ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

コンチキチン

d0131851_1252328.jpg

京都は祗園祭。コンチキチキチン・・・。なんとも風情があります。働いてた時は四条界隈に住んでたので懐かしい。息子の高校に度々いくことがあるので、最近は四条にもしょっちゅう出かけてます。遠いのにね。昨日は三者面談。先日は部活保護者会。そして2日前は広報委員会。その前の週は保護者の親睦会。お母さんたちの交流も盛んな学校です。親睦会の参加率90%ぐらいです。どの行事も参加率が高い!そしてみなさんフレンドリー。娘の高校は行事はでかかけたけれど、保護者同士の交流はあまりなく、私も積極的に行かずな3年間だったけれど。息子の高校は、校長先生からの保護者の方もH高校をどんどん楽しんでください!の声に答えて広報委員になりました。思ったより大変ですが、メンバーの方も楽しいし、公立高校だけどものすごい特色のある学校なので先輩母さんから話を聞けるのはなによりありがたい。なんせ勉強以外に、探究活動があるので、進学校というより探究校と言われるだけあって、なにかを掘り下げて考えることをとことんさせる学校です。
とにかく、みんなよくできて、積極的な子ばかりのようです。そんななかでも、あるお母さんと話していてびっくり。毎年、塾に行かずしてH高校にいく子は何人かいるらしいのですが、その方も塾なしでトップ入学だったみたいで、なんとまあ。一体どんな勉強を?と聞くと、中学の先生方にひたすら過去問(赤本)指導してもらって力をつけたそうなんです。本人のポテンシャルも高かったんだろうけど、受験といえば、塾ありきの考えを捨て、塾なしで挑むその姿勢と勇気に、私は感心するのです。勉強は自力でするものなんですよね。やらされてしても、力にはならない。
その子は英語もかなり得意らしいので、英語はどうやって勉強してたの?と聞くと、英語は英語の絵本を小さい頃から読んであげて、あとは小学4年からNHKのラジオ講座を聴き続けてきたの。それだけですーと。また目が大きく口がポカンとなりました。あの難問の入試で100点近かったらしいのですが、絵本とラジオ講座だけ・・・。ラボにも通じるかな。
最近は、幼少期から、あっちこっちの塾やお稽古が当たり前ですが、その子の本当の力になるのは、地道に自分のやり方で自分の力をこつこつあげていくことだなあと、あらためて思いました。

後から伸びるかどうかというのは、やっぱりどう勉強してきたかだなあーと。とりあえず、塾にいかせよっというのは、ほんとにもったいないことだなあと思います。

三者面談を終えて、自学してきた息子は高校でも自分のやり方でマイペースにやってるようです。分からないことあれば、まずは学校の先生に聞く!節約できるところは節約して、いろんな経験にお金をかける。我が家はずっとこのやり方です。学校の先生に質問することほど、いいことはないなあと思います。仲良くなるしね。
[PR]
by bagel70 | 2016-07-14 12:31 | こども | Comments(0)
<< 夏休み突入です。 暑い夏のエトセトラ >>