ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

自己肯定感と達成感。


d0131851_23352755.jpg
しばらく書けないうちに書きたいことが色々と。まずは、記録として、ラボの発表会について書いておきます。ああ、このラボについてはなかなかうまく伝えられないのがもどかしいところなのですが、我が子たちはもう12年続けていて、そろそろ集大成に近づいて来ている。久しぶりの大きな舞台でジョン万次郎の物語の英語劇を発表しました。ああ、素晴らしかった。こういう感動をもらえることのありがたさを心底感じる。4歳から20代まで幅広い年齢層で一体となって作り上げるその大変さはもうそれはすごい。そのプロセスは本当にすごい、なぜならすごい数の英語のセリフと日本語を覚えなくてはいけないし、全てを体だけで表現するので、場面展開も自分たちで構成していくのです。小さい子は大きい子達から刺激をもらい、いつかあんな風になりたいと憧れ、大きい子達は、小さい子たちの成長が嬉しくてたまらない。お互いが精神的に支え合える関係というのは実はありそうでなかなかない関係性だと思う。フラットな関係性だからこそ生まれる信頼感や責任感。子どもたちは、数々のお話の舞台を経験して来た。どの作品もそれぞれによかったなーと思い出されるのですが、ラボの良さは優勝とか、金賞とか評価されないところ。評価といえば、見た人たちの反応と言葉と感想文のみ。それで十分伝わるし、自信を得ることができる。評価はあまり必要ではなく、本人たちがやりきった満足感、達成感を感じられることが実は一番大切なんだと思う。それをしっかりと感じさせてくれる指導者であるテューターの手腕と愛に感謝しかない。
自己肯定感というのは、達成感の積み重ね。それは評価や成果から得られるものではなく、おそらく言葉や自分が体感、心で感じるのが一番なんだと思う。一つのことをできるだけ長く続けることによって得られるものは大きい。さらに評価がないものを続けるためには、何が必要なのか。自分の挑戦と自信と楽しむこと。今回、息子は怪我で出れなかったけれど、会場から見ていて、いろんな感想を話してくれました。そしていつか自分はこういう役がやりたいと来年は受験でお休みするのですが、まだまだ仲間と演じたいという想いがあるんだなあと嬉しくなったのです。小さい子たちのあの緊張しながらも堂々とした表情は、これはおそらく他の習い事では培えない力だよなーと一人頷くのでした。
d0131851_23351256.jpg
LABO PARTY




[PR]
# by bagel70 | 2018-02-15 00:14 | こども | Comments(0)

本の話をする時間。

d0131851_10462068.jpg
入院中、本を読みまくっていた息子。wifiも借りたので、最初の頃は海外サッカー中継などを見てたのですが、wifi使い放題と書いてありながら、3日間ごとに制限がかかるシステムで。若者言葉では(クソやで)ということに。病室に大量に持ち込んでた勉強本も看護師さんたちには印象的だったようで、早く勉強したいんやろっと退院の時に言われたりしながらもいうほど勉強もできず。笑。もともと本好きですが、すんごい量の本を読んでました。その中の一冊に忍ばしといたマチネの終わりに。私が読みたいなと思ってたので、買って先に息子に・・・。これはおかーさんも読んだ方がいいよという感想で。文体がきれいやねんと。(もう一冊家にある村上春樹の翻訳本を忍ばせてたが、村上春樹の文体はひねくれてて好きじゃないらしい)マチネの終わりに。私もなかなか家で活字に向かえなくなってたけど、病室での付き添いの時間に読み始め、その後ベッドの中で一気に朝方まで読み続けたという一冊。平野啓一郎さんの本は初めてだったけど、ツィッターをフォローしてるので気になってました。とても引き込まれた一冊。私の中では感動とかそういうのとはまた違うんだけど、でも、ほほーーーーーっとじっくりじっくり噛み締められる世界観。しっとりした読後感。終始、読みながら音楽が流れていた感じなのはすごいと思いました。息子とゆっくり本の話ができたりしたのは、本当にいい時間でした。退院後、家に戻り、こんなにも嬉しそうで伸びやかな表情は久しぶりに見た気がするなあと思います。自宅療養の今は、時間の制約が一切なく、冬日差し込むリビングで、自由気ままに勉強したり、ゲームしたり、動物たちとダラダラしたり。お姉ちゃん、フロちゃんと昼ごはん食べて、おやつ食べて。こんな自由な数日間は一体いつぶりなんだろうーと。小学生の夏休み以来かもしれないね。我が家の子にはやっぱりこういう時間がすごく大事だと改めて思います。休みのたびに、試合だ、練習だと出かけ、高校に入ってからは、部活に加え、毎週のように模試が。(他の子はさらに塾が入る)何かに追われてるのが当たり前になってる日本のティーンエイジャー。我が家は、怪我という半ば強制的にそのサイクルから外されたのですが、この3週間はものすごく貴重な時間で、おそらく本人が一番感じてるのではないかなと思います。それでも、また学校が始まると、サイクルの中に入らなければです。将来、働くことを考えても、どういう働き方がいいのか、どういう生き方がいいのか、身体と心が自分にあったやり方を見つけ、考えられるいい機会になっていたらいいなあと思います。
若い子が、本を読んだり、手先を動かしたり、料理したり、旅のことを考えたり、世界を思いやったり、社会のことを考えたり。もう少しゆっくりできる時間がこの国には必要だよなーと心底思うのでした。

[PR]
# by bagel70 | 2018-02-08 11:16 | こども | Comments(0)

祝!退院!

d0131851_16383659.jpg
3週間から1ヶ月と言われていた入院が、1週間早まり、今週末に退院しました。入院って、家族にとってなかなか大事件ですね。16日間、通ったなー毎日。あっという間のような気もするし、長かった気もします。精神的にも親も子も乗り越えなくちゃいけない何かがあり、落ち込む気持ちを立て直す時間と精神力。私は、やっぱりこやで、話を聞いてもらったり、お客さんからイメージが大事ですよと教えてもらったり、美しいものやいいなーと思うモノを通じて、人と話をすることで本当に救われたし、元気をもらいました。世の中にはもっと病院で過ごさなくてはならない状況の人もたくさんいて、これまで想像もしてなかった人の気持ちを考えたり、何が人を支えたり、力づけるのかとか、考えるいいきっかけとなりました。
落ち込む息子を励ませるのは、親の言葉ではなく、我が家の場合、活字でした。もちろん毎日通って、コーヒー淹れてた私の気持ちもわかってはいたとは思います。ホメオパシーのレメディを処方してくれたフロちゃんや友達や彼女や先生や訪れてくれたいろんな人の言葉もあっただろうけど。多分、膨大な量の本を読み続け、十分に休息をとる。勉強とサッカーとラボと物理ゼミと、走り続けてきてた身体を十分すぎるほど休めて、また、自分の目標に向かって歩き出せるといいなあと思います。今は我が家に帰って、モンスターハンター?旦那の持って帰ったゲーム三昧です。笑。あの超絶進学校をかつてこんなに休んだ子はいないらしいけど(先生談)本人は全く勉強について焦る様子なし。その点は頼もしい限り。あと1週間、家で休んで登校する予定のようです。

d0131851_16503795.jpg
一日でも休むとついていくのが大変というあの学校。ここまでくるともう、開き直るしかない状況ですが、先生たちのメッセージがやさしい。学校に来たら、どの先生もしっかりフォローするから、焦らず治しやって。ありがたい。まあ、息子ながら、持ってる底力はとてつもないと思うので、まあ、やってくれるでしょう。やる気になったら。それにしても、みんなが家にいるってだけで、幸せになれる日曜日だったのです。当たり前に感謝。
風船は、フロちゃんとつんちゃんが退院祝いに、膨らまして、お帰りって書いてくれたかわいい風船。やることがどこまでもCUTE!そして、テトに会いたくてたまらなかった16日間。よく頑張りましたー!!!

心配してくださったり、お見舞いしてくださった方に、心より、ありがとうございました。





[PR]
# by bagel70 | 2018-02-04 17:09 | こども | Comments(0)

日の名残り

d0131851_18450067.jpg
学生の時見たけれど、内容を全然覚えてなかった日の名残り。京都シネマ名画座で見直しました。(2weeks ago)
しぶ〜い映画でした。初めて見た頃より、ずいぶん大人になったと思うのですが、このこのまま何も言わずに愛し続けたいっというコピーに、うんうんと頷けるほど、自分は大人になってなかったのでした・・・・。
監督はジェイムズアイヴォリー、役者はアンソニーホプキンズ。イギリスの重厚感のある映画でどのシーンも見応えある映画。シッブーーッといい続けたい。舞台はイギリスの貴族の館ですが、;ドイツやフランス、アメリカなど各国の関係性も興味深い。
カズオイシグロがノーベル賞を受賞したせいか、この映画、立ち見が出るほどの人気でした。原作を読まねばっと思っているのですが、その前に日の名残りについて、少し他の意見をと思っていたら、ものすごい面白い解説を見つけたので、思わず釘付けになりました。岡村靖幸のどーなっちゃってんだろ、という名曲がありますが、岡村ちゃんは、日の名残り(原作)を読んであの曲を書いたのでは?という読みとか、:笑。それはともかく、その方の日の名残りの解説にグイグイ引き込まれました。日の名残りは、ものすごいダブルミーニング、ただの渋い恋愛話でもないし、イギリスの忠実な執事の話でもないんだーっという。このまま何も言わずに愛し続けたいとかいうコピーとか、、ふつーに好きだけど好きだって言えない生真面目な主人公って思わといて、実は、主人公はゲイだったという隠れ話がなかなかすごい。他にもいろんな隠喩のようなセリフの表現が散りばめられてるようですが、それは英語でないとわからないもの、さらにキリスト教に深い造詣がないとなかなかそこまではわからないだろうといういろんなことがちりばめられてある物語だったわけです。
ああそれで、どうも意味深なセリフが多かったわけねーっ。ん?どういう意味?というセリフが結構あるので、日本人の観客は字幕て読むし、この日の名残りの物語の3割ぐらいしか良さとか、面白さを理解してなかったんだろうなーと。とにかく、日の名残りのこの方の解説はとても面白かったので、リンクしておきます。なかなか長いのですが、面白いです。深いーっ。だからノーベル賞だったわけね。と


[PR]
# by bagel70 | 2018-01-30 20:54 | 映画 | Comments(2)

元気が出る赤。

d0131851_09560338.jpg
こやと財布と坂田典子てん。2週目、先週とは違い、激さむの中、あちらこちらから小さなこやを訪れてくださり、感謝です。お財布、ずっと探しててという方や、ご主人への贈り物、お仕事のバッグを新しくしたり、意気込みを聞けたりして、オーダーと共にあるそれぞれのストーリーにほんわかさせられます。
先週は、私が息子の付き添いのため、金、土と両日、坂田さんが、こやにスタンバイしてくれてました。ありがとう。作家さんと話しながらオーダーする機会はなかなか楽しく、こやならではの狭い空間で、世間話しをしながらいろんな話に飛んでいくー。そんな楽しさもあるようです。
今回は、新しい革も登場でしてるので、表情も変わり、また選ぶのが楽しくなってます。ちょっと大人っぽい表情の革。いろんな世代にビビっと来そうです。

d0131851_10032104.jpg
元気が出る赤も。息子にチャンピオンの赤のハーフパンツを買った。普段なら、赤ねえと躊躇するかもしれないけど、病室ではく赤のパンツはなんとも元気が出ていい感じ。点滴などもないので、長袖でもいいかもといつも着てるSt.jamesのボーダーを持ってくと、ああそれだけでほっとするねと二人で笑いあった。病室とか無機質な空間にいると、どうも気分が滅入りやすい。なぜなら美しいものが少ないから。今は、衛生上(なんの菌だか知らないけど)お花とかもだめだし、なんだろうー。ああいう場所こそ、色とか、美しいものや、楽しいファッションがあるといいのになと思う。(のは我が家だけなのかな)本物の珈琲を入れて二人で食べるおやつ時間を息子は楽しみにしてくれてるようだし。私も久しぶりにファッション誌を買って眺めると、ワクワクしてああ春はこんな服着ようかとか、息子とこの靴いいよね、スニーカー退院したらどれはく?とか、そんな会話というか、思考がシンプルに元気を出すのだなと思った。
こやに行くと、私も元気をもらう。たくさん笑えるからでもあり、やっぱりそこには美しくて、素敵なものがあるからだなと思った。モノについて、少し懐疑的になってたところもあるのですが、人を元気にする力をシンプルに感じて、大げさかもしれないけど、これこそが原点だなーと。

今日は3時までのOPENになります。寒いこやです。あたたくしてお越しください。


[PR]
# by bagel70 | 2018-01-27 10:13 | etcetra | Comments(0)