人気ブログランキング |
ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

9月の海

d0131851_20183659.jpg
ここ数年、9月に海に行く、特に泳ぎに行くわけでもないけど、海のある街に行ったついでに海に行こっていう程度なのですが、行きたくなるのは9月の海なのです。真夏のギラギラした日差しの中、動く勇気がないのもあるし、夏の海の雰囲気は結構苦手かもしれない。娘は今年はイタリアの海で浮かんでたそうだけど、最高だったらしい。おばあちゃんがビキニでめちゃ楽しそうで、最高だったよと。ママも絶対連れていきたいから、将来は一緒に夏はイタリアでバカンスしよっと。日本の夏に辟易してる私にとって、ものすごい嬉しい言葉。来年かもしれないし、10年後かもしれないけど、そんな日を思い浮かべてしばらく頑張れる気がする。

先日、olipoliにてドイツの暮らしを話す会をしました。ぜひ聞きたいと言う声を受けて、LABOで発表してた内容にプラスして、彼女らしい視点を随所に織り込んで、より面白い内容になってました。22歳が感じたドイツ暮らしから、環境、社会、学び、ジェンダー、政治、小さな気づきが私たちにとってはどれも新鮮です。olipoliに集まってくれた皆さんのそれぞれの感じた視点もまた面白かったです。
d0131851_21175776.jpg
その中の一つのエピソードを紹介しましょう。彼女の趣味は料理とかお菓子作りなのですが、日本で話すと、女子力高いねとか、今度なんか作ってきて〜とか、いいお母さんなりそうだよねと男女ともそう言う返しが来ることが多いそう。そのたびにちょっと悶々としてたけど、ドイツに来て趣味の話をすると、今度一緒にケーキ作ろうっとか、料理作ろうっとか、マイレシピの話になって、実際、友達とおかし作りを度々してたようです。(それが遊びの一種)男女関係なくそう言う話になることが嬉しかったと。もちろん、日本にも料理好き、おかし好きの男の子もいるだろうけど、まだまだそう言うスキルは女子力と結びつけられることが多いのが、ジェンダーバイヤス、偏見だし、そう言う意識さえない人も多いと。まあ、未だ政治家が女は産む機械とか、発言してるぐらいなので、国のジェンダー意識の違いには愕然としますよね。ドイツではセミナーでジェンダーについても学び(英語で)調査して、発表するとこまでやり、達成感もあったようです。もちろん学問としてはまだまだでしょうけど、本来なら留学生はドイツ語の授業のみの子も多いようですが、せっかくのチャンスだからといくつか英語、ドイツ語で学ぶ社会学のセミナーも取ったようです。ドイツ語で議論する授業はさすがに途中で厳しくなったようですが、英語はプレゼンまでやって、しっかり単位も取れたそう。こうして、学んで来たことを親はもちろん、大人たちにシェアする時間はとてもいいなと思います。自分も改めて、いろいろ振り返れてよかったわ〜と話してました。またドイツ暮らしが始まっても、やっぱり最初の一年で感じた新鮮さ、学生として過ごした一年はとても貴重だと思います。環境のこと、言語習得のこと、社会のこと、どの話も興味深くて、また機会があればやってほしいなあーと思います。
それにしても今の子は、プレゼンが本当に上手だなーと思います。自分の言葉で、話す。とっても大事なことですね。若者、素晴らしい!


# by bagel70 | 2019-09-17 21:40 | つぶやき | Comments(0)

帰国報告会

d0131851_16523480.jpg
昨日は、ラボパーティで小さなラボっ子たちへの娘のドイツ帰国報告会。久しぶりに子どもたちの熱気に包まれました。8歳から始めたラボも今年で14年目。1年間のお休みを経て卒業までの半年間、復活です。最後の舞台に向けて。ドイツにいる時から、ラボっ子たちみんな頑張ってるかなーと気にしてました。この不思議なつながりがラボのいいところだと思います。大きい子たちとフランクに付き合える関係ってなかなか今の日本にない。部活とかの関係性とは全く違います。なんせ小さい頃から知ってたりするから、成長を共にしていて、従兄弟のような関係性。ラボっ子たちはこの異年齢集団でテーマ活動という劇を作り上げていくので、成長とともにすごいコミュニケーション能力が育っていくわけです。小さい子たちと45分くらいある英語と日本語のお話を体一つで演じていくんですよ。すごい世界です。それについていく小さい子たちも力もすごいけど、まとめていく大きい子たちもすごい。
久しぶりのラボっ子たちは、娘が抜けたあとも素晴らしい劇をやり遂げていて、それぞれの成長が眩しかったです。そして新しい子たちも加わって、また新たな刺激も。小学3年生で絵本を一冊、英語と日本語で素語りする姿に驚きと感動。本が大好きな子だそうですが、物語が好きな子には、ほんとにラボはぴったりだなと思います。とはいえ、いろんな側面があるので、言語力が伸びる子もいれば、表現力、リーダーシップ、探究心、それぞれにじわじわと。先日30歳のラボっ子だった先輩たちの話では、やってる時はラボ好きじゃなかったけど、働き出してラボでやってたことが活きてきてるって話を聞いて、ジーンと。
ドイツの帰国報告会は、短い時間だったけど、子どもたち、すごく集中して聞いてくれました。娘の話の中で印象的だったのは、自分から動かなければ、出会いはやってこないということ。最初はドキドキするけど、勇気を出して、どんどん動いていくとほんとに世界には素晴らしい出会いにあふれているとキラキラした目で話してくれました。そして、言語は英語だけではなく、世界にはたくさんの言語があり、それを学ぶことができる楽しさ。これを聞いた子が将来、世界へ飛び出してくれるといいなーなんて思いながら。
d0131851_17095131.jpg
日本は島国で特異な環境です。今マスコミもあまりちゃんとした情報をTVなどでは伝えてくれません。ただ、幸いインターネットがある現代、世界で何が起こってるか、日本はどう伝えられてるのか、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、中東、アフリカ、いろんな国の様子に興味を!そして、話題にしよう。海外に出ると、否が応でも日本を客観視できるはず。日本のおかしさや危うさ、もちろん、素晴らしさも。親ができること、それは子どもたちに生きていく選択肢を増やすことです。人生はそれぞれが歩んでいくけど、こんな道もあるんだよって伝えることはできる。世界は愛にあふれてる。



# by bagel70 | 2019-09-05 17:15 | こども | Comments(0)

太陽、戻る。

d0131851_08591308.jpg
我が家の太陽が戻る。娘が家にいるということは、こんなにも華やかに、賑やかに・・・ああ楽しい、わかってはいたけど改めて思うのです。ドイツから帰ってきて、ひとしきり1週間ぐらい朝から晩まで喋る続けた私たちです。さすがにお互い口が痛くなってきたなと。内容は多岐にわたり、ドイツと日本の違いの話ももちろん、ジェンダーの話から、将来の話、ドイツでの暮らしの話、友達との話、Facetimeでは話しきれない細かいニュアンスまで伝わるから嬉しい。私も日々のなんでもないことを聞いてもらえるのはありがたい。娘が近くにいるというのは、ほんとに心強いことだなーと思いつつも、また半年後にはドイツに行ってしまうやろうから、その覚悟もしつつ、1年ぶりの時間を楽しんでます。この夏、おかしいなと思っていた体の変調もようやく病院に行き、検査してもらうことができ、ひとまず、ほっ。貧血の数値が恐ろしいことになっていて、倒れる寸前だったよとドクター。で、ですよね!とあの辛さを思い出しながらも、まあそんな中でも元気な時は仕事したり、人とおしゃべりしたりしてたので、案外タフネス。でも、気力だけで走れるタイプらしいので、気をつけねばね。鉄剤をしばらく注射でいれていきます。3回注射して、鉄剤も飲んで、少しずつ元気になりつつありますー。鉄大事ー。鬱と鉄不足はすごく関係してるそうで、確かに、鬱っぽい症状というか不安が強くなったりしてたので、確かに!と大きく頷ける。基本、なんでもいい方に考えたいタイプの私ですが、さすがに今の日本の状況にどんよりー。まあ、我が家の太陽もいることなので、この間に、いろいろ整えてまたいろいろ楽しめるように準備をして行こうと思います。
まあ、人生、いつも元気な時ばかりではないよなー、悩んだり、苦しむことも、受け入れていかねばと。。。
血液検査の結果も出たので、母に電話したら、母は1700mの登山をした次の日だった。す、すごい。すごすぎる。

写真は、ラボの仲良しの先輩の結婚式に出て帰りにAIDAさんに寄った時の写真。AIDAさんは我が家の原点的なところ。3歳の娘と0歳の息子を連れて、今の家の相談をしたところなのです。19年前になるんですね。ほんとに月日が経つのは早いなあー。
いつも素敵な雰囲気にほっとします。

# by bagel70 | 2019-08-30 09:29 | こども | Comments(2)

Bye Summer!

d0131851_11482735.jpg
台風が去り、風が少し変わったよう。正直、夏は苦手です。私は日本の夏が嫌いだと強く思った年でした。奈良、京都の夏は本当に過酷。それとは別に今年は特に、韓国との関係悪化の嫌な感じとか、改憲、戦争への不安感とか、甲子園の酷暑の中でスポーツするギラギラした感じとか(見ないけど、高校野球の青春の汗と涙の背景にある根性美学が好きじゃない、女子マネがグラウンドに入れないのもおかしい)東京オリンピックのプレで、あちこちひどい状態というのも、憂鬱に(やばいやろって分かりながら、開催に向けて突き進む感じが無理)。香港の民主化運動も気がかりで、若者たちが血を流しながら民主的なものを守ろうとしてる姿にギュッとなる。自分が敏感なのは分かってるけど、いろいろ察知してしまうだけに生きにくい。そうそう、年齢的に体の変化が少しずつあり、そのしんどさもあったのですが、鉄分不足?アミノ酸不足?いろいろ頭をそんな不安が回りながら、保険の見直しをして1日から給付するやつに変えた。パイセンたちからのその時期越えたら、楽になるよーという言葉を支えに。
自分への夏の宿題と思っていたwebを頑張って形にしたし、家の片付けもいろいろ少しずつやり終えた。本も数冊読んで、仕事も地道に進めた。そして、クイアアイで毎日涙した。これについては毎回心打たれるし、美しいので、誰かと語りたいけど、今の所ダンナしか見てないから、昨晩、語った。(ボビーの仕事量よ!!)

明日、娘が帰国する。いろんな想いが交錯するけど、彼女のドイツでの学生生活はあまりに充実してたので、とうとう終わるのかという気持ちが手に取るようにわかる。この辺は離れていてもシンクロしてしまう親子なのです。そう、私たちは感情的にすごく近い、なにを大切にしたいとか、幸せに感じてるかが呼応してしまう。だからこそ、離れていても、幸せな方がいいなと私は思うのです。
とはいえ、大学卒業せねばねというのも彼女が自分で決めたこと、卒論仕上げて、日本ライフを満喫したいと話してます。ラボもとうとう最後だしね。かわいいラボっ子たちと過ごせるのも後少し。思う存分、楽しんで終えて欲しいなと思います。家ライフも好きだから、動物たちに会えたり、自分の部屋でのんびりする楽しみもあるだろう。
フロちゃんとは、2年ぶりの遠距離恋愛。寂しさもあるだろうけど、これもまた二人にとって、いい時間となるといいなと思う。フロちゃんママからメッセージが届いた。最後の時間は、フロちゃんの実家で過ごしてるみたい。パパママもあの二人の時間を見てるのは、切ないだろうなと思う。なんせフロパパもママもとってもハートフルな人たちだから。ドイツでも愛ある家族と過ごせて本当に幸せだね。
心からダンケシェーン。
d0131851_12292358.jpg

# by bagel70 | 2019-08-20 12:30 | つぶやき | Comments(0)

22歳のBDはイタリアだって。

d0131851_00265318.jpg
我が娘ながら、いやほんとにいつも物語の中にいるような子なのです。物語をいっぱい読んで、ドリームな中で愛いっぱいに育てたら、こんな面白い、素敵ライフをえ送る22歳になってました。22歳の誕生日はイタリアのジェノバでフロちゃんとバカンスですって。イタリアは、2回目?食べ物の美味しさがやっぱり魅力ですよね、それにしても、この子の海外で水を得た魚のように過ごすのは、私がほんわかワールドが好きすぎて、ヨーロッパのおもちゃや海外の服を好んで買って育てたからかな。日本のドレミちゃんとかキャラクターにハマることなく、ウォドルフ人形とか手作りのドールハウスとか、海外の着せ替え人形とか、ボードゲームとか、ドイツのおもちゃ屋さんに行ったときに、私が萌えーってなりました。彼女がヨーロッパのあちこちを旅して楽しむ様子を見るのは、私にとっても、とっても幸せなことです。私が小さい頃読んだケストナーやリンドグレーン、パディントン、ヘンリーくん(ヘンリーくんはアメリカだよね)数えきれない好きだった物語の世界は、読めば読むほど、憧れの世界。だからこそ、フロちゃんちの暮らしを体験すると、自分があの物語の中にいるようなそんな幸せな気持ちだったわけです。

娘のイタリア旅の様子がUPされてました。自分の誕生日を自分で計画するなんてところが、私は彼女のいいとこだなーと思います。そして、次はイタリア語を学ぼっかなとか。そうそう、コミュニケーションの楽しさが言語のモチベーションだよねえ。日本の語学教育もその根本を見直さないとなーとも思いますが、受験科目になってる以上、無理かな。
インスタをUPしないと、ブログに集中できることがわかった夏休み。なかなかSNSも時間泥棒だからねー。ああ、またヨーロッパに行って、娘と旅に行きたいなー。チェコにも行かねばだし、フィンランドにも、ポルトガルも行きたいし。夢は広がる。

息子は朝から晩まで勉強に明け暮れてますが、そんな中でも、高校からの友人たちに恵まれて、励ましあったり、刺激しあったり、いろんなこと語ったり、大学生になった仲良したちとも久しぶりに集まったり。葛藤もあるだろうけど、ものすごく貴重な一年だなあと思います。こちらは対照的に地味だけど、なんだろう、人としてすごく大きくなってる気がします。

どちらも自分で選んだ経験だしね。神さま、今日やりたいおしごとを思いっきりできるように見守っていてください。だったかな。幼稚園の朝の礼拝の言葉。今さらながら、モンテッソーリ教育の良さを実感します。


# by bagel70 | 2019-08-14 00:54 | こども | Comments(0)