ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

カテゴリ:映画( 53 )

夏時間の庭

d0131851_200197.jpg

久しぶりにフランス映画を観る。
予告で観ていて思わずうるっとなった作品。
「夏時間の庭」

「五月のミル」を思い出す、
庭で戯れるフランス人のさわやかさ。
大きな声で言うのははずかしいのですが、
ずっと若い頃からこの世界(フランスの休暇の暮らし)に憧れが・・・。
ごちゃごちゃ理屈をこね続けるフランス語の会話がまた
好きでして。

映画は思ったより、うるっとくることなく、
さらっと。ふう〜んという感じで少し肩すかしをくらった感じ。

博多にあったみんなが大好きだった祖父母の家を思い出しました。
あのときも、残したい気持ちもいっぱいだったけど、
結局人の手に・・・・。
夏休みを過ごした博多の家、思い出がいっぱいです。


びっくりしたのは、「ディア ドクター」が朝1本目から立ち見だと。
そんな話題作なのか。急に「ディア ドクター」観たくなりました。

京都まで、納品、仕入れ、買い物、そして、映画、
この4つを盛り込んだ超ハードな一日は、一人でタッタカタッタカ
昼飯抜きで駆け抜けたのでした。
[PR]
by bagel70 | 2009-07-02 20:42 | 映画 | Comments(0)

ホルテンさん

d0131851_19495157.jpg

母が遊びにくると、必ずいく映画館京都シネマへ。
今回は「ホルテンさんのはじめての冒険」ノルウェー映画です。
私は、このところ忙しくて、久しぶりの映画。
やっぱり映画はいい。(元気の素です)
この映画、なんとも間延び感が最高でして、
私はかなり楽しめました。一見、意味のない会話や出来事
動作、出会い。そのそれぞれのエピソードの断片が
たまらなく変で面白く、思い返してもかなり楽しめる映画。

こういう要素が、今の日本人には必要だよなーとしみじみ。
随所におかしいシーンが・・・。
そして、色使い、インテリアがまたツボでして。

列車好きの方にも楽しんでもらえる一本。
遅すぎることはない、という励ましの映画という評が多いなか、
私は、こういう人生の余白的な部分が 
だいすきなんだということ。

クスッとおかしいこと。それをいつも考えてます。


d0131851_20214499.jpg

[PR]
by bagel70 | 2009-05-06 20:11 | 映画 | Comments(0)

チェゲバラ

d0131851_2132260.jpg


「チェ28才の革命」を観てきました。
映画の日ということもあって、満席。
ゲバラファンだという母世代の人も多かったけど
若い人もたくさん。

闘いものの映画はあまり好きではないのですが、
こればかりは意味が違うので。

すごい人だ。
「革命」ということがどういうことなのか
人を心を動かすということがどういうことなのか。
国への愛がどういうことなのか。
ゲバラは、人間としてどこまでもかっこいい。

こどもたちがどんな映画だったの?と聞いてくるので
一生懸命伝えた。伝わったのか伝わってないのか
次の日、
息子がしょっちゅう「チェゲバラーッ」と大きな声で言うので
どんな小学生かと、ひやひやする。
[PR]
by bagel70 | 2009-02-02 21:34 | 映画 | Comments(0)

スィートスィートビレッジ

スィートスィートビレッジだあ!!とうれしくて
思わず声をだす。

京都シネマより2月のお知らせのメール便が届く。
(会員になってるとこうして、日常から
ひょいっと映画モードに呼んでくれるから、いいんです。

d0131851_1672854.jpg

知る人ぞ知るチェコスロバキアの映画
「スィートスィートビレッジ」家族でレンタルビデオで観た昔。
あまりの愉快さと心温まる話に「オチク〜」という
主人公の名前がずっと頭から離れません。

あの「スィートスィートビレッジ」が2月22日ぐらいから
京都シネマにてリバイバル上映されます。
同監督の新作「英国王 給仕人に乾杯!」も面白そうです。
いい映画は少しでもたくさんの人に観てほしい!と
思ってしまう。
「スィートスィートビレッジ」ぜひ。
寒い冬、あったかくなろう。

そういえば。こちらは熱くもえちゃいそうですが、
チェゲバラの映画も。

More
[PR]
by bagel70 | 2009-01-24 16:16 | 映画 | Comments(4)

マルタのやさしい刺繍

d0131851_20315840.jpg

この12月にこの映画に出会えて、よかった。
「マルタのやさしい刺繍」スイスの映画です。
京都市内へ用事に行くからには
これは観なくては、といつもながらの強引なスケジュール。
今日は2時から学校でお仕事です・・・。

笑って、あったまって、心地よくなって
元気が出る。映画ってほんとにいいなあ。

毎日になんだかなあと思ってる人、
誕生日がきて歳をとっていくなーと思ってる人、
なにかを我慢してる人、あきらめぎみな人、
いろんな人にぜひ、観てほしい映画。

暗いニュース、社会事情、なんだか下向きになり気味ですが、
いやいや、明るく笑っていきましょう。
夢をもって。
マルタの笑顔と強い意志、そして、ユーモアを胸に。

只今京都シネマにて上映中。
新規会員も募集中ですよ。(会員だと1000円で観れます)
地下鉄四条からすぐなので、
この辺から行くのにも1本です。
(まわしもんではありませぬ)
d0131851_2046395.jpg


観終わったら、天天有でラーメン(B1)食べて、珈琲飲んで、
電車へ。2時からは学校で、遊んだり教えたり。
高学年の問題はどぎまぎするけれど、今日はちゃんと教えられた気がする。
よかった。
[PR]
by bagel70 | 2008-12-03 20:49 | 映画 | Comments(0)

今夜、列車は走る

d0131851_21171512.jpg

戌年生まれの私が誇れるのは、ひとつ。
クンクンと鼻がきく、直感。
京都に仕事で出ないといけないときは、必ず映画をチェック。
すぐにピンときた。
これは観なくちゃいけない。
すごい映画を観れた「今夜、列車は走る」
アルゼンチン映画です。
いぶし銀。心がゆさぶられた映画でした。
淀川さんじゃないけど「映画ってほんとにいいなー」と
思わず横の人にしゃべりかけたくなる最後。
「出口のないトンネルはない」
しびれます。

つづき
[PR]
by bagel70 | 2008-09-30 21:34 | 映画

男前

d0131851_237037.jpg

引き続き、映画話で「白い馬」。
この少年が・・・・。男前で・・・。かっこよすぎです。

この破けた白いシャツがまた・・・イカス。
孤高の少年。美しい。
馬で走るシーンが美しい。

圧巻のラスト。
まだしびれてます。
[PR]
by bagel70 | 2008-08-24 23:24 | 映画 | Comments(0)

「白い馬」「赤い風船」

d0131851_21464766.jpg

なんていったらいいんでしょうか。
これは、ほんとに、観てほしいフランス映画です。

古い映画である、ということ。
この赤い風船の写真の美しさ。
それ以外なにも知らずに観たのです。

そのシンプルさに五感が慣れるまで、小さな衝撃と
ぐんぐん引込まれて、あまりに詩的な美しさに。
言葉がないのです。

観てほしい。きっと一生忘れない映画。「白い馬」「赤い風船」
「白い馬」の潔さ。「赤い風船」の素朴な視線と映画を製作した人たちの
あたたかな想い。

毎日の出来事でおこる。憂いが、小さな小さなことである気がしてくる。

京都シネマにて、8/29日までは上映されてます。それ以後は未定。
ぜひ。
遠方の方は公式サイトにて上映館が記載されてます。
[PR]
by bagel70 | 2008-08-22 22:01 | 映画 | Comments(6)

お弁当レター

d0131851_2145587.jpg

昔読んだ絵本にあった「お弁当レター」。
こどもの頃の密かな憧れ。

キャンプに旅立ったこどもたちのお弁当に
ぺたっとお弁当レターをはってやった。
バスの中で、読むかな。にやにや。

こどもたちを駅で送ったその足で電車に乗り、
映画館へ。「地上5cmの恋心」フランス・ベルギー映画。
明るく笑えるフランス映画。
途中、ちと軽すぎたかなと選んだことを少しだけ
不安になったけど、ところがどっこい。
素晴らしく よかった。人間って 奥が深い。
なんていうか、ほんとに、今、観てよかった一本。
幸せになれます。ほんとに。
映画を観るごとに引き出しになにかが入ってって、
自分を見直すいいきっかけに。

それから久しぶりに一人で買い物。
45Rでだんなに思い切ってジャケットを買ってあげた。
お昼にごはん食べた時、くたびれてたから。
服でテンションあがって上向きになったりするからね、
明日から、名古屋へ女二人旅。

家事だと全然体力なくて、すぐ弱音吐くのに。
遊びにはこんなにがんばれるのはなぜか。
これは母からのDNAにちがいない。
[PR]
by bagel70 | 2008-08-04 22:00 | 映画 | Comments(6)

サンジャックへの道

d0131851_22201842.jpg

ずっと観たいと思いながら観れなかった映画。
先日母が出発して、今頃、どうしてるかな、と思うたび、
今、この映画を観なくてどうする!とDVDで。

わくわくしながら観ていると、電話が・・・・。
スペインの母からでした。
「元気よーっ。ものすごーく景色がすばらしくて、みんなに見せてあげたいっちゃん
たのしいよーっ、みんな親切で、友達もできたよー」と元気そう。
よかった。ほっとする。足も今のところ大丈夫そうだ。
映画、サンジャックへの道。
よかったーっ。ほんとに。
久しぶりに聞くあの怒濤のフランス語。(フランス映画好きです)
やっぱ、映画は元気の源。こもってないで、観にいこーっ。

サンジャックへの道。
こんなズボラな私でも歩いてみたくなったりして。
いい旅が続きますように。
[PR]
by bagel70 | 2008-05-23 22:28 | 映画 | Comments(6)