ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

ポジティブリンクへ。

d0131851_18102226.jpg

今日のこやのねむりじかんは、とてもよかったなー。小さい子の育児中のお母さんや、3人のお母さん、お仕事でお疲れのかた、作品制作でお疲れの方、それぞれの疲れをナンシー&ジュンさん。2人が同時に施術してくださるので、この上ない極楽でした!とみなさん、お風呂上がりのようなイキイキした顔で目がぱっちりになって帰って行かれました。お母さんが施術中の時は、小さい子を私とnちゃんで抱っこしたり、遊んだり、かわいかったなあー。
合間、子育ての話したり、いろんな話に・・・・。最近、子育てで想うことは、もうひたすらポジティブに育てることに尽きるなあと思ってます。ネガティブも人間持ち合わせているのですが、できればポジティブに光を当てて育てた方が、楽しいし、ポジティブなリンクの中でつながっていける不思議な力があるように思います。懇談などでよくこどもの困った話オンパレードになる時がある日本の不思議、いつも私はそんな流れを無視して、ポジティブなことを話してました。自慢と思われても、子どもにとってネガティブなことを他人とシェアされることが嬉しいこととは思えなかったから
I proud of you. 本当にいつも思ってました。I really proud of you.ちなみにうちのだんなは、子どもたちに君たちは、ほんとうに素晴らしいよ。と大きくなった今でもずっと言い続けてます。ポジティブな言葉のシャワーは、いつのまにか、子どもたちは自分の力を絶対的に信じるようになる気がします。
その力は、学力という意味ではなく、自分の力でいろんなことを@判断して乗り切るという自信なのです。
娘が18歳でドイツ一人旅したり、その後、ドイツで出会った子と10日間の旅に出ることも。私たちにとっては、全てポジティブリンクなのです。世間の方は、危ないとか不安とか、よく行かせたねという言葉にあふれてますが、私たちは、不安よりも子どもたちの持ってる力を信じてるので、より素晴らしい出会いや経験を引きつけると思っているのです。やっぱり、思いきって、行かせた旅で出会えた人は、同じような感覚、家族愛を持つポジティブな男の子でした。
どうか、子どもたちにたーくさんのポジティブな言葉を!!ケンカをしたり、叱ったりしても、最後はポジティブな言葉で終わりましょう。だーいすき!とハグ!とかね。

ねむりじかんのテーマも、ほぐはぐ!!愛ですよ。
[PR]
by bagel70 | 2016-10-28 18:34 | こども | Comments(0)
<< こやのねむりじかん、ありがとう。 あしたは、ハコでねむりじかん。 >>