ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

こやに感謝。

d0131851_17514797.jpg

ねえさんが言う「こんなにミモザが大きくなって、私たちここから離れられないね」「ほんと、そうだね」「こんなところ、どこにもないよね」「私たちがおばあさんになって、杖つきながら通ってるかな」
ミモザは、こやを始めた頃に植えた細い木だった。小さな小柚子の木も。他にもいくつか植えたけど、いつのまにかなくなり、ミモザは素晴らしい木になった。季節ごとに表情を変えて、私たちを魅了します。常緑なので、落葉の多いこやにとっては、冬も嬉しい風景を見せてくれる。
d0131851_18103228.jpg

虫の多い季節は、さすがにめげる。どこか居心地のいいところに行きたいと言う気持ちがいつも湧き出るが、季節のいい時のこやはこの上なく美しい。庭でみんなでわいわいお茶したり、食べ物を囲む時間は、何にも変えがたい幸せな時間。誰も来ない時も、景色を見てるとうっとりとする時間。

一人の時は、読書をしたり、二人の時は、いろんな話をする。そうしてると、お客さんが来てくれて、また一緒に話をする。時には家族で来てくれて、庭でくつろいでくれたり。

それぞれの子どもたちが幼い頃に始めたこや。みんな大きくなり、自分の道を進みはじめて、小さな恋をしたり、いろんな愛を感じたり。そんな中、こやのことも気にかけてくれて、いつのまにか子どもたちが、見守ってくれてる感じだ。今日はどうだった?とか、この展示、いいねーとか。めっちゃかわいいっ。こやのものをこどもたちにプレゼントする機会も多い。それぞれに喜んだよーっ気に入ったよーっと話す。

生きていく上で、大切にしたいもの。きっとそう言う何かが伝わったと思う。こやに感謝。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-29 18:08 | etcetra | Comments(0)
<< Interesting! 子育て4期。 >>