ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

MANCHESTER BY THE SEA

d0131851_10424851.jpg
四条に出たついでに、四条でバイトしてる娘と近くの高校に行ってる息子を誘って夜ごはんからのー、夜映画@京都シネマ。忙しい息子もテスト明けだし、おとーさんおすすめだよっと言うとへえと来てくれた!若い時に勉強だけじゃなくていろんな映画を観て欲しいと思ってるので、どう?と声をかけるようにしてる。無理って時もあるけど、いくわっと言って部活帰りに合流して観れることもある。最近は、おとーさんのイチオシね、たまにあれっ?て時あるからねえと3人でニヤニヤしながら。
マンチェスターバイザシー。なんの予告も見ずに観ました。いやあー、地味な映画やけどいいっというyoshiの言葉通り。じっみっ!!渋っ。だけどいいっ。ワカルーーーッな映画でした。こういうボソボソした感じの映画は映画館で観る良さがあるなあと思います。観なければ絶対知りえなかったこういう心情とか。何かを紐解いていく感じとか。安易にハッピーにならないところとか。心の襞をじわじわ追っていく映画です。これを十代の子と観れたのはよかったなと思います。これ美味しいってわかりやすい感動って映画もあれば、じわじわじわわわわと気づいたら茶渋がついてるっ的なこういう映画もね、いいよね。最後もこれで終わるかーというラストシーンだけど、そこから染み入るああこのセリフ染みるーという。小さな心の変化を感じるニュアンス。こういう映画の脚本とか俳優とかほんっとにすごい。監督のどうやっ的なとこが見えたら私はシラーっとなる時があるので、いい意味で裏切られるのがいい。
小さな変化といえば、映画前にラーメン食べながら。息子の表情に小さな変化が!ホホホ素直な息子!!Happyなのはいいことやなー!と思いがけないニュースが聞けて、娘とニコニコ思い出深い映画となりました。
d0131851_11265093.jpg
海の風景、街の風景が美しい映画。音楽もねー。話は暗いけど。笑いもあります。
そして、私はなんとずっとイギリスのマンチェスターだと思い込んで観てたのです。観た後も、娘がイギリスの発音じゃなかったとかいうけど、いやいやイギリスの田舎やってと強気に返したら、バリバリのアメリカ英語だったそうな。確かに、ボストンいうてたなあー。思い込みってね。気をつけよう。


[PR]
# by bagel70 | 2017-06-12 11:29 | 映画 | Comments(0)

枇杷の日

d0131851_19372172.jpg
今週もエトセトラ終わりました。あっという間の一週間。カレンダーは確実に毎日進んでいくんだなあーと。今日はのんびりDAYだったのでひとしきりおしゃべりした後は、よし!今年豊作の枇杷をとろうっと。枇杷の収穫を楽しみました。ちゃんと高枝切り鋏を持ってきて、とるぞーー!と。とるのもだんだん上手になり、交代でとる人、キャッチする人。いかにきれいなべっぴんさんの枇杷をとるかで盛り上がります。
枇杷いらんかーいの声に近くのmoricoちゃんとsadacoroのsadaちゃんが手を上げて、取りに来てくれました。美味しいものを作る二人はこの枇杷、どんな風に変身させるのかなあ。そのまま食べるのも美味しいけどね。二人がパンやお菓子を持って来てくれて、嬉しいわらしべ長者。それから、遊びに来てくれた方におすそわけをして、無事にみんなの元へ行きました。このいっぱいの枇杷たち。なんせほったらかし、無農薬の枇杷なので、小粒で虫もいるんだけど、今年は豊作だからきれいなのもいっぱい。枇杷の葉はエキスやお酒にもいいけど、実も肌や体にとってもいい万能な果物なんだなー。(調べた)
d0131851_19475095.jpg
こういう楽しさがあるから、この場所と離れられないのよねえーと私たち。広くてきれいなスペースに憧れる気持ちもあるのですが、なんせこういう時間が楽しすぎる。ねえさんは、裏にも枇杷の木を見つけて、取りに出かけてた。その辺は前にアナグマが出たんだよねえ、アナグマが来るんじゃない?気をつけて〜とか言いながら。果敢にとる姉さん。びわは〜♩小さな木ノ実だから〜抱っこしああって揺れている〜♫毎年、思い出す歌。枇杷の歌。まだまだあるので、また来週のお楽しみに。



[PR]
# by bagel70 | 2017-06-10 19:58 | etcetra | Comments(0)

モクモク

d0131851_19175510.jpg
スモークツリーの季節。庭は大きなスモークツリーがあるので、2階の窓からはモフモフ、スモークがいっぱい見れます。ドライ二すると可愛いので、こやに持って行きました。喜んでもらわれてって嬉しい。
昨日のイングリッシュレッスンでは、お題が出てディスカッションの時間があって、面白かった。テレビゲームが話題になり、テレビゲームが悪だと言う方もいたり、テレビゲーム好きと言う方もいてね。テレビゲームが悪だと言う方は、息子さんがゲームに熱中してたのが最悪だったと全否定。私は否定したい気持ちもわかるけど、今やゲームもカルチャーの一つだと思うと話した。今でも、ダンナと息子はゲーム愛好家。ゲームはDSやら、ソニーのやら、数々のゲーム機を網羅して来て今はスマホ。二人はゲーム仲間、すっかり息子の方がうまいけど。ボードゲームもコレクターであり、アナログの本も読む。私は好きになるものには理由があるはずだと言うスタンス。ゲームとうまく付き合える話し合いも必要。子どもにはそんなの無理よと一蹴されたけど。私は子どもといえども、同じ家に住む人としてルールを守ってほしいと話し合って来た。子どもだからと考えたことは一度もない。そう言う自分だって、経験値はそれなりにあるけど、子どものような部分も多々あるから。私だってたまに家事を何もせずにずっと映画を見続けたいとか思う日もあるわけで、それをなんとか抑えてやるべきことをやろうと思うのは、愛だから。うまくいかないこともあるけど、話し合いながら、愛を伝えていくしかないのだ。
エーリッヒフロムの「愛するということ」。これは親になるマスト本にしたらいいかもと思う。親業というのは誰も教えてくれないから。ペラっと今めくったら、面白いことが書いてあった。子どもが小さい頃愛情をかけるのはある種、簡単なこと。母親は子どもに自分の一部を感じナルシシズムを満足させているという、もう一つは支配欲。本当の愛の真価は、成長を遂げたこともたちに対する愛においてであると。いわゆる子育てといえば、手がかかる幼い頃がメインですが、子どもたちの自立が始まる親離れの時こそ、愛情の真価が問われる。母は、難業ではあるが徹底した排他主義、全てを与え、愛するものの幸福以外は何も望まない能力が必要になる。と書いてある。まさに!自分のエゴを捨て、地球のどこかで愛を大切に生きてくれたらとでっかく!ね。フロムの愛の理論、ほんま納得。Exactly!!

d0131851_19465381.jpg
この本、いろんな愛について書かれてあり、とても面白いというか、深い。ぜひ。


[PR]
# by bagel70 | 2017-06-06 19:47 | こども | Comments(0)

砂丘で飛ぶ

d0131851_20510801.jpg
 娘が砂丘に絶対行ってみたいというので、行ってみた。行ってよかった!砂丘〜っ。Great!ジャンプ写真は、おばあちゃんになるまでやるっ。なぜなら、楽しいから。娘の顔に髪がザッパーンッ。撮り終えた後の爆笑が好き。砂丘ねえ、森カフェのミッチーが山なんすよって言ってたけど、本当に山だった。おじいさんもおばあさんもその砂丘の山に登ってた。砂丘の頂上からは海が見えて、すこからの景色が素晴らしかったので、人は吸い込まれるように山に登るのかも。Sand dunes. ラクダに乗ったかい?とダン先生に聞かれたけど、私はラクダビジネスがかわいそうで、あんまり好きじゃないと言ったら、I agree.って。
d0131851_19491433.jpg
これね、サカナクション、多分風ジャケごっこね。あとで見たら、あんまり似てなくて、もっと完コピすればよかったって後悔したね。

d0131851_21020989.jpg
ライブで、このコート出て来て、風も吹いて、盛り上がったなあ。次、鳥取行ったら、植田正治写真美術館に行きたい。このジャケ写真は植田正治さんの写真にインスパイヤされたそう。







[PR]
# by bagel70 | 2017-06-03 21:04 | | Comments(0)

ゲストハウス

d0131851_19313709.jpg
ゲストハウスに初めて泊まってみた。娘はフローリアンと日本のあちこちのゲストハウスに泊まる旅をしていて、いろんなゲストハウスについての面白さを聞いていたので、ワクワク。鳥取のY&PUB。ええ雰囲気でした。もう一つたみっていうゲストハウスがあるみたいで、そっちも今度泊まってみたいと思いました。夜の11時すぎての到着という遅さなのにスタッフさんがめちゃいい人。かわいい。京都で学生時代過ごしてたそうで盛り上がる。紙モノが充実してて楽しそうなところを色々紹介してくれる。部屋は小さなドミトリーで2段ベットより少し広い空間が寝床です。シーツも枕も清潔。ランプとコンセントのみのシンプルなスペース。カーテンがついてて閉めるとハコみたいなので、落ち着く。小さいころ、2段ベットに母がカーテンをつけてくれてたので懐かしい感じ。一回中に入ると、隣のmちゃんとか娘とかとは喋れない。ゲストハウスはホテルや旅館みたいに寝る直前までだらだら話すのは難しい。でも喋れる共有スペースがあるのでそこで話して、寝るかっという感じ。
ライブで汗かいてたので、それから深夜12時まで開いてるという日の出湯にいく。駆け込みすぎて、風呂屋のおばちゃんは絶対12時に締めたいから12時出れるなら、入れたげるって言われる。しょうがないから、ダッシュで入る。湯がアチーーッ。でも源泉っぽい。いい湯だ。体力回復。遅くにゲストハウスに帰っても水とか出してくれてゆっくりしてもらっていいですよーと。優しいー。

d0131851_20322391.jpg
私がおきたら、二人はもう起きてて、娘は毎日の朝のおしゃべりタイム。朝イチから英語でよく話すわ。この写真をフロに送ってあげたら喜んでた。
d0131851_20341666.jpg
朝ごはんも美味しくて。シンプルでうまいっ。コーヒーもちゃんと煎れてくれて濃厚。器はもちろん、民芸です。今日どうする?とかサクッと話して、フローリアンにみんなで手を振って、北海道の子も合流して、ね。

帰るときに、海外の子もいて、娘が少し話してたけど、鳥取まで来てるんだねーと(でも少ない)。おじさんとも階段すれ違い、ふつーのおじさんも来てるんだねーと。
あちこちのゲストハウスに泊まる旅も今流行ってるみたいだけど、うん、わかるーと思いました。
d0131851_21101124.jpg
ビバ!鳥取。めちゃ楽しい!絶対また行きたいぞ。






[PR]
# by bagel70 | 2017-06-01 20:38 | | Comments(0)