ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

旅といえば2

d0131851_1485065.jpg

旅といえば、本。
本と食べ物があれば、列車旅はそれだけで楽しい。

こどもたちもそれを楽しめる歳になったのだ。
娘はどこまでも動物好き「名犬ラッシー」を熟読。
息子は、チェコの物語「ありのフェルダ」。
私は、母からのクリスマスプレゼントに届いた
「自分の「生きる」を表紙にしよう」
ブックデザイナー菊池信義 著

d0131851_14115918.jpg


ちなみに帰りの飛行機では、息子は実家で見つけた「がんばれヘンリーくん」
(これは私も大好きでした。シリーズで再び読みたい。)
「名探偵ピンチ博士」(寺村輝夫だったかな、これも面白かったそう)
私は「女たちよ」伊丹十三。(私が生まれる前に書かれたエッセイというから
驚く。あとがきの池澤夏樹の文に納得。伊丹十三のダンディズムにしびれる)

今年は、本を読みたいな。本と向き合えたいいはじまりでした。
[PR]
by bagel70 | 2009-01-07 14:20 | | Comments(0)
<< 旅といえば3 旅といえば >>