ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

カテゴリ:こども( 196 )

たまには苦言もね。

d0131851_2242224.jpg

なかなかの仲の良さだと思いますが、たまにはねえ、言いたくないことも言わねばで、昨日は朝から不穏な空気が。笑。彼女の完璧主義についての苦言なのですが、まあ、誰に似たのか・・・・大学の勉強も全力投球で、まさか親がそこに手を抜いたらとかアドバイスする親っているのかな?とか疑問に思いつつ。まあ、それでも、やりたいこと、行きたいとことのバランスを考えて、ある種の妥協も必要になってくるわけで・・・。私とかユルユルな人なので、娘の@一生懸命さがたまに理解しかねるのですが、本人もよくよくわかってて、、、、。追い込み型なので、そこそこ手を抜かないと折れるよ!と言い続けてるのです。力の抜き加減を教えるのって難しい。仕事、勉強が丁寧で、どれも完璧にこなそうとするから・・・ねえ。疲れるよねえー。ドイツ行くためには、バイトもしなきゃだし。

今回、違ったのは、ドイツからほぼずーっと寝てる時以外、会話してる彼がいるわけで、ありとあらゆることを二人は毎日話してて、涙する娘をドイツから笑わせたり、優しくアドバイスしたりと、いい感じで緩めてくれたようですー。だんだんとこうして、親よりパートナーとの絆が強くなっていくんだろうなあーと。寂しくもあり、私もそうだったなーと。だんだんとバトンタッチしていくのね・・・・。

親子で滅多にケンカはしないけど、たまに微妙な空気の時ももちろんあって、私は親として伝えたいっと思い、娘はわかってるけど、念押ししないでほしいって。(しつこかった?)
バランスの取り方は、彼女にとってはまだまだ課題だけど、出会いって不思議で、その人に必要な存在の人がちゃんと現れるようになってるんだろうなあーと思います。

親は少しずつ手を引いていく・・・・・。十代の最後の一年なのでした。
写真は、ドイツから絵本が送られてきて、にっこりするところでした。絵本送ってくるとか、可愛すぎ。
[PR]
by bagel70 | 2016-12-06 22:23 | こども | Comments(0)

ならいごと。

d0131851_1150963.jpg

昨日は、子どもたちが小さいころからやっているラボパーティの50周年の催しに子どもたちは大阪へ。私は行かなかったのですが、帰って子どもたちと鍋をつつきながら、話を聞きました。他のパーティの発表を見ると、とても刺激になるようです。なんでもそうだけど、やっぱり見て、感じて学ぶことはいっぱいですね。ラボは、英語劇なので、独特の世界観ですが、不思議な度胸と社会性がつくお稽古事だなと思います。息子は5歳から娘は8歳からやってるのでかれこれ11年。そんなに長期スパンでやるお稽古事も珍しいのでは?と思います。息子も遠い京都市内の進学校に通いながら、サッカーしながら、続けています。よく続いたなーと思うときもあれば、辞めたいという時がなかったので、あっという間。
継続は力なり、という言葉がありますが、いやまさに、と思います
我が子たちがもし、ラボをやってなかったら、と考えるとおそらく、全く別の人生だっただろうなと思うから。娘は、ラボの国際交流(ホームステイ)で、英語でコミュニケーションをとる楽しさを知り、今は大学でグローバル地域文化を学ぶ。息子は、ラボで培った舞台度胸で、いろんな役や代表、プレゼンなどで、本番にドキドキしない、常に平常心で居られる、その力を発揮できてるからです。

小さな子の子育て中の方と話してると、お稽古事の話がたまに出てきますが、あれもこれもたくさんさせるよりは、その子らしさを大切にできる何かを見つけてあげられるといいなあと思います。大きくなった時に、ポッケの中に必殺玉を隠してるそんな魅力になるような。笑 日本はスポーツ信仰が厚く、我が家も息子は小学生後半からサッカーをしていてそれはそれでたーくさん学ぶことはあったなーと思うけれど、できればスポーツ以外で、おおおっというモノを続けてモノにすると、ね。自信に繋がる気がします。小さい頃のスポーツは、頑張りが分かりやすい、親も応援するのが楽しい。でも、ほんとうにそこで自信がもてるのかと言えば、疑問。だって、みんなスポーツしてるんだもん。みんな上手だし。(笑)

うちの子には、これを隠しもたせてやろうという親の心意気が実は必要だなと思います。なんでも続けないと身につかないので、心意気があると、こどもの気分に左右されずに、どんと構えてられるから。

楽器だったり、野外活動だったり、日本舞踊とか、書道とか、お茶とか、語学とか、文化的な技は、生涯活きてきます。芸は身を助けるとは、なるほど、ねえ。

娘の彼も、5歳からクラシックギターやってたそうで、我が家でギター弾いてくれました。おおーってなるので、まさに隠し球だなあー。クラシックギターはまた世界観が、ロマンティックでいいよねえ。ああ、楽器弾けるのってほんとに素敵。
[PR]
by bagel70 | 2016-11-21 12:27 | こども | Comments(0)

Autumn.

d0131851_10265482.jpg

秋ですねー。この季節、だーいすきなので、少しの時間でも紅葉を満喫したいー。昨日は町内清掃で掃除しながら、近所の方が水景園がめちゃめちゃ綺麗だったよーと聞いたので、昼から3人で出かけて来ました。娘はこの歳になっても買い物とかUSJとか行くより、ピクニックやお菓子作りや、のーんびり過ごすのが好き。家族で過ごすのが大好きなだけに、ああー、これもあとわずかだなあーと思うと感慨深いものが。笑

近所のけいはんな公園は、こどもたちによし、奥の水景園は、大人にもよし、いろんな世代が楽しめる公園だなあーと思います。手前の遊び場は、水場もあるし、みんな小さなテント張って楽しそう。最近はこういう日よけテント持参なんだねーと眺めながら。よく遊んだよねーここで。

水景園のお月見コンサートはほぼ毎年出かけてますが、最近好きなのは、水景園の奥のお散歩コース。ちょっとした散策道があって素敵です。なんと、ヤギがいて、このヤギもかわいいのです。
d0131851_10362791.jpg

動物萌え。そのあと、イタチが走り去るのを見たり、キツツキも見たり、たくさんのカモが泳いでて、楽しい日曜日でした。あちこち行くより、こういう休みが好き。こどもたちの笑顔は、小さい頃と変わらず。のーびのび、育ちました。いろんな経験させて来たので、結構かかってるよなと歩きながら、夫婦で笑いつつ、教育にかけるのは、何よりの財産だと言われたよ!と。んだんだ、頷きながら、子育てをふりかえったのでした。
けいはんな公園の中に、相楽木綿伝承館というのがあって、立ち寄って見ると、なんとラボの先輩お母さんがいらして、久しぶりの再会。娘の名は、つむぎ、体験好きなので、早速コースターを織らせてもらいました。こういうコツコツ作業も好きみたいで、集中して2枚も制作してました。また織りに来たいなーと。幼稚園の時に、モンテッソーリのお仕事で織り機をしたり、我が家でも小さな織り機で遊んでいたので、昔を懐かしく思い出したようです。

d0131851_1050473.jpg

この相楽木綿、一旦廃れてしまった織りなのですが、一台残ってた織り機を元に2004年復元されて、その技術を伝承していこうと活動されてるところだそうです。たくさんの織り機があって、教室もされてるそうです。相楽木綿、渋くて素敵でしたー。
[PR]
by bagel70 | 2016-11-14 10:49 | こども | Comments(0)

色づいてきました。

d0131851_14291134.jpg

今日から11月、急にさむぐなってきたなあー。先週にこやのねむりじかんをして正解だったなあーとしみじみ。いろんなことは、そうなるようになってるなあーと思います。ひらめきや流れを大事に。ご縁がある方とはずっと繋がるし、縁遠くなるのは、きっとそういう流れ。数年ぶりにまた近しい仲になったりね。
娘は高校でスペイン語も勉強してたので、高3の春、うちの母とスペイン、イタリア旅に出かけ、そのあと、一人ドイツ旅に行くまでは、留学先もスペインかドイツか、、、、英語圏かと曖昧な感じだったのですが、ドイツを一人旅していろんな友達ができて、そしてルベンという素晴らしいホストファミリーがいて、ドイツの雰囲気がとても気に入ったらしく、大学一年の時には、ドイツ留学を決めてましたね。D大学には海外の提携大学が充実してるので、それもよかった。さらに、ドイツ語の先生がとても素敵でおしゃれで授業が楽しいらしく、そういうのを聞くと、流れってあるなあーと思います。昨日は、ドイツ語の先生がドイツの企業に就職するにはというガイダンスを学部で開いてくださったようで、とても参考になったようです。常々、日本のあの就職活動には疑問を持ち続けてる私。同じスーツきて、バッグ持って、あの就職活動に娘が参加する絵面が浮かばないので、まあ、それはないかな、できれば避けてほしいと思ってました。そして、同じように仕事するなら、onとoffがしっかりある環境で仕事してほしいと思ってます。仕事することは素晴らしいけど、今の日本社会での働き方には疑問。日本の教育システムにも疑問。日本は素晴らしい国だなあと思うけど、子どもを育てるには、大変な国だなあと思います。金、かね、かーね!!拝金主義にならざる得ないシステム。幸せな子育てとはなかなか言い難い気がする。宇多田ヒカルもロンドンの方がずっと子育てしやすいって発言してたっけ。どの国も一長一短あるでしょうが、老いて行く親の近くに娘はいてほしい、、、という発想は私にはなく、どうか愛を大切に自分らしく生きてほしい、それに尽きます。彼に早く会いたかったら、来年の留学にしたらいいのにと言うと、いや、ドイツ語のレベルをもう少し上げて向こうでちゃんと単位取りたいから、一年先までしっかり勉強して行くわと。感情に流されない冷静さ。会いたいけど、会えないって、せつないよねえ。遠距離経験者のみなさん。昔を思い出すねえ。
昔は、SNSもなかったからねえ、、、と思い出話に花が咲くのでした。
[PR]
by bagel70 | 2016-11-01 14:57 | こども | Comments(0)

ポジティブリンクへ。

d0131851_18102226.jpg

今日のこやのねむりじかんは、とてもよかったなー。小さい子の育児中のお母さんや、3人のお母さん、お仕事でお疲れのかた、作品制作でお疲れの方、それぞれの疲れをナンシー&ジュンさん。2人が同時に施術してくださるので、この上ない極楽でした!とみなさん、お風呂上がりのようなイキイキした顔で目がぱっちりになって帰って行かれました。お母さんが施術中の時は、小さい子を私とnちゃんで抱っこしたり、遊んだり、かわいかったなあー。
合間、子育ての話したり、いろんな話に・・・・。最近、子育てで想うことは、もうひたすらポジティブに育てることに尽きるなあと思ってます。ネガティブも人間持ち合わせているのですが、できればポジティブに光を当てて育てた方が、楽しいし、ポジティブなリンクの中でつながっていける不思議な力があるように思います。懇談などでよくこどもの困った話オンパレードになる時がある日本の不思議、いつも私はそんな流れを無視して、ポジティブなことを話してました。自慢と思われても、子どもにとってネガティブなことを他人とシェアされることが嬉しいこととは思えなかったから
I proud of you. 本当にいつも思ってました。I really proud of you.ちなみにうちのだんなは、子どもたちに君たちは、ほんとうに素晴らしいよ。と大きくなった今でもずっと言い続けてます。ポジティブな言葉のシャワーは、いつのまにか、子どもたちは自分の力を絶対的に信じるようになる気がします。
その力は、学力という意味ではなく、自分の力でいろんなことを@判断して乗り切るという自信なのです。
娘が18歳でドイツ一人旅したり、その後、ドイツで出会った子と10日間の旅に出ることも。私たちにとっては、全てポジティブリンクなのです。世間の方は、危ないとか不安とか、よく行かせたねという言葉にあふれてますが、私たちは、不安よりも子どもたちの持ってる力を信じてるので、より素晴らしい出会いや経験を引きつけると思っているのです。やっぱり、思いきって、行かせた旅で出会えた人は、同じような感覚、家族愛を持つポジティブな男の子でした。
どうか、子どもたちにたーくさんのポジティブな言葉を!!ケンカをしたり、叱ったりしても、最後はポジティブな言葉で終わりましょう。だーいすき!とハグ!とかね。

ねむりじかんのテーマも、ほぐはぐ!!愛ですよ。
[PR]
by bagel70 | 2016-10-28 18:34 | こども | Comments(0)

恋から愛へ。

d0131851_16749.jpg

こどもたちが大きくなってくると、かわいい恋からだんだんと、愛に近づいてくるのも、大人になっていくということですね。ドイツからのベストフレンドと10日間の日本旅行中の娘が東京→河口湖→京都→尾道→広島の途中、京都ステイで我が家に宿泊。ベストフレンドといってたフローリアン、He is my boyfriend!とみんなに紹介してくれました。ベストフレンドからボーイフレンドにね!Congratulations!私の母もたまたま遊びにきてて、だんなも帰ってて、息子も部活休みで、みんなで拍手して、フローリアンとわいわい過ごせた2日間でした。なんせかわいい子で、朝からクラシックギターをポロロンと弾いてくれるので、たまらなく贅沢な時間。二人はずっと笑って、二人とも料理好きで一緒にドイツ料理を作ってくれたり、ほんとに仲良し。あまりの仲良しぶりに、母が「しあわせ〜ってなんだっけ?なんだっけ?」とふるーい歌を歌いだしたぐらいです。笑
我が家は基本、オープンにいろんな話をしてきたので、娘もボーイフレンドも家族。おもしろい母もいたので、みんなでいっぱい大笑いしてました。
国際遠距離だけど、この二人なら大丈夫そうだなーと安心して、見てられる、素敵なボーイフレンドでした。ドイツ一人旅のときに出会った二人、半年ぶりの再会でやっぱりお互いの気持ちは同じだったみたいで。パパみたいな素敵な人はなかなかいないよーっとよく嘆いてた娘でしたが、あっさり、パパを越える素敵な人が現れたのでした。パパ涙。イケメンぶりに、完敗。笑
ALL you need is LOVE!の精神の我が家には、ほんとにうれしい出来事で、彼の両親ともFACETIMEでご挨拶(HELLO!だけだけど)したりして、想い出深い週末でした。
おとーさん、おかーさんも遠距離だったので、もちろん、二人を応援しますよ。
愛って美しいなあーと、いちゃいちゃする二人を見て、思うのでした。
[PR]
by bagel70 | 2016-10-02 16:21 | こども | Comments(2)

子育てのスパイス

d0131851_2356277.jpg

最近、バッタリ会った久しぶりの方や、なんとなく知ってる方から、子育てのことや家族仲のことを聞かれることが多い。むむむ・・・。子育て後期だからこそ、聞かれるのかもしれないけど、なんでも答えまっせ!というスタンスです。話しながら、考えると、こどもってDNA,環境,出会い,言葉掛け,体験,習い事,旅,学校,さまざまな要素がからみあって成長するもんですよねー。だからこそ面白い。DNAはどうしようもないけど、あきらかに自分が選んだ相手の要素は大きい。それに、プラス結婚生活で二人が大切としているなにかがスパイスとしてこどもたちに効いてくる。夫婦仲がいいところは、子育てがうまくいくという説は、こどもたちに結婚相手のDNAのなにかを感じた時に愛おしく思うかどうかなんだろうなーとも思う。出会いはその子がもってる運みたいなものもあるし、出会いを嗅ぎ分ける力は、環境から学ぶのかもしれない。言葉掛けは、意外と子育てで重要だと思う。植物も言葉掛けで全然成長や味が違ってくることが実証されてるように、実はものすごい力をもつのが言葉。褒めて育てるというHow to本がたくさん出てるけれど、言葉というのは、その人の心や経験からでてくるからこそ、相手に響くかどうかが試されるなかなか難しいもの。体験は、さまざまな自然体験や自分への挑戦など挫折したりしながらいろんな感情が育つんだろうな、習い事になにを選ぶかは、大きくなった子たちをみてると、進路のきっかけになったり、得意とすることへの自信、自己肯定感にもつながる重要なファクターだなあとも思います。
旅については、こどもだけの旅、家族旅、一人旅、かわいい子には旅をさせろというけれど、経験上、ものすごく成長するのが旅だなーと、世界を信頼しないと送り出せないわけだから、親の覚悟が試されるのが旅ですね。そして、学校。これはご縁と出会い。その子らしさが活かせる学校を親も探したり、話したり、アンテナをはっとくのは、大事だなーと、選ぶのは本人だけど。

家族仲については、ハグに尽きる。と思っている。先日、ハグするときにでるオキシトシンが集中力や脳にとても影響があるいう記事をみて、フムフム・・・、納得!と思ってました。こどもたちの集中力は、ハグ効果だったのかも。ご主人、こどもたちとも、ぜひ。お子さんが小さい方は、小さい頃からずっとしてると、大きくなっても普通にしてくれます。受験の朝ももちろん、ハグで送り出したなー!!
[PR]
by bagel70 | 2016-09-13 23:55 | こども | Comments(0)

文化祭


みなさん、お元気ででしたか? ほんとにご無沙汰してしまい、もうこのブログを訪ねてきてくれる方はいないのではないか・・・と不安に想いつつも、これから、また綴っていこうっと思います。
どんな夏休みでしたか? 私もあれこれお話したいことやおすすめしたいところや、映画など、あるのですが、少しずつ。話していきます。とはいえ、毎年書いてますが、夏は好きじゃないのです。調子が狂うというか。メンタルが弱まるというか、今年はフィジカルまで・・・。メンタルもフィジカルも弱まったら、後はウダウダするだけです・・・・。活動的なように見られますが、ウダウダするの、大好きです。冬眠ならず、夏眠。一体、エトセトラはいつOPENするの?と思われてる方、今年は9月23日よりOPENです!遅いっ。9月の初めから少しメンテナンス作業に入りますー。この暑さのなかでミドルエイジの私たち、がんばります。

2日間、息子の高校の文化へ。こちらは広報として、丸2日朝からびっちり、お仕事で撮影隊してきました。あまりの若者の熱気と蒸し暑さにこの夏いちばんのくたびれ度合いです。でも、おもしろかったー
d0131851_10584991.jpg

H高校の文化祭がすごいという話は、なんとずいぶん前にH高校に通われてる近所の先輩お母さんにDVDを見せてもらった記憶から。へえーと思ってみてたまさかその6年後ぐらいに自分がそれを体験するとは!広報という仕事じゃなければ、自分の子の出番だけ見て帰るパターンだったことは間違いないのですが、開会式から、ものすごい盛り上がり。文化祭をこの学校の個性として大切にしてるのがよーく分かった2日間。とにかく、ほんとにすごかったです。劇もどのクラスも見入ってしまう面白さで、息子の劇も、まさかあんなたくさんの台詞を言う役とは!男の子って、家で多くを語らないので、えええーってびっくりすることありますよね。ラボで鍛えた舞台度胸で、よくやってました。
思いっきりやる!!っていう楽しさを教えてくれる学校なんだなーと。ほんとにいい学校だなーとみなさんの愛校心が分かる文化祭でした。

行きたいなーと思う高校の文化祭などに参加するのは、その学校の雰囲気を感じられる一番いい機会かもしれないです。先生の管理体制が強い学校や、生徒が主役の学校、文化祭などいらんっていう学校、ほんとに高校って様々ですから。それも個性ですね。

さあ、9月はちゃんとブログ更新していきますよー。文化祭でエンジンかかったかんじです。身体は筋肉痛ですが。
[PR]
by bagel70 | 2016-09-05 11:27 | こども | Comments(0)

コンチキチン

d0131851_1252328.jpg

京都は祗園祭。コンチキチキチン・・・。なんとも風情があります。働いてた時は四条界隈に住んでたので懐かしい。息子の高校に度々いくことがあるので、最近は四条にもしょっちゅう出かけてます。遠いのにね。昨日は三者面談。先日は部活保護者会。そして2日前は広報委員会。その前の週は保護者の親睦会。お母さんたちの交流も盛んな学校です。親睦会の参加率90%ぐらいです。どの行事も参加率が高い!そしてみなさんフレンドリー。娘の高校は行事はでかかけたけれど、保護者同士の交流はあまりなく、私も積極的に行かずな3年間だったけれど。息子の高校は、校長先生からの保護者の方もH高校をどんどん楽しんでください!の声に答えて広報委員になりました。思ったより大変ですが、メンバーの方も楽しいし、公立高校だけどものすごい特色のある学校なので先輩母さんから話を聞けるのはなによりありがたい。なんせ勉強以外に、探究活動があるので、進学校というより探究校と言われるだけあって、なにかを掘り下げて考えることをとことんさせる学校です。
とにかく、みんなよくできて、積極的な子ばかりのようです。そんななかでも、あるお母さんと話していてびっくり。毎年、塾に行かずしてH高校にいく子は何人かいるらしいのですが、その方も塾なしでトップ入学だったみたいで、なんとまあ。一体どんな勉強を?と聞くと、中学の先生方にひたすら過去問(赤本)指導してもらって力をつけたそうなんです。本人のポテンシャルも高かったんだろうけど、受験といえば、塾ありきの考えを捨て、塾なしで挑むその姿勢と勇気に、私は感心するのです。勉強は自力でするものなんですよね。やらされてしても、力にはならない。
その子は英語もかなり得意らしいので、英語はどうやって勉強してたの?と聞くと、英語は英語の絵本を小さい頃から読んであげて、あとは小学4年からNHKのラジオ講座を聴き続けてきたの。それだけですーと。また目が大きく口がポカンとなりました。あの難問の入試で100点近かったらしいのですが、絵本とラジオ講座だけ・・・。ラボにも通じるかな。
最近は、幼少期から、あっちこっちの塾やお稽古が当たり前ですが、その子の本当の力になるのは、地道に自分のやり方で自分の力をこつこつあげていくことだなあと、あらためて思いました。

後から伸びるかどうかというのは、やっぱりどう勉強してきたかだなあーと。とりあえず、塾にいかせよっというのは、ほんとにもったいないことだなあと思います。

三者面談を終えて、自学してきた息子は高校でも自分のやり方でマイペースにやってるようです。分からないことあれば、まずは学校の先生に聞く!節約できるところは節約して、いろんな経験にお金をかける。我が家はずっとこのやり方です。学校の先生に質問することほど、いいことはないなあと思います。仲良くなるしね。
[PR]
by bagel70 | 2016-07-14 12:31 | こども | Comments(0)

home stay

d0131851_933249.jpg

もうすぐ夏がやってくるーっと。我が娘は毎年夏には、あちこち海外にホームステイに行ってたのですが、今年はめずらしく日本です。いとこのAちゃんも九州でラボをやっていて、いよいよ今年、アメリカにホームステイ(国際交流)に行きます。様々なホームステイプログラムがあるのですが、ラボのホームステイは1ヶ月。中学生が1ヶ月異国で知らない家族と過ごすんですよ。それはそれはすごいことです。2、3日のステイは、楽しかったーだけの経験ですが、1ヶ月は心身共にほんとに自分が試されます。12才で世界の大きさを知るこのすごい体験は、宇宙飛行士の若田さんが宇宙に初めて行った時より、中学生でアメリカに一ヶ月いったこのラボホームステイの衝撃の方大きかったと話していたほど。さあ、Aちゃんにはどんなファミリーが、どんなステイが待ってるのでしょう?早速、ホストファミリーから手紙が届いてるそうです。日本では、アルバイトができるようになり、大学生になって海外!という子も多いですが、若いまだ柔軟な十代のうちにホームステイという試練を!たくさんの愛と苦労は、どれだけこどもを成長させるか、楽しいことはたくさん経験させてあげられても、異国での試練はなかなか親が与えてあげれないのです。自立への旅、という名前のホームステイです。塾の夏期講習と海外での経験、人生で思い出すのは、どっち?こどもの人生にいろんなスパイスを与えてあげられるのが親だなーと思います。

かわいい子には旅をさせよ。どんな塾より、すごい力になるんだけどなー。笑
[PR]
by bagel70 | 2016-06-22 09:51 | こども | Comments(0)