ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

AN OPEN MIND.

d0131851_23452175.jpg

我が家の子育ての特徴にもなってる海外の子との交流(国際交流)のはじまりといえば、カナダのザックでした。娘が小学5年生ぐらいかな?(あまり今と変わってないかも)1泊のホームステイだったけど、こどもたちは言葉の壁なく3人で小学校の先生に紹介しにいったり、イオンにアイス食べにいったりして、こどもたちの度胸には驚きました。かわいかったなーザック。娘と並ぶと背格好がいいかんじで、外人の彼氏がいると噂されたり。笑。チャーリーも若いなあ。
カナダのザック、オーストラリアのルイーザ、ドイツのルベン(2回)、ドイツのジョナサン、中国のワンキちゃん、フランスのルーシーとエレン、イタリアのバレリー、アメリカのザック、3時間ぐらいのステイから3週間まで、いろんなホームステイを受け入れてきました。
ホームステイを受け入れることが、どれだけ素晴らしいか、なかなか説明できないのですが、世界のいろんなところで生まれた子や、国に愛を感じることです。どの子もほんとにかわいくて素晴らしい。カナダのザックの時は私の英語はほとんどしゃべれないレベルだったのですが、それから年月が経ち、私の英語もアメリカの子と大統領選について話すことができるぐらいになったとです。涙。自分で成長を感じるー。娘はこれからラボで培ったコミュニケーション力をグングン伸ばし、世界のあちこちに友だちを作っていくのでした。この写真の、イギリス帰りの近所の仲良しTくんは、京大へ。かわいかった息子は高校生になったのでした。
いろんな出会いが、刺激となりこどもたちを育ててくれた気がします。HOMEはできるだけ風通しよく。気のめぐりが大事。出会いや試練はこどもたちにConfidenceを与えてくれます。
[PR]
by bagel70 | 2016-06-16 10:06 | こども | Comments(0)
<< SOUPTシャツでましたよ! スープ日和はじまりました。 >>