ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

自由なお茶碗。

d0131851_21500268.jpg
玄米食堂すみれさんへの出張。ごはんっぽいのがあるといいなあと思っていた所に、願い叶う。以前、ご縁があり我が家に来た古川桜さんのお茶碗。とても使いやすくて、素敵で丈夫。すみれさんにお茶碗と小皿をお持ちできることになりました。わーい。
桜さんの自由な線や色、雰囲気がとてもすきです。新米が美味しそうなお茶碗。
お楽しみにー!!

d0131851_21414970.jpg
かわいいなあー、すぐにでも自分で使いたくなる衝動を抑えて、持っていきます。
他にも少しずつ、ご紹介して行こーっと。

ドイツライフの娘たちの話でも最後に、ごはんすきのフロちゃん、朝5時くらいに起きて、ごはん食べてお弁当持って会社に行き、3時くらいには仕事を終えて、それからの時間を楽しむというライフスタイルをずっと続けてるんだけど。(仕事以外の時間を大切にするドイツ人らしい働き方だよねー)今回、炊飯器を買い、朝のお弁当作りや、娘のご飯づくりがものすご〜く楽になったそうです。炊飯器は、私からプレゼント。生活全部、お世話になってるようなので、せめてものね。



[PR]
# by bagel70 | 2017-09-05 23:07 | etcetra | Comments(0)

すみれSeptember

d0131851_19400048.jpg
嬉しいことに、9月に入った途端、風が変わり空気も変わった。日本人は季節の変化にとても敏感だと思う。小さな秋の訪れはみんなをほっとさせて、またしばらくは繰りかえす残暑にうんざりする。
今日から2学期が始まる学校も多い、元気に学校に行ける子もいれば、なんとなくブルーになる子もいるだろう。私は学校がそんなに嬉しくもなくあのルーティンがまた始まるのかーと思いつつ、登校するとああ友だちと過ごすのもいいよねと割と呑気なタイプだった。宿題あれこれ抱えて、久しぶりの学校。

さて、9月、いよいよ冬眠ならず夏眠してましたが、9月14,15,16日の出張エトセトラ in玄米食堂すみれさんにて始まります。ス、ミ、レ!セプテンバーラーブ口ずさめる人は同世代ですね。玄米食堂すみれさん、藤井寺の道明寺の真ん前にあります。エトセトラからは少し距離ありますが、どうぞ大阪方面のかた、遊びに来てくださいね。エトセトラのあれこれ、持っていきます!!すみれさんでは、美味しい定食、ケーキなどもあるので、ゆっくりお楽しみください。

アトリエエトセトラは、9月の最終週より、OPEN。その頃には、きっと涼しくなってるでしょう!!少し先になりますが、どうぞ、皆さん、よろしくお願いします。
すみれセプテンバーについては、少しずつご紹介していきます。



[PR]
# by bagel70 | 2017-09-01 19:51 | etcetra | Comments(0)

The street cat named Bob

d0131851_21182186.jpg
久しぶりにhusbandと映画を「ボブと呼ばれた猫」。先週はものすごく真面目に仕事をしてたので、目がシバシバして土日はPC見たくないって感じでした。イザベルユペールのELLEと迷いながら、よく知らないけど、猫の画像が送られてきてこれみよっと言われたので、テトみたいーっとワクワクして出かけました。Movixのせいか猫映画のせいか客層がとても不思議な感じで、面白い。(京都シネマとは全然違う感じ)文化祭練習が早く終わったという息子も合流して、親子3人で猫映画を並んでみました。笑。この映画、猫かわいい〜っていうほんわか映画じゃありません。ドラッグ依存症のホームレスがヨレヨレしながらも、なんとか猫を支えに変わっていくという実話でした。所々、猫目線の映像になるとことかは、猫飼ってる人にはフフフフとなりますよね。あと仕草ねー、ボブの。これこれ!みたいな。ストーリーはいたってシビアで、それでいてハートフルでもあります。退屈させない主人公のアップダウンぶりと、ボブの視線や仕草にクゥーッとなりながら。あっという間でした。私はうるっと涙も。
d0131851_21303377.jpeg
映画は見終わったあと、いろいろ話すのも楽しい時間。テトはこのボブみたいに息子の肩によく乗るので、その話になったり。麻薬中毒からの脱出って壮絶なんだね、とか。動物に支えられるってのはわかるよねーと3匹に囲まれてる我が家なので、ウンウンと。
d0131851_21331174.jpeg
ボブ。か、かわいい。歌ってる時、じっとしててすごい。テトは外に連れてくと、匍匐前進するので、無理やなーとか。ちなみに、原書を買いました。イギリスから送られてくるみたい(中古)。勉強しよう。

夏休みよくこども向けにある猫映画より、ずっといい。何しろ実話だからね。




[PR]
# by bagel70 | 2017-08-28 21:35 | 映画 | Comments(0)

テオヤンセン展

d0131851_09084987.jpg
旅の二日目はビューンと三重県立美術館、THEO JANSEN展へ。息子にビラ見せたら、行きたいっと珍しく言うのでフフフと嬉しくなり家族で。三重県立美術館はベンシャーン展とかいい展示しますよね。学芸員さんの力ですね、きっと。雰囲気も好きです。少し遠いけど、海も見れるしいいね!なんせ忙しい高校生なので貴重な時間はぎゅっと使わねば。テオヤンセンはオランダ人で学生時代、物理を学び、小さな人工生命体をコンピューターの中で見つけ、現実社会に登場させるにはどうしたらいいか試行錯誤、プラスチックチューブと出会いそこからすごいクリエイトが始まる。プラスティックチューブを細胞と捉え、人工生命体を次々に生み出していく。その過程とか、歴史とか、思想とか、構造とか、壮大で、とにかく圧巻なのです。この言葉にできない、ただただ変人の極みと、生み出された不思議な人工生物の美しさとその動きの優雅さに私たちは魅了される。とにかく、すごいのでこれは体感してほしい展示。夏休みなので子どもたちもたくさん来てました。幼い頃にこんな変なことを考えるおじさんがいるんだっとか、とにかく不思議な感動を感じるのはすごくいいなあと思います。日本の教育は、余白がすごく少ないので、もっと変なこと推奨したらいいのにと思います。
息子は高校で物理ゼミなので、今は9月の発表に向けて、論文書いてます。普通の勉強とは違うこの探求活動は、子どもたちにはなかなかの試練で、問題解いてる方がよっぽど楽といいます。息子がふと呟いた探求って、ただ調べる調べ学習とは違うんやで、この探求がどう社会に役にたつかを考えることが大事やねんと。なるほど。社会に役に立つことへの意識。この人工生命体ストラントビーストも、実は砂丘を守る生物というアイデアから生まれている。図録がまた面白くて、物理や構造のところは私にはわからないのですが、テオヤンセンの文章が面白くて、惹きつけられる。
d0131851_09352252.jpg
スケッチとか、ドローイングとか、絵のうまさもすごくて。こんな変なおじいちゃん近所にいたら、楽し過ぎるやろうなー。インタビューの中で、アーティストとか、科学者、技術者とか、ラベルに縛られないようにしている、科学者も技術者も自分が思ってるより芸術家のはずさ!という言葉が印象に残る。

d0131851_09401643.jpg
4人で行けて楽しかった。1泊2日だったけど、充実な2日でしたー。何より、いろんな話をして、ゲラゲラ笑ったり、お腹すくと機嫌悪くなったり、すると、O型マイルドチーム(husband & daughter)が場を盛り上げる。絶妙なバランスができてるのでした。そう、家族も芸術のひとつかもしれない。
9/18日まで三重県立美術館。







[PR]
# by bagel70 | 2017-08-24 09:43 | おでかけ | Comments(0)

それぞれの道

d0131851_23324247.jpg
夏休みの帰省で近所の娘の幼馴染や東京に引っ越した友人家族などから嬉しい誘いがあり、連日ごはん食べながら近況を話したりしてました。ちょうど、みんな20歳の年だし、なんだか感慨深い。それぞれに縁のある土地で一人暮らしをし、勉強してることや夢中になってることを聞いたりして、子どもって自然と自分の道を見つけていくよねーっと思いました。頼もしいなあー。近所の幼馴染、一緒にお風呂入ったりした仲なので、どの子も幼い頃の様子がよみがえってきます。道はそれぞれに曲がってたり、思わぬ回り道だったり、でこぼこ道だったりするので、その度に親はハラハラしたり、どうしたもんかと考えたりするのですが、子どもたちにはそれぞれにしっかり道があるっとイメージして子育てすると、あまり小さなことにとらわれなくてすむかもしれません。イメージってやっぱり何より大事。昨日見たテレビでもダイエットの時、お腹の筋肉をつけようとする時、空き缶を潰すようにイメージして運動することが大事だと言ってて、そのイメージで続けてると、ほんと効果抜群。話がずれまくりましたが、イメージと声かけは本当に大事なんだね。植物や果実にもポジティブな言葉をかけた場合と、ネガティブな言葉かけをした場合は、歴然とした差が出るのはもう有名な話。ネガティブや無視された植物は枯れていたので、要注意!そうそう、昨日のTVでは、筋肉にも声かけをするといいらしい。(もういいって笑)

今日は仕事でクゥーーーッとなる疲れが。訂正が多くほぼ一から作り直しの上に、期限が短いとか、仕事としてはアルアルな話ですが、一瞬ネガティブな感情がムクムク出てきますよね。そういう時、海外ドラマでよく出る英語で一言胸の中で叫ぶと、スッとして、まあ、仕方ないよね、悪気があったわけじゃないもんねと仕事ってこういうものだよねと落ち着ける。ネガティブからポジティブへ。ネガティブを英語でいうと案外いいなというのが発見です。what the hell!とかね。日本語でいうと、重くなるけど、英語だとね、子どもにもいいかも、What a bad boy!とか。What are you talking about?とか。ネガティブをどこかに隠すわけじゃなく、軽く英語で言ってみる。
娘が帰るまでに、この腹筋イメトレを続けて、びっくりさせようと思ってます。頑張れ私のきんにくん。


[PR]
# by bagel70 | 2017-08-21 00:03 | こども | Comments(0)