ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

宇宙と自分

d0131851_21525611.jpg
切除で1週間で帰れるかなーと勝手に私たちは思い込んでいた。手術の後、先生から縫合手術になりましたと聞いた時は落胆の色は隠せなかった。でも、足にとっては、縫合手術で半月板が残った方がいいに決まってるし、先生の腕あっての手術。まだ若いし、綺麗な半月板だったので縫合しましたと。半月板が残ればまたスポーツもできる。しかし、縫合=入院=復帰が半年先になるわけで。キャプテンとして頑張ってきた息子にとっては、残された部活の日々、ほとんど絶望的となる。親の私たちは長い人生を思えば、ありがたいとも思えるのですが、本人は何のために手術にしたんだとショックと痛みとで悲しみ。あの晩のことはおそらく人生の中でずっと思い出す数時間だと思う。涙をふくしかできない私。
怪我をしてから10日間、何がいいのか、手術がいいのか、手術しかないのか、どこがいいのか、なかなかハードな日々でした。これまで大きな病気も怪我もなくきたので、親としてまだまだ学ぶことはあるなあと思います。
入院は1ヶ月ぐらい、もしかしたらもう少し早くできるかもと今日、本人から聞く。忙しい日々を過ごしてきた彼にとって体を休めるいい機会とも思えるし、心の中はどれだけ悔しいだろうと思ったり。毎日会いに行きますが、日々、私の気持ちもグルグルしています。長丁場となれば、できるだけ快適にしてあげようと思うので、wifiを頼んだり、珈琲淹れてあげたり(昨日まで部屋に一人だったので)殺風景な病室を何となく我が家風にコソコソしてみたり。wifiあったら私もそこで仕事できたりするので、一緒に過ごしたり。
昨日はラボの友と先生夫婦が顔を見にきてくださり、私には見せない表情を見せてほっとしました。yoshiが持ってきた本「宇宙は無数にあるのか」。手術後の痛みに耐えながら、3時間水も飲めずただ時間が経つのを待つ苦しい時、この本を片手で読んでいた。次の日も読み続け、昨日、来客に話していた言葉「手術後に読んだ本が宇宙の本だったから、僕の1ヶ月なんて、小さな取るに足らないことだと感じたと」。ああ、いろんな苦境は人を成長させるなあと思いました。まだしばらく支える日々は続きます。おら、できる限り、支えるだ。


[PR]
# by bagel70 | 2018-01-23 22:20 | こども | Comments(0)

はじまりました!

d0131851_10341187.jpg
暖かな冬日が差し込むいいお天気。こやと財布と坂田典子てん。はじまりました。初日から待ってましたと皆さん見に来てくださり、ありがとうございました。いつも長いお休みの後は、不安な中のOPENですが、ああ、来てくださってよかったとホットしました。
坂田さんのバッグやお財布がぎゅっと小さなこやに並びました。どうぞ、見にいらしてください。じっくりじっくり手に取って見ていただけます。バッグも外で持った感じを見てもらえるので、お出かけしたら、こんな感じかなーとイメージしながら、お気に入りを探すのは楽しいですね。

d0131851_10370668.jpg
私はこのお財布バッグが欲しくて、オーダーしよっと決めているのですが、この小さなお財布バッグと荷物はどうしてもPC入れたり、大きくなるので、小さいのと大きいの使いで行きたいなーとホワホワホワと想像してます。
こちらのお財布バッグは、お色が5種類から選べます。スマホも入る大きさなのが嬉しい。そして、シュッとしてるけど、ブランド品のようなどうだ感がなくて、その辺が坂田さんの人柄とか、ホワワンとした良さと質の高さを感じます。

d0131851_10394236.jpg
今日も坂田さんがこやに居てくださいます。私が息子の手術後の入院の付き添いで、今日はお休みします。初めての経験、初めての痛み、大きくなったけど、やっぱりずっと支えてあげたいなあと思います。そんな気持ちの付き添い。

暖かな日のこやは気持ちよくて、昨日はたくさんの人に会えて、笑えて励まされました。ありがとうー。


[PR]
# by bagel70 | 2018-01-20 10:41 | etcetra | Comments(0)

明日!

d0131851_22330387.jpg
明日からはじまります!こや!今週は暖かいそうで、ほっとしてます・・・。寒いのは年々、堪えるので。とはいえ、一番寒い季節に突入ですよね。我が家にはチューリップが!花があるとやっぱり気持ちが上を向きます。不思議な力です。ブログで心配していたら、案の定、息子の足がサッカー中パキンッと曲がらなくなり、緊急事態の数日でした。松葉杖で病院にあちこち行き、鍼にもお世話になり、私はできれば鍼で治したかったのですが、膝の程度が割とキツイ状態だったようで、手術が即決まりました。いやあ、なかなか大変でした。そこにたどり着くまで。この何が一番いいのかを考えたり、どの先生がいいのかとか、セカンドオピニオンとか。息子は最後の試合に間に合うのかとか、学校はどうなるのかとか、いろんな方向の心配事と、決断と。最後は本人が決断しましたが。怪我をすると、高校までの距離がまた問題で遠いと大変。一日は私も保険の手続きやら先生に話やらで車で送っていき、京都市内でその間に用事を済ませ、京都シネマでちゃっかり映画も観て(この時間がとても大事)、心を潤し、また迎えて奈良まで走るのです。親ってね、手が離れたと思っても永遠に親なので、こういうときはがっつりお付き人になりますね。そして、今日から入院で、明日、手術。手術は我が家にとっても初めての経験だし、なんだか落ち着かないのですが、一方ではまあこの状況を体を休めたり、ものすごい勢いで進む高校生の生活をシフトダウンするいい機会だと思ってます。1週間以上休むので勉強も大変ですが、本人が各教科の先生に挨拶し何をどう進めるべきか聞いていたそうなので、担任の先生もさすがーっと話してました。誰に似たのか詰めがしっかりしている我が息子。高校の先生ともどんな経験も経験値が上がると思って乗り越えようと話していたそうです。高校の先生がまた若くて、いい感じの先生が多い。ありがたや。今日の入院先でも看護婦さんと気さくに話すので、誰とでも気さくに楽しそうに関係が作れたりする面が見れたり、どんな苦境も12歳でアメリカに初めて行ったホームステイの大変さに比べたら、なんでもないと思えるメンタリティ。すごいっす。

明日から始まるこやと財布と坂田典子てん。いろんなお財布やバッグがこやにぎゅっと集まり、オーダー会となりますので、どうぞ、遊びにいらしてください。私は午前で失礼しますが、のりちゃんとなおちゃんがこやでお待ちしてます。




[PR]
# by bagel70 | 2018-01-18 22:57 | こども | Comments(0)

里親シンポジウム。

d0131851_19590427.jpg
里親啓発のシンポジウムのチラシを作成しました。里親ってどんなんかな?とみんなに少しでも興味を持ってもらえると嬉しいなあとデザインを依頼してくださいました。私は以前にドイツでゲイのカップルが里親として子どもたちを迎え、ほんとに幸せな毎日を過ごしているドキュメンタリーを見たことがあり、その時に家族にはいろんな形があっていいなあと思ったのでした。血が繋がっていても不幸な子どもたちがたくさんいて、血が繋がってなくても、こんな風に愛に溢れた家庭がある。家庭ってなんだろうな、と思ったのです。愛ってなんだろうなとも。血縁というけど、実はあんまり関係なくて、愛あるところに愛は宿る。
日本にも里親活動をされてる方が全国にたくさんいらして、奈良の奈良里親会の方々がシンボジウムを開かれます。高の原近くの北部会館で!どうぞ、興味のある方、ぜひ足を運んでみてください。

d0131851_19594831.jpg



[PR]
# by bagel70 | 2018-01-14 22:06 | デザイン | Comments(0)

OnとOff


d0131851_08183806.jpg
新年、順調に仕事をこなしている・・・・。やっぱり休みは大事だ。脳がリフレッシュー。ドイツ人は2週間以上休みを取らないと本当に休まらないといい、日本人は2週間も休んだら仕事に戻れないという。2週間以上の理由は1週間目はまだ仕事のことが頭に残って本当に休めないらしい。2週間目を過ぎた頃から仕事を忘れられるそう。ちゃんとしたonとoffを日本人はできてないんだろうなと思う。高校生をみていても、なんと忙しいことか。オフがあったとしても1日のoffで満足してる。部活と勉強とそんなに忙しくて、隙間時間にyoutubeでお笑い見て電車の中では本読んで。若いうちはそんな感じよとも思うけど、ほんとに休めてないんだろうなと思う。日本の仕事効率がひどく悪いのも結局はちゃんと休めてないから、効率が悪いんだろうけど。効率が悪いことにも気づいてないから、延々と繰り返されるそのループ。
朝の息子との会話で、友達家族がカンボジアに冬休みに旅行したそう。素晴らしかったらしいアンコールワットーと話す。最近、カンボジアを勧める若者に何人かあったので、おおーっと朝から異国へ想いが飛ぶ。あの進学校の冬休みにカンボジアに行くその家族の勇気に尊敬の気持ちでいっぱいになる。(だって12月ギリギリまで学校あったし、すごい課題の量だし)我が息子は、部活のキャプテンで普段の練習すら休むことはできない(自分の中で)これは彼の性分ですが。高校生なったらバックパックで旅とかしたいなと話してたんだけど、部活と勉強の日々ではなかなかそんな時間はなく。部活というのはなんなのかとかんがえると、日本のもしかしたら諸悪の根源的な気にもなる。いや、もちろん感動やスポーツの素晴らしさやリーダーシップや体を動かす楽しさ、仲間との友情・・・・十分にそれは分かってはいるんだけど。十代の貴重な時間をほとんどが部活に費やされるという弊害についてはほとんど考えられないままきてる気がする。それはどんどん低年齢化されてきて、頑張ってる子どもの姿を見ると、親はとりあえず嬉しくなるのがまた困ったことで。(実際私もそうだったし、活躍してたりしたら、きゃーっと舞い上がる)実は、部活が猛烈サラリーマン養成所になってたりしてと、ふと考えたり。本人は楽しい楽しい部活なんだけど。これがまたねえ。部活シンドローム。学校の先生も無給で指導してくれてるってのも、もうほんとにそれには驚くばかりで、どんんだけ奉仕の精神凄いんだーっと感心してしまう。これが先生の職業ブラック常態化の原因ということでようや改善の方向で少しずつ動いてきてるようだけど、一体それまでに何十年かかってるんだろうー。
ただ部活は無料でできるスポーツ。学校から離していくと、きっとお金が動き出し、また格差が出てしまうのかもなあー。

[PR]
# by bagel70 | 2018-01-12 09:29 | つぶやき | Comments(0)