ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

詩とピアノ

d0131851_22410100.jpg
「家族の肖像」詩の朗読とピアノの、とてもいい会だった。谷川俊太郎の詩が学生の頃からすきでした。ちょっとシニカルで、でも透明で。谷川俊太郎さんの声はほんとに心に沁み入ってくるおとなの声でした。谷川賢作さんのピアノは、なんでしょう、あの惹き付けられる音。ことばと音。とっておきのはちみつのような濃厚な、そして贅沢な時間でした。家族で聴けてよかった。途中、退屈そうにしてた息子も、耳ではしっかり聴いていた様子。きっと今日のこの音は、じんわりじんわり吸収されていくのでしょう。意外に繊細な感受性の持ち主、だんながすごく満足気でした。たまには、こういう時間もね。最後の賢作さんのピアノと詩の歌に、私ひとりぐしゃぐしゃに泣けてきた。だれも泣いてなかったけど。

会いたいと想ってた方とバッタリ。谷川賢作さんが好きなんだって。こういうところでの再会はまたうれしい。
[PR]
by bagel70 | 2008-02-16 22:25 | おでかけ | Comments(4)
Commented by ri tsuko at 2008-02-16 23:45 x
感想ありがとう。いいコンサートでよかったね。行けなかったのでCDを買ってみようと思います。今の私が聴いたら号泣しちゃうかも・・・やばし。
Commented by にゃ~かいさっちゃん at 2008-02-17 14:36 x
はじめまして。
私も昨日、コンサートに行きました。
興奮冷めやらず、いろんな方のブログをのぞいておりました~^^
アポロさんも好きでたまにいきます。
Tシャツもかわいいですね^^ときどきおじゃまいたします。
Commented by bagel70 at 2008-02-17 23:06
ritsukoさま。うん、すごくよかったです。フレデリックのはなしもあったよ。CDもとても素敵でした。おすすめです。また会ったときに...。
Commented by bagel70 at 2008-02-17 23:09
にゃ〜かいさっちゃんさま。コメントありがとうございます。コンサートほんとによかったですね。私たち夫婦もじわじわと身体の中から充実感が湧き上がってきています。CDを車で聴いています。また思い出されます。谷川親子のあの力の抜け加減がすごくよかった。またよかったら遊びにきてくださいね。
<< いやいや ほんとに >>