが好き、なんでもトライしてみる好奇心の持ち主で、勉強も好きみたいで、波長がよくあってました。笑

ドイツの子を受け入れして、いろんなことを感じます。ほとんどティッシュを使わないこととか、虫に刺されても、虫刺され薬はいらないとしっかり意志があるのが素晴らしいなと思いました。
無駄なモノは買わず(個人にもよるかもですが)、いいものを少しという感覚が染み付いてる感じがしました。夏には、娘がドイツのルベンのお家にいきます。どんな毎日が待ってるんだろうなー。

私にとってホストファミリーになることは、まだそんなに気軽にできるまでにはいってなくて、よっしゃ!がんばるぞ!と少し気合いを入れてます。気を張ったり、食事の準備、いろんなおもてなしを考えると、もちろん気疲れや出費もありますが、それ以上にかけがえのない時間をこどもたちと共に感じたり、笑ったり、なんともいえない楽しかったという共有感、充実感、達成感があるのです。すっかり我が子のようにかわいくなったルベンの成長はずっと楽しみだし、ルベンのこの経験をきっとドイツでご両親が喜んでくださるだろうと思うと、とても嬉しくなります。

ホームステイは、世界のだれかに我が子を委ねて、信頼して、こどもの力で成長することを楽しむという親子にとって素晴らしい経験だと思います。親にとってもこどもにとっても、ほんとに大きな学びと経験、そして忘れられない一生の想い出ができるのです。

d0131851_14233112.jpg

ぜひ、機会あったら、トライしてみてくださーい。楽しいですよ。英語?なんとかなりますっ!
[PR]
by bagel70 | 2015-06-02 14:28 | こども | Comments(2)
Commented by めがねった at 2015-06-03 07:54 x
いつかやってみたいホストファミリー。
先日も息子の小学校でホストファミリー募ってましたが、う~んってなっている間に締め切りに。
まず我が家の間取りではステイしてもらうのが難しそうですが(笑)

Commented by bagel70 at 2015-06-03 10:59
めがねったさん。分かりますー私も一緒でした。やってみたいけど、いろいろ考えてるうちに・・・あれ?まあいいやみたいな。うちはこどもたちがやりたいって気持ちが強く、我が子も海外でホームステイさせてもらってるので、大きな意味の恩返しという気持ちもありました。えいっなんとかなるやろっと思ってやると、なんとかなるもんです!ぜひ次回はトライしてみてくださいっ。うちの家もいろいろ難ありなんですが、それもえいっです。どんな環境もそれが国際交流なんで、それも日本文化ですから!
<< め、めがねTシャツ おすすめガラス。 >>