人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

トンコと動物たち


トンコと動物たち_d0131851_22205690.jpg
明日より、エトセトラで始まります。トンコと動物たち展。おなじみ宮内知子さんの木皿やブローチ、ニャンコごはんの器などが並びます。伸びやかな宮内さんの描く動物たちや様々な絵柄が魅力の木皿たち。タモやナラ、ウォールナット様々な木の木目を楽しみながら、絵は木を削った絵柄の部分に漆を入れて絵柄になっていきます。表面はウレタン塗布されてるので、食事用として使うこともできるのが、また楽しい木皿です。
我が家も毎朝、パン皿として、おやつ皿として、ほんとに大活躍の木皿たち。それぞれにどれも愛おしい皿なのです。ぜひお気に入りの一枚を探しに来てください。

今回はトンコと動物たちということで、動物柄が多めかなと思います。動物好きの方、ぜひ!食卓に楽しい木皿を加えてみませんか?
長く使えるのも魅力。アウトドアでも使えるのも嬉しい。

トンコと動物たち_d0131851_22380240.jpg
11/12.1319.20.26.27   6日間、金曜日と土曜日。オーダー会もあります。こちらはすでに満席になってます。ご予約の方、お楽しみに。
世界で一つだけの木皿のオーダー会です。

久しぶりに、エトセトラの展示のご紹介でした。
もう少しマメにブログの方も書いていきたいなあと思ってます。選挙のことも、いろいろ書きたいことあるのですが、またゆっくり。

ぜひ、秋の小屋に遊びにいらしてください。お待ちしてます。



# by bagel70 | 2021-11-11 22:41 | etcetra | Comments(0)

ドライブ・マイ・カー

ドライブ・マイ・カー_d0131851_12492160.jpeg
久しぶりにこれは映画館で観たい!と心が動いた映画。素晴らしかった。自分の勘にニヤニヤ。幸運にも近所のモールの中の映画館でやっていて、時間も夕方から夜といい。映画好きなYoshiとわくわくしながら観てきました。映画館の空調は建築基準法でちゃんとしてるから、割と安心なのよといつもミニシアターでボランティアをしながら映画を見続けてる母から耳タコで聞いていた。それでもコロナ対策、カキペロ舐めながら見ました。3時間という長い映画なのですが、グイグイ引き込まれて、見終わった後は、いや、すごいと胸が高鳴る感じ。なんだこれはとたくさん話したくなる。(今回は一緒に観た人がいてよかったー色々話しました)映画はいっぱい観てきたけど、なんだか初めての感覚なのかもと思いました。号泣してよかったーっと心震わせて映画館を出たことは何度もあるのですが、この感じ、、、、ただ、観れてよかったーと自分の中のアドレナリンが沸々する感じ。映画をみるときはできるだけ情報を入れずに観にいくようにしてて、今回も村上春樹の原作というぐらいしか知らず、こんな短編あったっけ?というぐらい。yoshiは本を読んでたので、映画を見た後、なるほどなと話してくれました。観た後読むか、読んでから観るか。
内容については、触れませんが、、、これも、またいろいろ余韻があって、2度3度と観たくなる映画かもしれません。
あとでインタビュー記事などを読むと、濱口監督は演じるということに対しての想いが、、、、。映画を見はじめたときは手探りでいくつかの情報からストーリーを追うので、全然わからないのですが、だんだんと、見てる方にも言葉だったり、演じることが、、、ちょっとずつ気づいたり、伝わりかけたり、、、。
ドライブ・マイ・カー_d0131851_13111044.jpeg
役者ってすごいなと感動する。やっぱ映画ってすごいなーとか(大学時代サークル映画研究会、笑)。
この監督もすごいし、脚本も、音楽(石橋英子)も良くて。サントラが欲しくなりました。いろいろ風景もどれも良くて。フフ書きたいことはいっぱいあるけれど、これから観る方もたくさんだと思うし、、、。

やっぱり文化って大事なんだなーと。しばらく、映画館で映画を観てなかったり、美術館も行けてなかったり、ライブにも行けてないので、身体で感じる何かって大事だなーと思いました。素晴らしい映画をありがとうございました、なんて言いたくなる。
ドライブ・マイ・カー_d0131851_13193859.jpeg
そうだ、言語についても、いろんな試みがあって面白かったです。(やっぱりきりがない)アジアの女優さんたちも素敵だったなー。ジーン。2回目、観に行こう。



# by bagel70 | 2021-08-22 13:20 | 映画 | Comments(0)

ハネムーン

ハネムーン_d0131851_21054952.jpg
結婚式の少し前はコロナで移動も二人以外の立会いも許可されない厳しい制限があったのですが、式の数日前に少し規制が緩んで、フロちゃんのご両親の立会いの許可が出て、途中、ライブ中継してくださり、私たちは日本でPC越しに二人を見ることができました。厳かな雰囲気のある市役所の一室で、何やら長いお話を聞いたり、笑ったりしていました。後で聞くと、ちょっとしたショーのように結婚についての話があったようでした。そういう調印式みたいなのが市役所で執り行われるというのは面白いですね。それから外の雰囲気のある広場で撮影大会をして、レストランはまだclosedだったので、二人の家にフロちゃんフアミリーが集まって、小さなパーティをしたそう。前日に二人が作ったという2段ケーキ。
ハネムーン_d0131851_21163421.jpg
忙しい結婚式の前日に二人で作るところとか、まさにフロちゃんとつむぎだなあと思いました。当日はなんとお兄ちゃんカップルもそっくりな手作りケーキを作って駆けつけてくれて、なんと。二つケーキが並んで、幸せそうでした。兄弟で偶然に同じケーキを作るなんて、なんていうか、お母さんはどんな風に育てたんでしょう。お兄ちゃんもフロちゃんはタイプは全然違うのですが、そういう手作り好きなところは本当に素敵だなあと思います。
なんだかアットホームなパーティの様子が途中で送られてきたりして、暖かいファミリーの一員になれてよかったなーと思いました。お父さんとお母さんは、二人が付き合いだした頃からずっと見守ってきてくださり、私たちがドイツに旅行に行った時も、ホームステイまでさせていただいたのです。
ハネムーン_d0131851_21214550.jpg
さらに、パパとママからの二人にお祝いのプレゼント。コロナでハネムーンにいけない二人に、キャンピングカーでの旅をプレゼントしてくださったのです。なんて素敵なアイディア。車の中には可愛いペーパーデコレーションや風船。日本語の文字でおめでとうって書いてあったり。もうほのぼの。妹さんも一緒に準備してくださったそう。日本から私たちは行けなかったけど、こんなにも温かな祝福をいただいて、本当に幸せな娘だなーと思いました。
ドイツの田舎の美しい朝、撮った写真を送ってきてくれました。それから1週間、旅しながら、あちこちでウェディング写真を撮ってました。フロちゃんは蝶ネクタイしたまま、トレッキングしたりして、毎日10km以上は歩いて、つむぎはヘロヘロだったみたいです。
家に無事に帰ってきた時には、あーっ家っていいー!水がでる暮らしって最高って、喜んでました。たくさんの人がキャンピングカーで旅してたよーって話してくれました。ほんとに、あちこちから送ってきてくれる写真を見るのも楽しかったし、私たちがしたことないような経験を子どもたちがしていくことは、子育てのご褒美のような親として、ほんとに嬉しいことです。

こうして嬉しそうに話してくれるのは、きっと私たちがこれまで、子どもたちの冒険やチャレンジを楽しそうに聞いてたからなんだろうなと思います。
ハネムーン_d0131851_21304149.jpg
これからも、いっぱい素敵な景色や出会いや話を聞かせて欲しいなと思います。遠くにいて、すぐには会えない寂しさもあるけれど、その分、わくわくする経験をたくさん教えてくれる。そんな良さもあるのです。



# by bagel70 | 2021-08-20 21:33 | こども | Comments(0)

marriage

marriage_d0131851_22454151.jpg
ご無沙汰しています。母の日から約3ヶ月も書けずあっという間に月日が過ぎていました。その間も日々このページに足を運んでくださる方がいることに感謝です。ありがとうございます。随分長く続けてきたブログ。ついに娘がドイツで結婚しました。パンパカパーン。その写真がなかなか届かず、書き進めることができなかったのです。先日娘に数枚送ってもらいました。PCの画面越しに私たちはライブで中継してもらい見ることができました。インスタグラムのストーリーズでは、たくさんの方にお祝いしてもらいました。ずっと小さい頃から知ってくださってる方、こやでお会いしてる方、あったことないけど、インスタグラムで見守ってくださってた方など。不思議なご縁で、たくさんの方におめでとうのお祝いの言葉をいただきました。
コロナじゃなかったら、ドイツに行けたのにねー。直接、見たかったよねーとの声も。ほんとにそれは残念でした。これまで娘が生まれてから、いろんな場面を一緒に、笑ったり、涙したりと共有してきて、ああ、この場面も一緒に居たかったなーとなんとも言えない気持ちも湧き起こりましたが、こればかりは仕方ない。逆に、ああこれで本気で子離れできるなあとほっとした気持ちもありました。3月にドイツに発ち、1ヶ月半、いろんな手続きを進めて、無事にドイツ連邦国、フランクフルトの歴史ある市役所にて5月26日に式を挙げることができてよかった。国際結婚の手続きの大変さは前々から聞いていたので、フロちゃんと二人でコツコツ書類を集めてやってました。きっちりした二人なので、安心はしてましたが、一つ一つ積み木を積み上げていくように、確実にこの日を迎えることができました。5年間の歩みを知ってるので、私たちも安心していて、遠くにいってしまう寂しさもありましたが、それ以上に幸せになることの喜びの方が大きかったのです。

marriage_d0131851_23230397.jpg
18歳で行っておいで!と飛行機代を出したドイツ一人旅。その時出会ったのがフロちゃんでした。友人で半年やりとりが続いて、その後日本に会いにきてくれました。二人で回る日本旅。途中、京都の我が家にも寄ってくれて、その時、He is my boyfriend.と紹介してくれたっけ。日本人の私たちは、ボーイフレンド、ガールフレンド、男友達、女友達と訳しがちですが、海外では彼氏、彼女しか使いません。このことを英語で少し前に習ってたので、私は、えっと、それって,,,,と一瞬時間がかかってましたが、英語通のYoshiとfukiはすぐに分かったようです。おめでとう!とみんなで拍手したのを覚えてます。それから何度も二人はドイツと日本を行き来して、フロちゃんは日本に1年住んで、娘もドイツに1年留学しました。コロナで1年半会えなかったけど、絆は強く、ついに二人は一緒にいることができるようになりました。ほんとによかったー!!
このコロナ禍でよくドイツに行くことを許しましたね!と言われることもありますが、えっ?と驚きながら、彼女の人生なので、彼女が決めたことを祝福するのが親ですたいっと思います。こどもが成人しても、親が就職、恋人、住むところ、生き方に反対する親の話をたまに聞きます。有名な会社に就職して欲しいとか、できるだけ近くに住んで欲しいとか、しっかりした人と付き合って欲しいとか(これは私多少ありますが)、結婚は早いとか遅いとか、こういうことを子どもたちに強いるのは、自分たちのエゴです。
私は、自分も子どもたちも、今の不安定な時代、いや、どんな時代でも。明日はどうなるかわからない。世を去る時に、後悔しないように生きる!生きて欲しい。愛を大切に。愛がある方へ。光がある方へ。自分らしく生きれる方へ。そう思って育ててきました。
コロナ禍でいろんな不安も渦巻くけれど、だからこそ、またより一層大切なものもはっきりするなと思います

素敵な結婚式の話は、またゆっくり書きましょう〜っと。



# by bagel70 | 2021-08-14 23:53 | こども | Comments(0)

Mother's day

Mother\'s day_d0131851_23155439.jpg
なかなかブログを更新できてなくて、心苦しい。インスタグラムとブログは別のものにしたいので、文章を書こうと思うとよしっと気合がいる今日この頃。でも、文章書きたい思いはずっとあるんです。4月、5月と慌ただしく過ぎていきました。今年は母の日のプレゼントをエトセトラで企画しました。elementsさんのブーケとkinakoさんのお菓子のセット。エトセトラはお茶とハンカチで参加。できるだけゴミを出さないパッケージでと。ずっと使えるハンカチにしました。たくさんの方にご予約していただき、ありがとうございました。予約というシステムも初めてだったので、ドキドキしました。連休もなかなか落ち着かず。頭の中でシュミレーションして、失敗しないようにあれこれ考えてました。わりとうっかりさんなので、今回は緊張感を持って挑みました。一人になったこともあって不安もあったけれど、どんなこともコツコツやればできるはずと。当日はお手伝いをお願いして、わいわい楽しく母の日の贈り物の発送を無事に終えることができました。
elementsさんのお花は、もう、毎回、かわいいーと思う。このナチュラルなかわいさはなかなかないと思うし、kinakoさんの丁寧で美味しいお菓子はまたどんな方にも喜んでもらえるはずと、梱包しながらもワクワクしてくるのは、本当にいいお仕事をさせていただいてるなあと思います。
喜びの声があちこちから届き、ほっとしました。
遠くのお母さんへ、近くのお母さんへお届けの方、そして自分へのプレゼント。自分へってのもすごくいいなと思いました。自分が嬉しいって気持ち大事だなーと思って。
ドイツの娘からカードとアイスが届きました。アイスは淡路島のんです。ドイツからじゃないです。笑。今年は息子が彼女と一緒にいちご大福を買って食べようと言ってくれたのも嬉しかったなー。
私は母に、野鳥の会の長靴をあげました。この季節は庭の花を飾るのが大好きな母なので、ガーデニングで毎日、使ってもらえる赤のブーツです。来年もできるかわからないけれど、母の日の贈り物、愛がいっぱいで嬉しくなる企画でした。
Mother\'s day_d0131851_23403103.jpg
ぼちぼち、やれることをコツコツ、ガンバローっと思うエトセトラです。訪れてくださる方に感謝の気持ちでいっぱい。初夏で草ぼうぼうです。うーん。困った。草刈りせねば・・・・。

Mother\'s day_d0131851_23415691.jpg
15年目?記念日とか、数字に弱い。愛すべき、こやなのです。




# by bagel70 | 2021-05-19 23:48 | etcetra | Comments(0)