ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

<   2017年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Interesting!

d0131851_22504021.jpg

天才、秀才がいると言われる高校で、すんごいって人いる?と息子に聞く。「うーん、・・・・自分かな」シーン、笑。冗談だとは思うが、あながち本気かもしれない。そういう人です。笑。受験期に過信は良くないと塾の先生に忠告されてたけど、確固たる自信により進路は全く揺るぎなかった。ものすごく目立って結果を出してくるタイプではないけれど、じわじわと自分の中でしっかり作戦があるように攻めていくタイプ。
一方、娘は、あっけらかんと生きる。自分の人生大好きっとよく言葉にする。19年間の自分の歩みが面白すぎるやろっと。自分大好き。フローリアンも大好きだけどねとオープンに日々を語る。この日本人離れした自己肯定感はどこから?
うちは、本当によく褒めるというか感嘆が多い。私はいつも母に「おもしろいー」と言われて育った。このおもしろいは、FUNNYではなく、INTERESTINGの方です。「洒落とうー」とも。Complimentというか、admireの言葉が多かった気がします。作品や作文、考え方や遊びなど、ずっと習ってた油絵もいつもここがいいねとか、いつも喜んでくれるツボが好きだった。ほめるって、そういうとこですよね。本気で想う感嘆の言葉。
それは、決して評価ではなく、努力やセンスやその子の力に驚いたり、おおっと思ったり。優勝したり、100点とったりするのって、簡単に褒められるけど、日常の中の発見や想いや行動を認めていく。共感していく。そのツボがハマると、自信へと繋がっていくのかもしれないなと思うのです。

日本人の自己肯定感の低さは世界でもかなり下の方です。謙遜という美徳が日本にはあるので、そのせいもあると思うのですが、自殺率も高い。なんでだろう〜なんでだろうーと考える日々です。

Compliment、まずはだんなさんを褒めてみよう。子どもたちの前でね。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-30 23:22 | こども | Comments(0)

こやに感謝。

d0131851_17514797.jpg

ねえさんが言う「こんなにミモザが大きくなって、私たちここから離れられないね」「ほんと、そうだね」「こんなところ、どこにもないよね」「私たちがおばあさんになって、杖つきながら通ってるかな」
ミモザは、こやを始めた頃に植えた細い木だった。小さな小柚子の木も。他にもいくつか植えたけど、いつのまにかなくなり、ミモザは素晴らしい木になった。季節ごとに表情を変えて、私たちを魅了します。常緑なので、落葉の多いこやにとっては、冬も嬉しい風景を見せてくれる。
d0131851_18103228.jpg

虫の多い季節は、さすがにめげる。どこか居心地のいいところに行きたいと言う気持ちがいつも湧き出るが、季節のいい時のこやはこの上なく美しい。庭でみんなでわいわいお茶したり、食べ物を囲む時間は、何にも変えがたい幸せな時間。誰も来ない時も、景色を見てるとうっとりとする時間。

一人の時は、読書をしたり、二人の時は、いろんな話をする。そうしてると、お客さんが来てくれて、また一緒に話をする。時には家族で来てくれて、庭でくつろいでくれたり。

それぞれの子どもたちが幼い頃に始めたこや。みんな大きくなり、自分の道を進みはじめて、小さな恋をしたり、いろんな愛を感じたり。そんな中、こやのことも気にかけてくれて、いつのまにか子どもたちが、見守ってくれてる感じだ。今日はどうだった?とか、この展示、いいねーとか。めっちゃかわいいっ。こやのものをこどもたちにプレゼントする機会も多い。それぞれに喜んだよーっ気に入ったよーっと話す。

生きていく上で、大切にしたいもの。きっとそう言う何かが伝わったと思う。こやに感謝。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-29 18:08 | etcetra | Comments(0)

子育て4期。

d0131851_1055729.jpg

今朝はマイナス2度なり。真冬です。寒っ。子育てのこと、聞きたいですという貴重な声をいただいたので、むふ、思うことはできるだけ書いてみます。ちょっと変わった子育てだと思うけど、19年実践した結果、なかなかいいぞと手ごたえは感じています。
子育ては4期ぐらいに分けられるかな。赤ちゃんから5歳ぐらい。6歳から10歳ぐらい。11歳から14歳ぐらい。15歳から20~22歳(大学卒業ぐらい?) なんの根拠もないけど、子どもの成長を見てきたときに大きく変わっていった時期。第1期はもう少し細かく分かれるかもだけど。
第4期真っ只中なので、4期について思うことから綴ります。この時期、子どもがあんまり親と話をしなくなったり、親の言うことを聞かなかったりと言う話を聞きます。そう言う時期だよねーとも普通に思うのですが、3期、4期はもう、十分、一人の考える人として成長してるので、子どもはおもろないなと判断したら、スルーッします。これは、自分に置き換えても同じで、人と話していて、聞きたいっとかこれは覚えておこうっとか思う人って、意外性があったり、驚くほどの寛容性があったり、可能性があったりする話ですよね。逆に、私は(世界が)ちっちゃっ!!と思った人の話はスルーッしてました。先生とか上司とか先輩とかいろんなアドバイスをくれる人。いろんな子育て話でもちっちゃっと思ったら、全く参考にしてませんでした。その代わり、本や近所のお母さんでも独自のやり方でおおおっと思った人のは自分の引き出しにストックしてました。こどもも同じで、親の話がちっちゃっと思った時点で、ふーんとなりますよね。いかにこどもの想像を超えた話をするか、腕の見せどころですね。後半はこれに尽きる。笑
私の母はご存知の方も多いですが、未だにオオオーーーっと驚かせてくれます。そうくるか!と言うことの連続。同じ映画でも見方が違い、話せるのも楽しい。結局、子どもって赤ちゃんの時から、一人の人なので、この人といたり、話したりしてると楽しい!という基本があれば、それだけでいいんだけどな、と思います。躾とか社会的ルールにしても、楽しい人との楽しい時間を壊さないようにしようということを基本的なことは伝えられていくと思うのです。なので、我が家の子育ては父性、母性とはまた違う、人として君たちが好きだ!という根本があることが大きい気がするのです。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-26 10:42 | こども | Comments(0)

WOMENS MARCHに想う

d0131851_10184389.jpg

アメリカのトランプ大統領就任よりもWomens marchの方に目がいってしまった。自由で平等の象徴と思ってたアメリカでまさかの権力によって、後退していきそうな危機感が半端ないのだろう。事実、トランプは女性の中絶政策を転換し、NGOへの助成金を廃止した。中絶した女性に罰を!とも過去に発言している。
中絶が悪いかいいかの問題ではなく、女性が産むか産まないかを選ぶ権利があるというのが当たり前の社会になったわけですが、ここにきて、まさかの後退。それも70歳のおじいさんに決められちゃうというありえない現状。NGOへの助成金を切るという選択は、世界のことを考えるアメリカではなく、アメリカ第一主義には関係のないことなんでしょう。
Womens marchはアメリカのあちこちで起こり、世界でも起こっていたし、日本もやっぱりちゃんと考えていくべきだなと思ってます。この現状を。憲法改正では、家族の枠組みを厳しくする記述が増えてるとか、自分たちのことが自分たちでなく、国から決められることが増えていく、怖いことです。

2015年カナダでジャスティン・トルドー首相が誕生した就任式で、閣僚の半分が女性であることに対しての質問にあっさりと「なぜって?2015年だからさ!」と答えた45歳の若い首相。LGBTのパレードにも自ら参加して、彼のスピーチにはいつもジーンとします。
2017年、アメリカで誕生した大統領は70歳。これまでで一番女性の閣僚が少ないそう。女性蔑視、LGBTにも批判的。誰もがなんでなんだ?と頭を抱えるけど、いろんなことの考え方の違いは広がるばかりなのかもしれない。まさに揺れ動く時代に生きている。
オランダでは、難民のLGBTの人たちに自らの権利や健康状態、身の安全に関する情報を簡単に調べることができる新しい携帯電話用アプリを配信という昨日のニュース!。政府がですよ。

寛容である社会を望みます。どんな人もそれぞれに生きやすい社会。男だから、女だからという枠組みではなく、好きだから、やる!そんな男女の関係でもありたい。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-25 11:00 | つぶやき | Comments(0)

クートラス。

d0131851_18371582.jpg

ロベールクートラス展に大山崎山荘美術館に行ってきました。良かったーーーー。好きだったーーー。美術展に行くときは、好きな画家か好きな雰囲気か、惹かれる何かか。今回は、実はクートラスについてあまり知らずに、何かに惹かれて、行きたいっと思いました。行きたいっと思ってた友人と乗り合わせてアート旅。長岡京までは1時間くらいですね。少し距離があるので何人かで行くと、楽しい道中。

クートラス、大山崎山荘美術館の雰囲気とものすごくよくあって素晴らしかった。小さなカルトにこだわった一生。生きている間はあまり認められず。大きなキャンバスに描くことを勧められながらも、小さなカルトに描くことにこだわったそんな不器用なところも魅かれる。そして、なんともユーモラスで愛おしい雰囲気の作品群にじーん。

1/31日で作品が入れ替わり、3月まで展示が続きます。後半も楽しみです。
大山崎美術館には有名な安藤忠雄の建築のモネの部屋があります。久しぶりにモネの部屋も行きましたが、あれ?こんな感じだったけなと思いました。勝手にパリのオランジェリー美術館でみたモネの印象を重ねていて。モネのプロフィル見ると、わあーエリートだなーと思いました。クートラスの苦労したプロフィールを見ていたから。

大山崎の近くをぶらぶらして見つけたお好み焼きやさんがものすごく美味しくて。みんなでニヤニヤしてしまいました。ジャズが流れていて、こだわり、かつシンプルなお好み焼き。あそこは良かったー。そのあと、ふらりと友人の思い出のカフェにも行ったりして、ぶらり旅は楽しいなあー。いろいろ調べたりしないで、その時の勘と鼻を効かせるの、楽しいよねえ。
My husbandも旅先とか、小さな街で、美味しい一店を見つけ出す能力に長けた人で、若い頃から旅に行くとしばらくうーろうろして地元の人しか行かないような暖簾の店に突入。大抵、ものすごく美味しいお店で、そういうとこ好きだなあーと思ったものです。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-23 18:58 | おでかけ | Comments(0)

1月観た映画。

d0131851_19422324.jpg

映画を観るのは、小さいころから大好き。映画好きの家に育ったので、小さい頃から12人の怒れる男たちとか、素晴らしき哉人生とか、生きるべきか死ぬべきかとか、古い映画もたくさん観てきました。今は、だんなもかなりの映画好きで東京でかなりの数を観ていて、映画の話は二人でよくします。huluに入ってるので、時間があれば、映画や海外ドラマが観れるのです。映画ってほんとに人生のさまざななこと学べたり、感じたり、この上なく素晴らしいもんだなあと思います。写真はワンチャンスより、これもいい映画でした。

1月にhuluにて見た映画の記録、
d0131851_1951216.jpg

ワンチャンス。
イギリスウェールズに住むオペラを歌うことがの大好きな冴えない男の子の話。あまりの冴えなさに引き込まれ、支えるキャメロンのいい子加減にグッときたいい映画。息子も横で見て、よかったーーーと最後呟いてた。笑 心のきれいな子は心のきれいな子と出会う法則。

d0131851_19561723.jpg

バーレスク。
田舎から出てきた子がショービジネスでメキメキ成長していく話。個人的にバーテンダーの男の子がタイプだったので、釘付けでしたね。最後のクッキーの箱で大事なとこを隠すシーンはなかなかよかった。ストーリーは、シンプルなサクセスストーリーだけど、小さなファミリア感が良かった。


d0131851_21472050.jpg

サンシャイン歌声が響く街。
これ映画館でみたなあ。ふつーにいいねというミュージカル映画。スコットランド訛りと地方感が魅力かなあ。

d0131851_2150395.jpg

ジャックリチャード。
自分では絶対に選ばない映画。だんながチョイスしてたので観ました。トムクルーズ!ドンドンパチパチ。キュキューーッとアクション全快映画。こういう系の映画は、見事に何にも残らないんだけど、トムクルーズはなんかすごいなっと。スカッともしないし、なんともいえないけど、勧善懲悪な感じ。そういう意味ではスカッとするのかな。アメリカって勧善懲悪もん好きだけど、完全悪役なトランプが大統領になったり、不思議すぎるなあ。

今年はいろいろ記録していこうと思ってます。何観たかなーと振り返りたいので。とりあえず、1月に家で観た映画。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-22 21:57 | 映画 | Comments(0)

大寒。

d0131851_703339.jpg

寒い日が続きます。大寒ですもんね。”だいかん”、なんですね。”たいかん”だと思ってました。笑。すぐに漢字が出てこないはずだ。久しぶりのこやです。新しいモノや雰囲気も少し変えて、山とこやの流れもまだ残しつつ。今日もいっぱい笑いました。こやの笑い袋nちゃんと。いつ会っても笑わせてくれるすごい人だ。
新しくpeopletreeのオーガニックチョコやドライマンゴー、チョコスティックなどが入ってきました。ちょっとしたお礼やカバンの中に入れとくお菓子にいいですよ。パッケージかわいいし、オーガニックだし、買う支えるコンセプト(フェアトレード)もある。

それから、靴下やハンカチ、スリッパなど、チョコチョコ、かわいいです。

d0131851_7285924.jpg

アリサト工房さんのネックウォーマーもとても人気なので、まだまだ寒い冬、少しお願いしました。あっ、欲しかったの!!という方、ぜひ。これは肩が凝らずに首をHOLDできるのでいいですよー。アルパカが入って、柔らかい感じです。

こどもたちが幼稚園や小学校で始めたこのこや。気づいたら、子どもたち、高校を卒業してそれぞれの進路へと向かいつつあることにびっくりします。こやに来るたびに、その時の育児の話をいっぱいしてきたので、かけがえのない時間だったなと思います。みんなその子らしい選択をして。受験生は選択、決断のシーズン。きっとご縁があるところへ自然と惹かれていくんだろうなあと思います。 とはいえ、なかなか大変な選択、決断ですよね。親子とも。基本、その子が決めていくんだろうけど。そんな季節。

d0131851_743232.jpg

あっ、アトリエエトセトラから車で5分くらいのところにある美味しいパン屋さんsadacoroさんのぜんざい、今日までですよ。これを食べなきゃ、新年始まらないってほど、美味しいです。プチプチのお餅がね。
よかったら。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-21 07:44 | etcetra | Comments(0)

20日よりOPEN.

d0131851_22535690.jpg

明日より、こや、金、土OPENです。長い冬休みでしたね、そうかもしれません。デザインの方は4日から仕事始めしてたので、普通にお仕事、忙しかったのですが、こやは、今週からはじまります。わくわく。先週は、こやのみんなと秋、冬にこやと関わってくれた方々と打ち上げがてらの新年会。久しぶりにまた大笑いしました。やっぱりいいですね。また、こやでのんびり、私たち、待ってますので、どうぞ遊びにいらしてください。

1月のこやは、山とこやの余韻を残しつつ、、、チョコが登場したりしますよ。そして、一部SALEびっくりコーナーもあるので、のぞいて見てください。

2017年の小さなこや、どんな話が繰り広げられるのでしょう。子育て話、夫婦話、愛の話、山の話、映画の話、美容の話(詳しくないけど)。楽しみです。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-19 23:07 | etcetra | Comments(2)

この世界の片隅に

d0131851_23534092.jpg

あちこちで感嘆の声が上がってる『この世界の片隅に』観てきました。夜の回、8時20分より。
ああ、これは、すごい映画でした。東京でかなりの数の映画観まくってる旦那の2016年No1だったので、どんなんかな!と思ってたのですが、なるほど。これは素晴らしい。最初のコトリンゴの悲しくての音楽が流れてくるところでで私としては、センス良すぎと思ってしまった。原作が素晴らしいのでしょうが、監督のセンスもすごいんだろうと、そして、のんが本当にすごい。あちこちが琴線にふれて、えらいことに。。。。
ぜひたくさんの方に観てほしいなあーってすでにいっぱい観てるんだろうけど。笑
何がいいって描き方がいいです。あちこちでレビューを見るのでもういいかという感じかもしれないけど、記録のために書いておこう。この世界の片隅で、は愛の映画です。深い、深い、愛の映画でした。いつの時代もどんなところにも愛が存在してる。かけがえのないもの。どんな状況でも人を救うのはやっぱり愛だなあと。そして、笑いだなと思います。
そして、私は日常を脅かすものこそほんとに恐ろしく戦争をものすごくリアルに感じる作品だと思いました。そんな中、忘れられない場面がいくつもあります。娘と語り、わかるっと共有できるのが嬉しい。
観た方、また話しましょうね。ジーン。2016年一本目。ブラボーーーーーー!!!!
高の原イオン20日まで、行くべきです。

「みかんの丘」もオススメです。2月に京都シネマにて上映。こちらも静かなる戦争の映画です。

d0131851_028541.jpg

[PR]
by bagel70 | 2017-01-17 00:28 | 映画 | Comments(0)

雪の中歩く

d0131851_1756476.jpg

雪でした。この辺はうっすらとした積もらず、雪降る中、カフェ勉しにスタバへ。カフェだと集中してできたりしますよね、仕事とか勉強とか。子どもたち、大好きなカフェ勉。みんなmac持って、やるべきこと持って歩いて近くのスタバまで。数時間、集中して私も一仕事終わらせ、あまりの寒さに撤収。寒いと集中できるけど、手が冷たすぎるっ。お互い英語質問しあったり、日本語質問してたり、いい勉強相手だ。息子の高校は1年からすでに論文の書き方とか研究の基礎的なことを教えてくれるので、これはすごいなと思います。受験以外のことにも力を注ぐ、それは自分たちが本当に何を学びたいかを明らかにしていくのが大事だからという学校の姿勢がいいなあーと痺れます。「高みを目指す」。全てがハードですが、脳みそをフルに活用するのもいいことだ。(たまにホグしてあげたくなるけど)一年生で広報委員をしてよかったなーとつくづく思います。何度も市内に夕方車を走らせるのは大変だけど、学校のことをよーく知れてお母さんたちとの出会いも面白い。大変なことほど得るものも大きい。もうすぐ一年間のお仕事が終わる、今日は校長先生のインタビューをまとめたりした。いい言葉がいっぱいで唸る。
今日はセンター試験。雪の中で大変だっただろうな。みんなホッとしてる頃かなあ。自己採点の張り詰めた空気。あと2年後は、鉛筆握ってる息子。そのとき、娘はドイツか。ああ、後半の成長速度が速すぎる。もう少しゆっくりでも全然いいんだけどね。
おいてかれる感半端ない。
[PR]
by bagel70 | 2017-01-15 18:25 | こども | Comments(2)