ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

2017年 05月 22日 ( 1 )

ウォドルフ人形

d0131851_21371262.jpg
ラボのお母さんたちの親睦会(飲み会)が先日あり、子育て真っ只中のお母さんたちと話しました。4月の発表会では、幼稚園や小学生の子達が主役となり舞台を引っ張っていき素晴らしかったのです。その打ち上げも兼ねて。ラボは小さい子は幼稚園から大きい子は大学生まで同じ劇をみんなで作るのですが、普段は、時間帯が違うのでなかなか会えないのですが、発表会前や後は小さい子や大きいこみんなで食べたり遊んだりする時間を持ちます。お母さんたちも交流する機会もあります。ポットラックパーティもあるし、そういう繋がりがめんどくさいなという人も多いかもしれないけど、あえて、こういう繋がりがやっぱりいいなあ、大切だなあという考えの習い事です。そこもただの英会話とは違うポイント。新しく入った子達のお母さんとも話せたり、ずっと辞めたがってた子がグーーッと成長して、やっててよかったです!というお母さんの声が聞けたり。その子その子の成長をみんなで感じれるのもいいところだなあと思います。小さな自信を積み重ねていくこと。大きい子たちと一緒に作り上げていく喜び。いやあ、独特です。未だにきょうだい二人で続いてるのは、それはやっぱり楽しいからだと思います。息子のハードスケジュールの中それでも辞めないのは、ほっとする何かがそこにあるからなんだろうな。
写真はウォドルフ人形。子どもたちが幼稚園の頃に作ってあげたシュタイナーのお人形。モンテッソーリの園に行きながら、シュタイナーのお人形。笑。私の子育て、はっきり言って悔いなし。作ってあげたいものを作ってあげたし(たーくさん)、ドイツやオランダのデザインが美しくていいおもちゃを選んで散財したけど、今でもその美しさにうっとりーええもんあげてたなあ。日々、動物たちに囲まれて、いろんな自然あそびしていっぱい遊んで、絵本もいーっぱい読んで、海外にもホームステイしたり、ホストファミリーしたり。ああ楽しかったアーーーーッ。そんなことを思い出させてくれるウォドルフ人形。子どもたちのごっこ遊びが本当に豊かになったお人形の存在。作るのは(出産のように)大変だったけど、つくりがいのある素晴らしいお人形です。ぜひ小さな子がいる方にはチャレンジしてほしいなあ。この着せ替えがね、また楽しいんです。子どもといーっぱい遊んで悔いのない子育てを。



[PR]
by bagel70 | 2017-05-22 23:05 | こども | Comments(0)