ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

日本米。

d0131851_23514179.jpg

息子がマレーシアから帰国。あっけなくシングルライフTHE END.それでも楽しかったなー。家に帰る前にそのまま友達とゆららの湯に直行した息子。風呂にそんなに入りたかったのかいっ。帰って、日本米の美味しさに感動してる。そういえば、アメリカから帰った時も納豆の美味しさに感動してたね。マレーシアのボルネオ島の山歩きの写真や南国の草花の写真などを見せてもらいながら、聞くと最小限、話してくれるスタイル。(娘とだいぶ違うー!)写真はうまい。友達との写真もとにかく楽しそうで良い。マレーシア大学生との交流会もあったようだ。英語も使えたっぽい。(とにかく話が短いので推測)建築の写真もいろいろあった。一応志望してるだけある。School tripだけど、学年でアメリカ2コース、オーストラリア、マレーシアと4コースに分かれるので人数もそんなに多くなくて面白そう。いい経験だ。アジアもいいよねえ。

写真は、娘からのドイツの島に旅に行った写真。車が入れない島らしい。ひたすら海辺を歩いたり、ぼーっとした数日間。コテージでごはん作ったり、彼が夜チーズケーキ作ってくれたり、クレープ作ったり、まあそんな感じでノーンビリした数日を過ごしたそう。そういう旅はなかなか日本人はできないので、憧れ。ええなあ。みんなはハネムーンかいって突っ込んでたけど、娘もいい経験させてもらってるなあー。
今はフランクフルトに戻り、なぜかwifiが調子悪く、あまり連絡取れないけど、まあ、彼の仕事の間、ウロウロしたり、ごはん作ったりしてるようだ。娘も日本米の美味しさが恋しそう。

日曜日行った伊勢神宮、娘がお腹が大きい時に行ったねと思い出してた。時が経つのは早い。旅の経験や人との出会いは、グンッと人を成長させてくれる。子どもたちは私の知らない景色を見ている。
お腹にいた子が自分の知らない景色を・・・・。それだけで面白い。
[PR]
# by bagel70 | 2017-03-15 00:21 | | Comments(0)

ビュンと伊勢へ

d0131851_12231473.jpg

お弁当から解放された自由な日々ー、あっでも高校に入って日曜日は、基本お弁当OFFDAYです。日曜日、ベッドで朝ダラダラする時間がこの上なく幸せです。ダラダラしてると猫が来て、耳をチューチューしだしたり、もうこの上ない至福。こういうダラダラに幸せを感じてしまう類の人なので、老後が心配。だめ人間になるかもという恐怖。なんてウダウダ言いながら、どっか行こっかとなり、伊勢神宮に行くことになった。電車で行くか、車で行くか、しばらく吟味して、途中温泉とかに寄れるから車で行くことに。それから、husbandがおにぎり握り、私の運転で出発です。(我が家スタイル)
私の仕事は、下手したら日曜日もつい仕事しがちになるのですが、いつからか、休みはきっちりOFFとして取ることに決めてます。でないと、いつもあれしなきゃこれしなきゃと追われることになるので。
何年かぶりの伊勢神宮、良かったです。外宮、内宮、両方行ったのですが、外宮がシンプルの極みでまたよかった。内宮はおかげ横丁など楽しさもあり、もちろん、中は厳かなんだけど。歩いて拝むだけで、不思議とスッキリする感じ。
ただただ木の持つ存在感に圧倒される伊勢神宮ですね。

d0131851_1240795.jpg

子どもたちに送ったら、カッコつけてる〜っと言われた写真。たまには、かっこつけさせてよねえ。一応、専門は建築なので、木造建築について話してくれた。へえへえーっと相槌。フローリアンは、この日本人のへえーっていう相槌が可笑しくて仕方ないらしい。そういえば、本当によくへえーって言ってる。笑

伊勢神宮で会う小さな子どもたち見ながら、子どもたちを想う。かわいかったよねーーっと子どもたちの話になると、本当に私たち、かわいかったしかない。ああ、老夫婦一直線。まだ40代だけどね。
帰りに赤福のお善哉食べて、松坂牛食べて、伊勢うどんも食べて。満足。
人生、ちょこちょこ、ずっと楽しみたいねと話しながら、帰る。
[PR]
# by bagel70 | 2017-03-13 12:47 | おでかけ | Comments(0)

English cooking lesson

d0131851_198318.jpg

先日イギリス人シェフの英語のクッキングクラスに参加してきました。たのしかったです。英語のichigo先生の催しです。ポークストロガノフ、グリーンサラダ、ポテト料理、アップルクランブル。一気にお一人で作られて、英語で質問したり、メモしたり。メンバーの方と交流したり。こういうレッスンは、日頃お会いしないような世代の方や人と話したりするのも楽しいですよね。森カフェイングリッシュでも、80代のおじいちゃんとも話したりする時間が楽しいです。細々と続けてきた英語も、使う機会あってこその語学。
レッスンでは、質問などが割とスムーズにできるようになってきたような気がします。現在形、過去形、現在完了。まだまだな所もいっぱいだけど、会話しながら、ちゃんと使えるようになってきたなあー。語彙力をもっともっと増やさねばです。
我が家に遊びにきたイタリア人のバレイやフランス人のルーシーとも今でもFBやインスタでやりとりができて、英語での会話が躊躇なくできるようになってることが嬉しい。フローリアンともLINEで明日はオランダにいくよーっとか、英語でやりとり。子どもたちが最初にホームステイに行った頃は、ホストファミリーとのメールのやりとりが苦痛で、すごく時間がかかっていたけれど。今では返事が楽しみなくらいに書くのが割と好きに、確実に成長してるなあーと自分を褒める。
森カフェイングシッシュとichigo先生に感謝。
d0131851_2059377.jpg

美味しかったなーアップルクランブル。こういうレッスンは、気楽に参加できて、いいですよね。お料理もとても美味しくて、早速ポークストロガノフを作ってみました。
語学は、モチベーションのキープが難しいし、喜んだり、落ち込んだり、今年はまた一歩ステップアップしたいなあ。母が来年、娘のドイツ留学に合わせて、スペイン留学しようかなーなんて企んでるようだ。いつまでも学ぶ姿勢が素敵。私もいつか!と心の隅っこの夢ノートに書いてます。母は、英語も英検準一級持ってて、今も英語、スペイン語クラスに通ってます。フローリアンからの英語のメールにちゃんとドイツ語で返している。少しでもお互いの言語を使うことは嬉しいですね。
そういえば、うちのおばあちゃんは、ずっと中国語を勉強していて、父は、チェコ語の新聞をとってたなあ、読んでたのか不明だけど、言語に興味があるのはDNAなのかも。
[PR]
# by bagel70 | 2017-03-11 21:04 | 語学 | Comments(0)

お手紙時間。

d0131851_109489.jpg

手紙を書く時間、好きですか?昔はねえ、なんて話し出すと、昭和の匂いがぷーんとしてきますが、そうそう、携帯もSNSもPCメールもなかった時代は、たった20年前。時代の変化が今更驚きですが、あの頃は、よく手紙書いてましたよね。今でもポストにお手紙あると嬉しくなるのは同じ。
若い子でも、手紙好きの子は今もちゃんといるみたいで、この手紙箱もかわいい15歳が買ってくれました。相手のことを思いながら、手紙を書く時間。いいですよね。
kiuさんの全て手仕事の手紙箱。便箋や封筒、小さなカード、しおりなど、嬉しくなる紙ものがぎゅっと詰まってます。春の贈り物に。どこにもないオリジナルのkiuさんの手紙箱。贈りませんか?

こやでは、リンリンリング展。開催中。子育て中のホッとご褒美にアクセサリーを自分に!毎日がまた楽しくなりそうです。
d0131851_10141399.jpg


こやからブーンと5分ぐらいのトコにある素敵SHOPノーベンバーグラフィックでは、グラフィックのBIRD展開催中! ぜひ、合わせてどうぞ。
こや→sadacoro→ノーベンバーグラフィック→VERT DE GRISなんてコースもオススメです。
d0131851_10174375.jpg

写真はノーベンバーよりお借りしました。
[PR]
# by bagel70 | 2017-03-11 10:17 | etcetra | Comments(0)

エイジレス。

d0131851_11531547.jpg

昨日は International women's day.60代の女性がイヤリングを気に入ってくださる。うっとりするほど、素敵だった。おしゃれはエイジレス。好きなものは好き。少し年を重ねた方がアクセサリーやおしゃれはまたご本人の雰囲気がグッと加味されて、より楽しいものとなる気がする。
昨晩は、大学時代の友人と23年ぶりに再会して、あんなことあってねとか、あの人元気かなとか、あの頃頑張ってた自分と今、それぞれにルーツやターニングポイントを話したりして楽しかった。数時間はあっという間。まだまだ話し足りなかったけど、これから大学時代の友人たちと再会がどんどんはじまりそうで、楽しみ。私は結婚と出産が早かったので、少し早く自分の時間が持てはじめてる。この数日は働いてた時以来の一人暮らし。週末は好きな人と二人の気ままライフに。この10日間は、子どもたちが巣立った時のシュミレーションになるなあと寂しさを覚悟していたけれど、割とすんなり淡々と過ごしてる。朝のお弁当や母としてやらねばならないことから解放されるこの感覚。なつかしい。どちらがいいとか、悪いとかもなく、それぞれに受け入れてる自分がいて、どんな状況も楽しめる自分がいる。ただ、時々子どもたちどうしてるかなー、楽しんでるかなーとは考える。娘からは写真や動画がスポッスポッとLINEに送られてきて、この上なく幸せそうだ。息子はマレーシアのゴージャスなホテルが送られてきたっきり、シーン。楽しんでることだろう。
Women's day.に想う。女の子も男の子も性別にとらわれることなく、自由に生きて欲しい。その一方で、男女間においてセクシャルなことは、とても大事。お互いを思いやれる対等な関係が大事で、私たちwomenは、次世代を生きるGirlsたちに何をつたえていくのか、どんなmensになるべくboyを育てていくのか、We should talk about it!!More.
[PR]
# by bagel70 | 2017-03-09 12:23 | etcetra | Comments(0)