ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

プリンセス。

d0131851_22493430.jpg
やらねばならないことが、頭にいくつかいつもある。考えなきゃいけないことや、進めなきゃいけないことがto do listに書いてある。それを消すことが快感であり、達成感でもあるけれど。to doに追われないようにしたいとも思う。子どもたちが成長して随分自分の時間も増えて、英語の勉強の時間や読書の時間、友人と気ままに遊ぶ時間も取れるようになってきた。同時に常備菜づくりにもはまり、冷蔵庫にタッパのストックがないとああ何か作らねばとどこかで思っている。ねばに振り回されたくないと思いながら、それは、ネバではなく作りたい!have to ではなく want to. できるだけwant toのことだけをして行きたいーと心の中で思っている。でもそんな人生甘くないからhave toもしなくちゃだよね。

d0131851_22593376.jpg
昨日は、娘の彼からサプライズプレゼントが届いて、嬉しくて泣いてる娘を見たり、彼のメッセージを見て私もびっくりした。ドイツで買ってくれたリップをなくした話をしていたので、いくつかのリップを買ってくれてたり、ドイツ語の本とかと一緒になんと手作りのティアラが!なんでも手作りできる器用なフロですが、このところ体調が悪かったり、やるべきことに追われて疲れていた様子を心配してのサプライズプレゼントでした。毎日(ドイツでの)プリンセスでいれるようにって。涙。ドイツではいろんなプレッシャーから解放され、愛だけに満ち足りたプリンセスライフだったわけです。クゥーーーーーッ。My husbandもなかなかのロマンチストですが、フロはもう伝説の男やなっとダンナ。Lovely好き、変人好きの我が家のツボをピンポイントで推してきて、愛に包まれてる笑顔を見ると、ああまた映画一本見たようなホワンとした気持ちになるのです。
グレーの毛糸で編んであり、針金で形作られて、可愛いビーズがあしらわれてる。デザインもかわいいー。この二人、こういうサプライズプレゼントをこれまでにも色々お互いし合ってて、それがとっても可愛すぎるのです。フーッ。

このティアラを見て、プリンセスプリンプリンやーっというダンナに、ほんまや!と喜ぶ私。今日、友だちに話すと若すぎてプリンプリンを全く知らない人たちがいた衝撃。そういやあ、ああいう人形劇ってあの頃だけだったのかなー。プリンセスプリンプリン。
ボンボン、結構タイプだった。


[PR]
# by bagel70 | 2017-04-25 23:18 | つぶやき | Comments(0)

酵素風呂 Enzyme bath


d0131851_19243646.jpg
先日久しぶりに酵素風呂に行きました。娘は初。花粉症がひどそうなので、しょうがなく(笑)病院に行くと、抗生物質といくつかの薬が処方される。薬ねえ、できるだけ飲ませたくないのですが、講義中もかなりしんどいらしく、英語劇の発表会も控えてたので、仕方なく。ドクターはいい方でちょっと心配してたことも聞けてよかったですが、薬だけでどうなんだ?という感じがして、よし、酵素風呂にまず行こっと。いろいろデトックスをしとくのにいいころ。私も行きたいし!と。自己治癒力をあげなきゃね!と。
これまで何度かhusbandと行ったり、一人で行ったりしてたのですが、奈良イオンハウス久しぶり〜。レトロ感が最高なのです。体型見て、ブラトップとかおばちゃんが選んでくれます。笑 キャップとブラトップと短パンになるのですが、これが笑えるので、娘は喜んでました。笑い大好きですから。その格好をドイツのフロに送って、爆笑GET!のはずが思わぬ、かわいーっとか言われてたけど。
ホックホクのおがくずの中に入ってしばらく寝るのですが、暑がりの娘がすぐGive upするかと思いきや意外に気持ちいいーっみたいで。レトロ感も含め、とっても気に入ってました。身体があったまって、すっきりしたそうで。講義中出てた止まらない咳が出なくなったそうです。
心と体の大掃除と入り口に書いてある奈良イオンセンター。まさに、心にもいいんだろうねえ。疲れた人には本当にオススメ。いいことづくし。若い人は珍しいと言われるけど、若い子も疲れをためずに冷えてる子も多そうだから、早めにすっきりさせとくといいよねえ。

英語ではEnzyme bathというらしく。ドイツのフロはさすがナチュラリスト。筋金入りの健康志向だから、ものすごい食いついて、日本にきたら体験したいっと言ってました。男女一緒なんやろっと。温泉は嫌らしいけど、酵素風呂は体験したいらしい。そのうち海外の人も増えるかもねえ。


[PR]
# by bagel70 | 2017-04-24 19:47 | からだ | Comments(0)

OPEN TALK

d0131851_17165880.jpg

今週は、いろんな友と話した週でした。久しぶりの友人、飲んで遊んで歌ってはじけられる友人。年頃の海外すきの娘をもつ友人。それぞれにおもしろい。TALKが全く違うのもおもしろい。

飲んで歌って踊るという遊びを久しぶりにやったのですが、いやあ、楽しかった。人はCrazyになることが大切だよなーと改めて思い、翌朝は子どもたちに、人間たまにCrazyになるのは大事だよねと話す。なので、息子が友達と6時間カラオケで歌ったとか聞くと、Gooood!と思う。娘は一緒にCrazyになれるフロが近くにいないから調子が悪いんやと話す。Crazy(アホ)になれる関係はいいよね。

昔から、あちこちである地域の祭りはアホになることが大切だということなんだろうなと思う。いろんな不思議な祭りがあるけど、アホになることで人間バランスを取るんだろうなと思う。上手にぬくこと(力を)。

娘とセクシャルトークも普通にするんですが、これは娘も友達にびっくりされるらしく、お母さんと話したいっという声があるそう。笑。いいよ!いいよ。話そう!!どんなこと聞かれるんだろうー。
初めは恥ずかしいかもしれないけど、セクシャルなことはごく自然なことなので、ね。大人世代がもっとOPENに!さらっと話したらいいのになと。隠微な雰囲気が苦手。ひた隠しにする風潮がなんか歪んだことに繋がってる気がする。我が家は、OPEN TALK!!
[PR]
# by bagel70 | 2017-04-22 17:39 | つぶやき | Comments(0)

エネルギーチャージ。

d0131851_17304283.jpg

我が家の裏山の山桜が今とてもきれいです。リビングから見えるので、この上なく幸せ。庭の姫林檎の花も咲いて、スモークツリーが芽ぶきはじめました。その昔、マンションをリノベーションして住もうかと探していたのですが、母ができれば長く住むなら、土のあるところに住んでほしいと言った一言で、最後にハンコをつくだけだったマンションをやめたことを思い出します。それからしばらくして、この土地と出会うことになるのですが、人生はちょっとしたことでものすごく変わるもんだと、不思議に思います。おばあさんのように振り返れば、京都の南に引っ越してきて、公園で出会ったお母さんに、助産所を教えてもらい、そこで産めたこと。裏山があるこの土地でローコストハウスだけど、家を建てて子どもたちを育てられたこと。近くの幼稚園が合わなくて、モンテッソーリの幼稚園に変え、母子で通ったこと。そこで一緒にBAGELをするYちゃんに出会ったこと。ラボを教えてくれたMさんに出会ったこと。流れに身を任せてきたことだけど、そこには毎回decisionがあって、それは直感だけどこっちの方が自分に合いそうだぞ!という感覚だった。親の小さな決断が子育てには大きく関わってくる。きっと全てはいい方向に向かうので、自分が気持ちがいいなと思う方へ体や気持ちをなびかせるといいと思う。日本のいろんな当たり前やしがらみや、見栄などは気にせず、親子が気持ちよくいれることがベストだと思う。

この裏山で子どもたちはいっぱい遊んだなあ。息子はラボぐらいしかお稽古事をしてなかったので、ほんとに毎日よく遊んでた。高学年になるとみんな塾で忙しく、学校の校庭でいろんな学年の子とサッカーを日暮れまで毎日。その話をすると、息子は、自分が今、これだけ勉強を頑張れるのは、小さいころいっぱい遊んで、寝たからだよ!と。今もよく寝てるけど、早朝起きて、勉強してたり自分のペースで集中する。

小さい頃、体を思いっきり使って遊ぶ時間の大切さ。暇だなーと思い、自分で遊びを考え出す思考力。毎日の季節の変化や不思議に気づく時間。それを親や兄弟、友達と共有する時間。無駄な時間こそが、後々のパワーとなって蓄積されることを実感している。

裏山を眺めながら、時間に追われず、いっぱい遊べる子ども時代を過ごしてほしいなーと思う。親は焦らず、そのパワーを信じて、お日様の力、自然の力を受けて、たくさんのエネルギーチャージを子どもたちに。あとあと、それが、自立への力となり、手がかからない子育ての鍵になる気がする。
[PR]
# by bagel70 | 2017-04-18 18:00 | こども | Comments(0)

Captain Fantastic.はじまりへの旅。

d0131851_1119368.jpg

Captain Fantastic.先日、母と観ました。母が来たら、なんとなく映画や美術展はマストな感じになってる。笑。はじまりへの旅、デザイン事務所時代の先輩がインスタでオススメしてたので気になって見ました。フフ。面白かったですよ。大絶賛ではないけど。ふらっと見たり、DVDで見るのにはいいかも。
極左なおとーさんに翻弄される家族なのですが、現代社会を捨てて、森で家族で暮らし、子どもたちはホームスクール。そのホームティーチングぶりがすごい。ラボでアメリカにホームステイすると、かなり田舎に行くので、わりとホームスクールしてる家庭にステイすることがあるのです。多分息子のホームステイしたコロラドのお家もホームティーチングだったそうな。私がインスタでフォローしてる方もホームスクール。いやあ、親がここまで教育に情熱注げるってすごいと思います。この映画は思想とか暮らしとか極端かもしれないけど。チョモスキーに傾倒してる監督だそうで、母はチョモスキー!って反応してたけど、私は初耳で、そのあとFBで偶然チョモスキーの記事を見つけたので、そういうリンクって面白いなと思います。チョモスキー:アメリカの言論学者、哲学者。 チェック
確かに、おとーさんの指摘する現代社会の問題点にも頷きながら。ムムムム。最後は、バランスをとっていくんだけど。

ふと、息子の高校の海外研修の冊子を見ていたら、校長先生の言葉に魅了される。校長先生が本当に魅力的で校長先生の言葉にグッと来て、H高校を目指したという話もよく聞くのですが、海外研修という修学旅行の子供達が決めたテーマが「自己変革」、そこへ寄せる文でグローバリズムについて書かれてあるのですが、今の社会の変化と交渉、コミュニケーション力の大切さ。さらになんとフィデル・カストロが革命を遂行するための交渉をチェゲバラに託した際の、ゲバラの「交渉と説得にかける長い時間と忍耐だけが非妥協的な信頼を生む」という言葉を紹介してたり、10日間の海外研修に求めるものがとても壮大なのに驚くとともに、ああこういう大きな懐をもった高校で学ぶことができて、すごいなーと。息子がマレーシアで自己変革できてたのかは分からないけど、そういうことを意識して過ごすことは大事だなーと。そういう仲間と過ごす時間こそが実りだなーと。


d0131851_1150040.jpg

映画の話に戻ると、長男役のジョージ・マッケイがうまいんだけど、サンシャイン 歌声が響く街 にも出てて、うまいっ。子供達がどの子もよかった。ただ、ララランドと同じく、ツッコミどころが色々と。その詰めの甘い感じが最近の感じなのかなあー。冷静な大人になってしまった私。
[PR]
# by bagel70 | 2017-04-17 12:00 | 映画 | Comments(0)