ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

カテゴリ:映画( 51 )

彼らが本気で編むときは

d0131851_22415250.jpg

連日、映画観ました。ララの後味の悪さを消したかった。映画好きの母と。「彼らが本気で編む時は」。実は、チケット売り場で題名言えなかったぐらいの気持ちで観たのです。かもめ食堂は好きだったし、めがね、も観た。結構好きだけど、もんの凄く好きかと言われれば、スタイリッシュすぎ、スタイルの作り込みがちょっと気になる私。「彼らが本気で編む時は」は、違いました。かなり良かった。LGBTやいろんな要素を含んでいて、アランカミングのチョコレートドーナッツ・・・・・的なところもあり、日本らしい、この監督らしい描き方で素晴らしかった。観て欲しい映画は細かいことは書かないようにしよう。
最近、漫画や本が原作なのが多いけど、脚本から監督が書いてるのがすごい。描きたかったことがすごくストレートに伝わってきたなあ。トランスジェンダーのことを子どもたちと考えるのにもいいかも。とにかく、優しい映画じゃ。タイトルの意味が、観終わった後にうんうん、とわかる。
[PR]
by bagel70 | 2017-02-28 22:42 | 映画 | Comments(0)

ラララ、あれ?

d0131851_2221232.png

記録として書きます。ララランド。だんなに誘われ、珍しくハリウッドものを上映したてに観た。楽しみにしてる人もいらっしゃるので、できるだけ感想は書きたくないのですが、個人的な記録として書きます。
(内容書くので要注意、みたいっ方は、スルー!)
私は、ハリウッドものにそんなに素直に感動することができないんだと再認識した映画です。どうも途中で白けてしまう。冒頭のこのシーンは良かった。ノリノリ過ぎるなあーと張り切り具合が嫌な予感はしたけれど。どうもストーリーがシンプルすぎて、えっ?とまさかの?と色々突っ込み入れたくなる内容。ここで博物館にはいかんやろうーとか。星空を躍らせたかったのね。(ロマンチックの押し売り)ミュージカルムービーなので、多少の不自然は仕方ないんだろうけど、後半は単なるメロドラマに・・・。あんなに愛してたのに、もうこんなに大きい子がいると?どうなってると? 後味の悪さ。これは、デートで観たら、なんかAWKWARDな雰囲気になる気が・・・女は変わり身が早いって感じで。
歌やダンスは素敵でしたよ。多分。いや、ほんと。夕暮れのシーンとかね。これ、この時間待って撮ったの大変だったね、とか思いながら観るのってね、・・・・・・。自分のひねくれ度がよくわかる映画で、細かいディテールって大事だなあと思うのでした。
作品賞は取れなかったかわいそうなハプニングあり、より印象的になったララランド。エマストーンのどうだ!感も苦手なのかも。久しぶりにがっかりした映画でしたの。シュン。

ライアン・ゴズリング、めちゃ人気みたいですが、私は知らなくて、ダンナにえっと言われましたが、ライアン・ゴズリングは、すごかった。彼のファンは大満足だろうな。素敵だもん。
[PR]
by bagel70 | 2017-02-28 22:38 | 映画 | Comments(0)

1月観た映画。

d0131851_19422324.jpg

映画を観るのは、小さいころから大好き。映画好きの家に育ったので、小さい頃から12人の怒れる男たちとか、素晴らしき哉人生とか、生きるべきか死ぬべきかとか、古い映画もたくさん観てきました。今は、だんなもかなりの映画好きで東京でかなりの数を観ていて、映画の話は二人でよくします。huluに入ってるので、時間があれば、映画や海外ドラマが観れるのです。映画ってほんとに人生のさまざななこと学べたり、感じたり、この上なく素晴らしいもんだなあと思います。写真はワンチャンスより、これもいい映画でした。

1月にhuluにて見た映画の記録、
d0131851_1951216.jpg

ワンチャンス。
イギリスウェールズに住むオペラを歌うことがの大好きな冴えない男の子の話。あまりの冴えなさに引き込まれ、支えるキャメロンのいい子加減にグッときたいい映画。息子も横で見て、よかったーーーと最後呟いてた。笑 心のきれいな子は心のきれいな子と出会う法則。

d0131851_19561723.jpg

バーレスク。
田舎から出てきた子がショービジネスでメキメキ成長していく話。個人的にバーテンダーの男の子がタイプだったので、釘付けでしたね。最後のクッキーの箱で大事なとこを隠すシーンはなかなかよかった。ストーリーは、シンプルなサクセスストーリーだけど、小さなファミリア感が良かった。


d0131851_21472050.jpg

サンシャイン歌声が響く街。
これ映画館でみたなあ。ふつーにいいねというミュージカル映画。スコットランド訛りと地方感が魅力かなあ。

d0131851_2150395.jpg

ジャックリチャード。
自分では絶対に選ばない映画。だんながチョイスしてたので観ました。トムクルーズ!ドンドンパチパチ。キュキューーッとアクション全快映画。こういう系の映画は、見事に何にも残らないんだけど、トムクルーズはなんかすごいなっと。スカッともしないし、なんともいえないけど、勧善懲悪な感じ。そういう意味ではスカッとするのかな。アメリカって勧善懲悪もん好きだけど、完全悪役なトランプが大統領になったり、不思議すぎるなあ。

今年はいろいろ記録していこうと思ってます。何観たかなーと振り返りたいので。とりあえず、1月に家で観た映画。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-22 21:57 | 映画 | Comments(0)

この世界の片隅に

d0131851_23534092.jpg

あちこちで感嘆の声が上がってる『この世界の片隅に』観てきました。夜の回、8時20分より。
ああ、これは、すごい映画でした。東京でかなりの数の映画観まくってる旦那の2016年No1だったので、どんなんかな!と思ってたのですが、なるほど。これは素晴らしい。最初のコトリンゴの悲しくての音楽が流れてくるところでで私としては、センス良すぎと思ってしまった。原作が素晴らしいのでしょうが、監督のセンスもすごいんだろうと、そして、のんが本当にすごい。あちこちが琴線にふれて、えらいことに。。。。
ぜひたくさんの方に観てほしいなあーってすでにいっぱい観てるんだろうけど。笑
何がいいって描き方がいいです。あちこちでレビューを見るのでもういいかという感じかもしれないけど、記録のために書いておこう。この世界の片隅で、は愛の映画です。深い、深い、愛の映画でした。いつの時代もどんなところにも愛が存在してる。かけがえのないもの。どんな状況でも人を救うのはやっぱり愛だなあと。そして、笑いだなと思います。
そして、私は日常を脅かすものこそほんとに恐ろしく戦争をものすごくリアルに感じる作品だと思いました。そんな中、忘れられない場面がいくつもあります。娘と語り、わかるっと共有できるのが嬉しい。
観た方、また話しましょうね。ジーン。2016年一本目。ブラボーーーーーー!!!!
高の原イオン20日まで、行くべきです。

「みかんの丘」もオススメです。2月に京都シネマにて上映。こちらも静かなる戦争の映画です。

d0131851_028541.jpg

[PR]
by bagel70 | 2017-01-17 00:28 | 映画 | Comments(0)

PK インド映画

d0131851_23264956.jpg

2016年、あと2ヶ月映画スパーク中。観たい映画がどんどんあるので、時間見つけて観ます!インド映画、好きですか? インド映画、濃くて癖になる面白さなのですが、大ヒットした「ALL IS WELL」きっとうまくいく、これは本当に衝撃的に面白かった映画でしたが、その監督の新作が全国に先駆けて、京都みなみ会館で上映中。これは行かねばね!と先日だんなと行ってきました。
いろんな国の映画を観てきたつもりですが、インド映画はそのベターな世界に入るまでちょっと時間いるのですが、入り始めると、もうニヤニヤして笑いながら、夢中でストーリーを追ってく感じです。途中お約束の全員ダンスがかなり長い!でも、ダンスにここまで使えるインド映画って国の余裕だね、とか思いながら。ニヤニヤ観ます。ストーリーは、なかなか意味が深く、宗教の不思議をここまでわかりやすく説いていくのはすごいなあと思います。最後は、また惹きつけられるラストなのですが、とりあえず、必見。できれば、映画館で集中して観たほうがいいなーと思います。
部活帰りの息子も合流して観れたのですが、帰り道、3人で盛り上がりました。面白すぎて。勉強に部活に忙しい高校生だけど、声かけると、カフェやら映画やら、来てくれて楽しむので、そういう時間って大事だよなーと母は想うので、できるだけ声をかけます。君の名はとか、友達と映画はよく行ってるけど、ミニシアター系のもね、十代に観て欲しいぞ。

ブルックリンにしても、このPKにしても、やっぱり、愛の素晴らしさが根本で、全く毛色が違う映画だけど、やっぱLOVE IS BEAUTIFUL.だねと心にジュワッと沁みる満足感なのでした。

d0131851_234133.jpg

映画まで時間があったので東寺へ行ってみました。渋いいいお寺だったなー。最近、二人でどこいくのも楽しい。何だろう〜これ。こどもたちが巣立っていくことを覚悟してから、また新たに楽しくなってきた感じ。フフフ。晩年、アルアルでしょうか。いや、まだ中年。
[PR]
by bagel70 | 2016-11-06 23:43 | 映画 | Comments(0)

ブルックリン

d0131851_210398.jpg

今日は、息子の三者面談。忘れないように!よし、どうせ四条に行くなら、京都シネマで映画観なくちゃとチェックすると、朝の名画リレーでやってるブルックリン、なんとなく良さそうかな・・・と思ってると、夜に帰ってきただんなが、よかったよーと言うので、よし決まり。(毎週、東京でかなりの映画を観てる)
ブルックリン。いやあ、なんだかまっすぐないい映画でしたー。観てよかった。朝の連ドラのような雰囲気なんだけど、シンデレラストーリーかと思えばそうでもなく、地味なんだけど、丁寧に人物やが描かれたじんわりとした映画でした。これが500YENで観れるとはお得!!これからの方もいるから、ストーリーは言えないけど、恋する感じとかイタリア人のトニーの感じとか。すごくかわいくて、かわいい好きの私はキュンキュンきてましたね。笑。
主人公のエイリシュの地味な女から少しずつ垢抜けていく感じも自然でよかった。ボーイフレンドの力って女の子にとって大きいなあーと思ったり。人が惹かれあっていくのって不思議ですよね。愛し合うって素敵だなあーと。
今年もあと2ヶ月!!何本映画見れるかなー。

映画後、今出川の娘と打ち合わせが終わっただんなと3人で京都でランチして公園でジェラート食べて、仲良しかっと突っ込みながら、娘は大学に戻り、私たちは4者面談して、阿闍梨餅買って帰りましたとさ。
高校では、なかなか頑張ってるらしく、代表で中学生に向けての説明会に出るらしい。
[PR]
by bagel70 | 2016-11-02 21:27 | 映画 | Comments(0)

奇跡の教室 Les heritiers

d0131851_975855.jpg

Les heritiers 奇跡の教室@京都シネマにて。
チラシだけでこれは観たいと思っていた映画にいってきました。素晴らしい映画でした。ここのところ、心を揺さぶられる映画に出会えてる。荒れた移民の落ちこぼれの集まったクラスの様子からはじまります。学ぶこと、深めることで、こどもたちがこんなにも変わっていく・・・・、忘れかけられた教育の素晴らしさだなあと思います。これが実話であるのがまた素晴らしい。出演してる生徒の一人がメールしてそれに感動した監督が映画化したという話。
与えられる学びじゃなく、心から学びはじめたとき、人は本当に幸せな気持ちになるんだろうと思います。点数だけを追う教育じゃなくて、歴史を学ぶ、自分を知る、誰かを信じる、思春期だからこそ出会いやチャンス、ちょっとしたことで人生が大きく変わって行くんだろうなあと思いました。
ヨーロッパの移民問題も、遠い日本ではわからないことも多いのですが、こうしていろんな国の映画を見ると、背景や気持ちが見えてニュースからだけでは知り得ないことも知ることができます。

映画から全てを学べるといっていいほど、本当にいろんなことが詰まってると思います。
塾行くより、実は映画100本観た方が、人生には役に立つことがいっぱい。そんな気がします。

同じフランス映画でも、アスファルトとはぜんぜん違うけど、どちらも、いいなあー!!
今、京都シネマにて両方、やってますよー。
[PR]
by bagel70 | 2016-10-24 09:24 | 映画 | Comments(0)

アスファルト

d0131851_1913243.jpg

フラッーとその時気になる映画を観る。。。。。そんな大人な時間がやってきたのだ。東京DAYSは、その時行きたい場所に合わせてだんなオススメの近くのミニシアターに寄って帰ると言う学生のようなゆるい感じ。子育て期が終わるとまたそう言うふわふわした時間がきて、楽しめるのです。子育て中のかた、ガンバーッ。周りより少し早く子育てに突入したので、脱するのも少しだけ早い
そして、できるだけなんでも自分たちでできるように、子育てしたのでブラボーな今。中学生でラボの国際交流で1ヶ月海外にホームステイに行かせたので、ある意味この時に一度子どもたちは少し親離れ。私も少し子離れ。何度も言いますが、あれは本当にいい経験だったなーと思います。子育てって、自立に向かって育てている訳で、自立して愛をいっぱい感じる人生であって欲しいなあと思います。
アスファルトってフランス映画は、久しぶりにヘンテコリンなフランス映画で、なかなかの面白さでした。なんでもわかりやすいのは好きじゃないので、このポスターから見事に裏切ってくる変な演出。最高でしたね。最後はちゃんとオチまでつけて、ツッコミどころ満載ですが、帰り道色々楽しめると思います。
誰にでもオススメはしないけど、ヒヒヒッて笑いたい人にはぜひ。関西にくるのかなー。おもろかった。
[PR]
by bagel70 | 2016-10-17 19:24 | 映画 | Comments(0)

アレクセイの泉

d0131851_2084323.jpg

はっ、また気がついたら日が経ってしまっていた。。。。明日はエトセトラOPENではないですか!その前に、すごくよかったこの映画を記録として書いておこうっと。なら国際映画祭の催しのひとつ春日大社にて、上映された「アレクセイの泉」を観てきました。ずっと観たかった映画だったのでFBで友人があるよ!とお知らせしてくれて、本当にありがたかったです。さらにそこのコメントで近所のパパドさんが一緒にいこうって声かけてくれたので、あの台風のすごい雨の中、勇気出して行けたのです!感謝。そして映画好きのAさんも一緒に連れてってーと4人で。周りにこういう映画好きの人が多くてうれしい。
アレクセイの泉は、チェルノブイリから150km離れた小さな村の話です。チェルノブイリ原発が事故になり、村のほとんどの人は移住し、村には数人のおじいちゃんおばあちゃんが残りました。そんな中、アレクセイだけ年老いた親を手伝いたいと、この村に残ったのです。村のあちこちは放射能がでるけれど、不思議なことに村の泉だけは全くでないのです。ほのぼのとした村の生活、美しく、ほんとに地に足がついた生活、だからこそせつない。原発事故さえなければ、この村ではずっとこんな美しい営みが続いていただろうに。ただただ、穏やかな村の生活のドキュメンタリーです。
上映後、本橋監督のお話も聞くことができて、とてもよかった。優しい、気さくな、すてきな監督でした。ドキュメンタリーって、空気のようにその場にいて、撮るのですから、ほんとにすごいことだと思います。とっても根気のいる、すごい情熱がないと撮れないものだろうなあとしみじみ思いました。それから、春日大社の神主さんが、夜の参拝に連れていってくださり、これまた台風が去った清らかな空気の中、静かな夜の春日大社でお参りをしたのです。とっても想い出深い一日でした。

もんじゅがようやく、廃炉に・・・。どれだけ税金を無駄にしたか知ってますか?原発は、世界ではもう廃炉へと向かってます。あちこちの村や街が、日々の生活が奪われる前に、早く決断してほしいなあと願います。
[PR]
by bagel70 | 2016-09-22 20:26 | 映画 | Comments(0)

STUCK IN LOVE

d0131851_752486.jpg


連日、まじめに更新してるーー!昨日の英語レッスンででてきたSTUCKという単語!これ、夏休み観た映画、邦題「ハッピーエンドが書けるまで」なんだけど、原題は「STUCK In LOVE」なんです。そこでSTUCKを調べていたので、昨日のレッスンでピン!ときたのですが、こういう風になにかがつながると、自分の記憶にしっかりSTUCKがはまるわけです。この映画、ハッピーエンドが書けるまでという邦題は、うんうん、分かりやすい。確かに日本人には、借りようかな、観ようかなと手が伸びやすい。でも、観たあとの内容は、やっぱりまさに原題のSTUCK IN LOVEなんですよね。huluにあったので、こどもたちと観たのですが、まあ初めての経験とかそういうのも描いてあるので、ティーンエイジャーを持つ親がみるのもいいかもなーと思います。アメリカの性をさらっと会話したり、描くのは、文化だなと思うのですが、日本もやってることは同じなんだから、さらっと会話したらいいと思うんだけど。なんだか日本の性は湿度がある気がする。
たまたま観た映画だったけど、私は結構好きで、英語の勉強にもいい映画だなーと思ったので見返したい。小説家一家という知的要素も好きなのかもしれない。愛でうごけなくなるって、なんかいいなとも思う。
[PR]
by bagel70 | 2016-09-14 07:49 | 映画 | Comments(0)