ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

物語のあるアクセ。

d0131851_23245916.jpg

um.のアクセサリーをこやで一つひとつ並べるのですが、しみじみ眺めながら、かわいいなーとしばらく見入ってしまいました。春の野原で小さい頃作った花輪のようなリング。そこに小さなパールが付いてます。そこにはどんな物語が? 植物のようなパールのブローチ。散歩しながら、季節の植物の実にうっとりした時間。そんなことを考えたりするアクセサリー。素敵だ。

小さい頃から子どもたちにもいろんなお話をしてきました。バスや電車、長い旅の列車の中で、一文ずつ交代で物語を作っていく遊びや、絵の付いてるカードゲームで、めくる絵ごとに話を作る遊び。ドングリや葉っぱでごっこ遊び。どこでも、おもちゃがなくても、子どもたちを楽しませる自信がありました。お話って、どこにいても作れますもんね。変な物語になることもしょっちゅうだったけど。ドールハウス遊びもほんとに楽しく私もしてました。今でも娘がママとのドールハウスは最高だったねと言いますが、ドールハウス(お人形遊び)は自分たちで遊びながら、ストーリーを作っていくものすごいライブ感のある楽しい遊びですよね。どんな状況でもふと物語がそこに見えるのは、生きる上でものすごい楽しいこと。今は、ゲームとか、スマホとか時間つぶしは色々あるけど、やっぱり、おとーさん、おかーさんの作る話って格別だろうなあと。

アクセサリーを見ても、お客さんがキュンとするその背景にはそれぞれの物語がそこにはあるんだろうなあと思うのです。

リンリンリング展は4/8までです。
[PR]
by bagel70 | 2017-03-24 23:40 | etcetra | Comments(0)
<<  料理男子。 春のエトセトラ。 >>