ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

2018年 01月 30日 ( 1 )

日の名残り

d0131851_18450067.jpg
学生の時見たけれど、内容を全然覚えてなかった日の名残り。京都シネマ名画座で見直しました。(2weeks ago)
しぶ〜い映画でした。初めて見た頃より、ずいぶん大人になったと思うのですが、このこのまま何も言わずに愛し続けたいっというコピーに、うんうんと頷けるほど、自分は大人になってなかったのでした・・・・。
監督はジェイムズアイヴォリー、役者はアンソニーホプキンズ。イギリスの重厚感のある映画でどのシーンも見応えある映画。シッブーーッといい続けたい。舞台はイギリスの貴族の館ですが、;ドイツやフランス、アメリカなど各国の関係性も興味深い。
カズオイシグロがノーベル賞を受賞したせいか、この映画、立ち見が出るほどの人気でした。原作を読まねばっと思っているのですが、その前に日の名残りについて、少し他の意見をと思っていたら、ものすごい面白い解説を見つけたので、思わず釘付けになりました。岡村靖幸のどーなっちゃってんだろ、という名曲がありますが、岡村ちゃんは、日の名残り(原作)を読んであの曲を書いたのでは?という読みとか、:笑。それはともかく、その方の日の名残りの解説にグイグイ引き込まれました。日の名残りは、ものすごいダブルミーニング、ただの渋い恋愛話でもないし、イギリスの忠実な執事の話でもないんだーっという。このまま何も言わずに愛し続けたいとかいうコピーとか、、ふつーに好きだけど好きだって言えない生真面目な主人公って思わといて、実は、主人公はゲイだったという隠れ話がなかなかすごい。他にもいろんな隠喩のようなセリフの表現が散りばめられてるようですが、それは英語でないとわからないもの、さらにキリスト教に深い造詣がないとなかなかそこまではわからないだろうといういろんなことがちりばめられてある物語だったわけです。
ああそれで、どうも意味深なセリフが多かったわけねーっ。ん?どういう意味?というセリフが結構あるので、日本人の観客は字幕て読むし、この日の名残りの物語の3割ぐらいしか良さとか、面白さを理解してなかったんだろうなーと。とにかく、日の名残りのこの方の解説はとても面白かったので、リンクしておきます。なかなか長いのですが、面白いです。深いーっ。だからノーベル賞だったわけね。と


[PR]
by bagel70 | 2018-01-30 20:54 | 映画 | Comments(2)