ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

カテゴリ:旅( 43 )

砂丘で飛ぶ

d0131851_20510801.jpg
 娘が砂丘に絶対行ってみたいというので、行ってみた。行ってよかった!砂丘〜っ。Great!ジャンプ写真は、おばあちゃんになるまでやるっ。なぜなら、楽しいから。娘の顔に髪がザッパーンッ。撮り終えた後の爆笑が好き。砂丘ねえ、森カフェのミッチーが山なんすよって言ってたけど、本当に山だった。おじいさんもおばあさんもその砂丘の山に登ってた。砂丘の頂上からは海が見えて、すこからの景色が素晴らしかったので、人は吸い込まれるように山に登るのかも。Sand dunes. ラクダに乗ったかい?とダン先生に聞かれたけど、私はラクダビジネスがかわいそうで、あんまり好きじゃないと言ったら、I agree.って。
d0131851_19491433.jpg
これね、サカナクション、多分風ジャケごっこね。あとで見たら、あんまり似てなくて、もっと完コピすればよかったって後悔したね。

d0131851_21020989.jpg
ライブで、このコート出て来て、風も吹いて、盛り上がったなあ。次、鳥取行ったら、植田正治写真美術館に行きたい。このジャケ写真は植田正治さんの写真にインスパイヤされたそう。







[PR]
by bagel70 | 2017-06-03 21:04 | | Comments(0)

ゲストハウス

d0131851_19313709.jpg
ゲストハウスに初めて泊まってみた。娘はフローリアンと日本のあちこちのゲストハウスに泊まる旅をしていて、いろんなゲストハウスについての面白さを聞いていたので、ワクワク。鳥取のY&PUB。ええ雰囲気でした。もう一つたみっていうゲストハウスがあるみたいで、そっちも今度泊まってみたいと思いました。夜の11時すぎての到着という遅さなのにスタッフさんがめちゃいい人。かわいい。京都で学生時代過ごしてたそうで盛り上がる。紙モノが充実してて楽しそうなところを色々紹介してくれる。部屋は小さなドミトリーで2段ベットより少し広い空間が寝床です。シーツも枕も清潔。ランプとコンセントのみのシンプルなスペース。カーテンがついてて閉めるとハコみたいなので、落ち着く。小さいころ、2段ベットに母がカーテンをつけてくれてたので懐かしい感じ。一回中に入ると、隣のmちゃんとか娘とかとは喋れない。ゲストハウスはホテルや旅館みたいに寝る直前までだらだら話すのは難しい。でも喋れる共有スペースがあるのでそこで話して、寝るかっという感じ。
ライブで汗かいてたので、それから深夜12時まで開いてるという日の出湯にいく。駆け込みすぎて、風呂屋のおばちゃんは絶対12時に締めたいから12時出れるなら、入れたげるって言われる。しょうがないから、ダッシュで入る。湯がアチーーッ。でも源泉っぽい。いい湯だ。体力回復。遅くにゲストハウスに帰っても水とか出してくれてゆっくりしてもらっていいですよーと。優しいー。

d0131851_20322391.jpg
私がおきたら、二人はもう起きてて、娘は毎日の朝のおしゃべりタイム。朝イチから英語でよく話すわ。この写真をフロに送ってあげたら喜んでた。
d0131851_20341666.jpg
朝ごはんも美味しくて。シンプルでうまいっ。コーヒーもちゃんと煎れてくれて濃厚。器はもちろん、民芸です。今日どうする?とかサクッと話して、フローリアンにみんなで手を振って、北海道の子も合流して、ね。

帰るときに、海外の子もいて、娘が少し話してたけど、鳥取まで来てるんだねーと(でも少ない)。おじさんとも階段すれ違い、ふつーのおじさんも来てるんだねーと。
あちこちのゲストハウスに泊まる旅も今流行ってるみたいだけど、うん、わかるーと思いました。
d0131851_21101124.jpg
ビバ!鳥取。めちゃ楽しい!絶対また行きたいぞ。






[PR]
by bagel70 | 2017-06-01 20:38 | | Comments(0)

島巡り。

d0131851_19204204.jpg
次の日は、なんとゲストハウスで知り合った北海道のひとり旅ガールに誘われて、浦富海岸の島巡りに行きました。わたしは旅はあまり細かく調べず、その場その時で決めてくのが好きです。幸い、いつも友だちが良さげなところをざっくり調べてくれてたりで、流れに沿って〜!ゲストハウスも素敵で、そこのスタッフの子が色々教えてくれて、浦富海岸の島巡りは、ひとり旅ガールのお誘い。でも行ってよかったー!!めちゃめちゃ楽しい島巡り。大興奮でした。北海道ガールがちゃんと割引券持って来てくれて1200yenで1時間ぐらい船で回ります。スペクタクルな小さな島たち。三角なんですよ。もうー、どこまでもサカナクション。

d0131851_19272237.jpg
サカナファンならご存知ですね、ライブではみんなでこのマーク。笑。その絵面はちょっと笑えますが、なんと島たちも三角なんですよ。楽しかったー島巡り。鳥取に行かれたら、ぜひ。朝一番がオススメ。9時10分から乗れますよ。降りてからは、そう、イカスミソフトを食べました。フフフ。日本ってあちこちにご当地ソフトがあるねえ。
ちなみにこの浦富海岸は、島崎藤村もお気に入りだったそうです。日本ってどこの県も素晴らしいねと娘。



[PR]
by bagel70 | 2017-05-31 19:36 | | Comments(0)

鳥取ライブ旅

d0131851_21110956.jpg
旅投稿は久しぶり。ああ旅はやっぱりいいねえ。I am a big fan of Sakanaction. そう、私サカナクションファンです。だいすきっと言えることの一つ。10thのライブ、関西近辺は抽選外れガビーン、山口くんの旅行がてら地方もぜひとの一言で、そうか旅行がてらね!と前から行きたかった鳥取を申し込むとフフフ、チケット取れたわけです。そこで昔からサカナファンのmちゃんを誘って行こーって。20年来の友ですので阿吽の呼吸。自由な私たち。家族に感謝。昔、KBS京都の小さなホールにきたサカナクションライブに一緒に行ったよねーと。それから大阪城ホールも行き、そして鳥取!米子コンベンションセンターは素敵なホールでした。鳥取のほのぼのした雰囲気が最高。大阪城ホールのあのギラギラした感じとは打って変わって、物販もなんだかのんびりムード。いいなあー。
実はこの鳥取旅、娘もいくっと言い出したので、急遽チケトレ(チケットトレードシステム)でなんと一枚GETしたのです。そのチケットが前から7列目!それはもう、ファンクラブの私がいくしかないっと、若干体力に不安を感じながら、7列目!山口くんめっちゃ見えるっ。最高すぎて、涙出てきました。もうね、いいこといっぱいあるなあー人生ってとか思いながら。新宝島から始まり、前半はMとかAoiとか渋い曲続きます。渋いのいいねえ。それから好きなユリイカ。中盤から後半に盛り上がり系ガンガンきて、山口くんおいつもの好きなステップで踊ってー!まだまだ踊れる?YEAH!!と言いながら、足つりそうになってました。笑。アンコールは、いろんな話しながらの曲くじ引きスタイルでこの日は、白波トップウォーター。涙。ああーっ。だいすき。涙ふきふき聞きしびれました。それからアルクアラウンド、新曲も聴けて、踊って、最後に目が明く藍色で締め。素晴らしすぎるでないか・・・・。ジーン。ライブ後にまた3人で余韻に浸れるのもいいんですよねえ。娘とmちゃんと私、もういつも友達のような家族のような、笑いのツボが最高で大体笑い続けてて。この日もライブ待ちの時間にプリクラ撮ったりして、文明の利器についていけなさすぎて、帽子しか写ってない写真あったり、プリクラでも笑いすぎて、面白すぎる旅でした。泊まりは鳥取のゲストハウスです。初ゲストハウス、その話はまた明日。



[PR]
by bagel70 | 2017-05-29 23:00 |

ドイツみやげ。

d0131851_131901.jpg

ドイツからのお土産、左から、フロ(通称)手編みのカードケース。かわいすぎるっ。シュバルツプロッドってドイツパンが作れるセット。いろんな粉とかひまわりの種とか、セットしてくれてるそうです。娘がとっても気に入ってたドイツパン、実家で一緒に作ったそうです。手作り大好きのおうちには、いろんな機械ががあって製粉するとこからするらしい。こだわりっぷりがすごい。そして、毎年、お母さんが手作りするチェリージャム。その上は私からのリクエスト、非加熱の蜂蜜。ドイツは基準がすごく高いので、いい蜂蜜がとても安くてあるので、うらやましい。スーパーには加熱のだからマーケットで買おうって連れてってくれたそう。それから、ランゲオーグ島で採れたハーブのハーブティー。パッケージが可愛いです。そのほか、トルコのお友達からトルコの綿菓子みたいなお菓子(これが不思議なテイストで美味しい)とか。ケルンのフェスティバルでたくさんもらったお菓子とか。それぞれに風景が見えるお土産は楽しい。
ドイツパンを作ってもらうのが、今から楽しみ。母がもうすぐ遊びに来るので、その時に食べようっと。フロもアイコにも食べてほしいっとなんども言ってたそうだから。笑
袋もこだわってミシンで縫って、字を描いてくれたそう。どこまでもこだわり派ー。笑
来年、娘の留学時にドイツに行って、マーケット行くの楽しみー!!ママ、絶対楽しいよって。
[PR]
by bagel70 | 2017-04-05 18:03 | | Comments(0)

日本米。

d0131851_23514179.jpg

息子がマレーシアから帰国。あっけなくシングルライフTHE END.それでも楽しかったなー。家に帰る前にそのまま友達とゆららの湯に直行した息子。風呂にそんなに入りたかったのかいっ。帰って、日本米の美味しさに感動してる。そういえば、アメリカから帰った時も納豆の美味しさに感動してたね。マレーシアのボルネオ島の山歩きの写真や南国の草花の写真などを見せてもらいながら、聞くと最小限、話してくれるスタイル。(娘とだいぶ違うー!)写真はうまい。友達との写真もとにかく楽しそうで良い。マレーシア大学生との交流会もあったようだ。英語も使えたっぽい。(とにかく話が短いので推測)建築の写真もいろいろあった。一応志望してるだけある。School tripだけど、学年でアメリカ2コース、オーストラリア、マレーシアと4コースに分かれるので人数もそんなに多くなくて面白そう。いい経験だ。アジアもいいよねえ。

写真は、娘からのドイツの島に旅に行った写真。車が入れない島らしい。ひたすら海辺を歩いたり、ぼーっとした数日間。コテージでごはん作ったり、彼が夜チーズケーキ作ってくれたり、クレープ作ったり、まあそんな感じでノーンビリした数日を過ごしたそう。そういう旅はなかなか日本人はできないので、憧れ。ええなあ。みんなはハネムーンかいって突っ込んでたけど、娘もいい経験させてもらってるなあー。
今はフランクフルトに戻り、なぜかwifiが調子悪く、あまり連絡取れないけど、まあ、彼の仕事の間、ウロウロしたり、ごはん作ったりしてるようだ。娘も日本米の美味しさが恋しそう。

日曜日行った伊勢神宮、娘がお腹が大きい時に行ったねと思い出してた。時が経つのは早い。旅の経験や人との出会いは、グンッと人を成長させてくれる。子どもたちは私の知らない景色を見ている。
お腹にいた子が自分の知らない景色を・・・・。それだけで面白い。
[PR]
by bagel70 | 2017-03-15 00:21 | | Comments(0)

2016 Last trip

d0131851_135339.jpg

ヘルシンキにいってきました。
うそです。日本海です。男の〜海よ〜♪とか演歌が聞こえてきそうです。えいっと泊まり忘年会。夜は友人の実家で、おもてなしの素晴らしい忘年会となりました。ああ、お正月がきた感じです。嬉しかったなー。美味しい海の幸とあったかい実家の感じ。帰りはいっぱいお野菜とかお餅とかニコニコお母さんが持たせてくれて、あったけー(あったかーい)。ものすごいいい旅でした。お天気は、曇りやら雨だったけど、それもまた、ね。日本海の美しさを極めてくれた感じで、ウキャーーーット叫びましたよ。海で。みんなでジャンプして写真とって、ぎゃーぎゃー笑って、なんて楽しい年忘れだったんだろうー。なんか、不思議な台湾お茶屋さんに行ったりして、あまりに夢の様な映画の中の様な、おもしろい2日間だったなー。いつもは山に行くメンバーですが、なんともいい空気感なので、行き当たりばったり旅が最高に楽しいです。

d0131851_13125648.jpg

ああ、こんなご馳走。感動しすぎたので、残しておこう。R母さん、ありがとうー!!!お刺身を全部たべれなかったのが心残り。笑 みんなでなんとなく2016年の総括?的な話をしたりして、私たちは近くの宿へ帰りました。

d0131851_1345363.jpg

フーラフラいく、日本ローカル旅って楽しいですよねー。大人4人だと、フーラフラ、できて、いい!
旅の醍醐味は、風景ですね。なんでもない風景が、美しくて、そういうのが共感できるメンバーというのもまた旅の楽しさ。来年も、また、エイっとどこかへ、フラフラ旅行きたいなー。

自分の年賀状は年始にやることにしました。お仕事の年賀状を納めて、旅に出ました。笑
私からの年賀状は今年も、えっ?今頃?っていう頃に届くと思いますので、今から、お楽しみに。。。。。
まだデザインもできてない・・・・。
当たり前を外してみようー!そんな気持ちが加速して行く2017年になりそうです。
[PR]
by bagel70 | 2016-12-29 13:20 | | Comments(0)

鹿児島 その2

d0131851_220343.jpg

記録として、つけておこう。鹿児島旅は、3日だけだったのですが、母コーディネイトのおかげですごく充実した3日間でした。初日は義理父、母や旦那の方の親戚にも会えて、おとうさんは施設に入ってらっしゃって、その様子も気になってたので会えてよかったです。私たちのことは、もう覚えてないのか、初めまして!って言ってたけど。それでも、たくさんの人が面会に来て嬉しそうだったから、よかったーと思いました。日頃、遠くで何もできない私たちだけど、また会いに行こうっと娘と思いました。つむぎの目を綺麗な目をした子じゃねーと言ってくれてたので、娘は、ちょっと涙してました。写真をたくさんとったので、またホームに貼れるように送ろうと思います。

d0131851_2255640.jpg

鹿児島市内は、今、ashというサツマデザイン&クラフトフェアというのをやっていて、あちこちのおしゃれSHOPを巡ると写真展や作品や音楽が!という楽しくでCOOLなイベントの真っ最中で、とてもラッキーでした。d&dができた頃から、鹿児島のいろんなモノが格段にCOOLになってるのは、感じてたのですが、今回、グラフィックを始め、ほんとにどこのお店も素敵で、うーんとうなりました。ぜひ、鹿児島旅を!
d0131851_2214896.jpg

母のお気に入り。レトロフト。ここは古本屋さんに、自然食のレストラン、CAFE、ギャラリー、いろいろごちやっとあって、建物も面白くて、トイレが特に面白くて、刺激的なところでしたー。その裏界隈にも素敵な小さなお店がいっぱい。
温泉もあるし、素敵SHOPもあるし、美味しいものもあるしで、いやあ、よかとこです。
もっと行きたいとこいっぱいあったけど、また次回に・・・・。

母がシャレもん好き、アート好きでほんとによかったでごわす。
[PR]
by bagel70 | 2016-12-04 22:16 | | Comments(0)

Went home for the first time in 2 years

d0131851_11511822.jpg

2年ぶりに帰省して来ました。鹿児島です。去年は受験生の母だったので、じっとしていて、私の母はフットワーク軽くよく来てくれるので、なかなか帰省のタイミングがなく。今回、娘の大学が休みなのと、義父の様子が気になるのと、エイっと久しぶりの帰省。いやあ、実家はいいですね。まだまだ甘えさせてくれる母に感謝。朝起きたら、朝ごはん〜!できてる〜!美味しい〜!最高〜!
母は、美味しいもんすき、洒落れもん好き、笑いすき、アード好き、映画好き、とほぼ趣味が同じで、いろんな素敵なところに連れてってくれました。お正月の帰省だとこれができないのですよー、どこも閉まってて。
今回は、市内から栗野町の吉松というところまで車で走り、Isaocucina(イサオクッチーナ)という田んぼの中にあるイタリアンに連れてってくれました。ここがなんとぽ素敵なところ。畑の真ん中でこやをやってる私には、たまらないシチュエーション。周りには、ヤギがのびのび草だべてて、かわいいー。そこにシェフらしきオーバーオール来た方がどっから来たのねー?と気さくに話しかけてくれて、このほのぼの感。好き。古い牛舎を改築した感じの店内に、ストーブがあって、のんびりしたいい雰囲気です。
d0131851_1211613.jpg

ストーブにあたりながら、料理を待ちます。(要予約)ああ、幸せー!!

d0131851_1205416.jpg

このイタリアン、ほんとに素晴らしく美味しかったです。また行きたいっ。イサオクッチーナ!!近くには、軽食ができるカフェがあったり、泊まりもできるお家もあって、次回は泊まりたいなーと娘。フローリアン連れてこよっと言ってました。みんなで泊まったら楽しそう。

d0131851_1232934.jpg

研ぎ澄まされてなくて、素敵なんだけど、ところどころにほっこりさせられる手作りなLOWな感じがとてもよかった。完成された美しすぎる空間よりも、店主の人柄がわかるどこか温かみやユーモラスな雰囲気があるところが好きです。

帰りに寄った霧の里、という霧島の温泉。ここは、娘が赤ちゃんの時に大泣きして大変だったんだよねという思い出話しを母としながら。ほぼ誰もいなかったので、素朴で素敵な温泉をパチリ。夕日が見れて、
最高の温泉でした。そこで、またびっくりな出会いがあったのですが、人生って面白いー。

d0131851_1272818.jpg

鹿児島といえば、温泉。ああ、またこのコース、行きたいなー。旅の記録でした。
[PR]
by bagel70 | 2016-12-01 12:08 | | Comments(0)

平湯の旅

d0131851_19564044.jpg

一足早く夏休みしてきました!!友人たちと平湯温泉へ。奥飛騨温泉ともいわれます。こどもたちが幼い頃、平湯キャンプ場に夏ごとに通っていて、あの涼しいフレッシュエアーを求めて!毎度のことながら、適当な話の中で決まり、宿も手配してくれ、旅の前日までお互い連絡せず、明日だよねーっと誰かが言いだすのを待つというゆるい旅です。行く場所だけ決まってて、あとはノープラン。そういう空気感の友人旅ができるのは、うれしい。行く先々で、ここいってみる?と流れで行き着く旅です。行きは、高山の街に寄ってブラブラしつつ、平湯温泉に5時間ぐらいで到着。3人で運転するのでちょうどいい時間。宿はひらゆの森。ここの温泉は最高です。なんと9つの露天風呂があり、24時間入り放題なんですよ。そしてまわりは森。この森がまた素晴らしいー。朝は森の散策から。あまりに天気がいいので、上高地行く?と前日決めて、平湯から30分ぐらいバスに乗り、上高地に到着。ここは天国じゃないだろうか?というぐらいのアメージングな風景が広がってたのです。ものすごい快晴に、私たちめっちゃ持ってる!と相変わらずの自画自賛で10kmのトレッキングを楽しみました。このトレッキングはもう、最高でした。言葉にできないので、ぜひ行ってください。クライマーたちは、上高地からあちこちの山を登る拠点にもなってますが、私たちは平坦好き。トレッキングLOVEです。途中、鳥と会話したりしながら、笑い続け、変化のある風景に感嘆の声をあげながら、楽しみました。夜は、ビールとワインで飲みながら。飛騨牛を味わいつつ。夜中にまた露天風呂に入り、貸し切り露天風呂を満喫しました。

子育て中は、なかなか行けない友人旅ですが、少し大きくなると、行けるように!息子のお弁当は娘が作ってくれたみたいだし、夜も作ったり、帰りに外食もできるし。ああ、大きくなったなあーと思います。こどもたちも楽しんできてね!と送り出してくれるその姿に、じーん。娘は旅の楽しさを誰よりも知ってるので、ママも旅にいきなよーと背中を押してくれます。

やっぱり旅はいいなー。去年は受験の母で、私なりにいろいろおとなしくしてたので、解禁!家族との旅もいいし、夫婦の旅もいいけど、友人との旅もまた格別ですな。
[PR]
by bagel70 | 2016-07-26 20:15 | | Comments(0)