人気ブログランキング |
ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

花とマフィン

花とマフィン_d0131851_16534966.jpg
秋のこやがはじまりました。あっちもこっちも、お知らせできていないままですみません。Instagramのみ、日々動いてます。さあ、10月は花とマフィン。
elementsさんがガラスの花器にささっと季節の花を素敵に活けてくださり、そのお花ごと、お持ち帰りできます。花器は、シンプルなガラスの花器や松島さんのピッチャーや古道具の花器など、それぞれに素敵に活けてくださってます。私も花を飾るのは好きですが、elementsさんがいける様子を見てると、なるほどーと勉強になります。なんというか花のチョイスもそうですが、空気感というか、引き算ですね。モリモリなデコラティブなお花よりも、暮らしの中でそっとそこにいるっていう感じが好きです。そして、花を眺めながら、マフィンもどうぞ。週代わりで美味しいマフィンが届きます。第1週目は長崎より、ROUTEさんのマフィンでした。ROUTEさんといえば、2年前、いく先を決めずになおちゃんとの旅。空港で長崎行きの飛行機が空いていて、飛び乗った旅。楽しかったなーっ。naoちゃんが飛行機の中で見つけたゲストハウスROUTEさん。そこで食べたマフィンが美味しくて、エトセトラで以前もお取り寄せしました。今回も、人気のマフィン。どれも美味しかったですー。種類が豊富なのも魅力。秋は、マフィンや焼き菓子が欲しくなりますね。

花とマフィン_d0131851_17210367.jpg
2日間。賑やかに、いろんな方にきていただき、ワイワイした秋のこやのはじまりでした。お天気も良かったので、ハッチも副店長として二日間、頑張りました。ハッチのおかげで、いろんなワンコたちが遊びにきてくださり、それはそれはかわいいのなんの。ワンコ同士ってほんと可愛いですよね。猫ももちろんかわいいけど、ワンコ同士の交流の様子はなかなか面白くて。ハッチは、ワンコ友達が大好きなので、尻尾フリフリで迎えます。ワンコ特集は、またまとめてupします。ワンコ好きの方に向けて。

花とマフィン_d0131851_17251351.jpg
ハッチに会いたかったーっと来てくださる方も。副店長として、えらいわーっ。ハッチは落ち着いてるので、誰もいないときは、こうして待ってます。
ライナスは、ガオガオーッだったので、こんなことは想像もできないけど。ワンコって、いろいろですね。性格もあるし、躾もあるんだろうけど。
犬種とか。ハッチのおかげで新たな楽しさを教えてもらってます。
花とマフィンは3週続きます。今週は、キナコさんのマフィンです。こちらもものすごく美味しかったのです。今週は雨降りのようですので、ゆっくりこやの中でチャイやコーヒーも飲んでもいただけそうです。お待ちしてます。




# by bagel70 | 2020-10-08 17:28 | etcetra | Comments(0)

出張エトセトラ in moricafe

出張エトセトラ in moricafe_d0131851_20404471.jpg
夏のお嬢さんpicnic展 in moricafeには、たくさんのみなさんが遊びに来てくださり、ほんとにありがとうございました。あれから2週間も経ってしまいブログでのお礼が遅くなりました。コロナの夏、開催は一度は諦めかけたのですが、今年はないんですか?というお声をいただき、うれしいなあとやれる範囲でやってみよっかとトライしてみました。初めは予約制にしようかと思ったのですが、わたしたちあまり予約とかしないタイプなので、どうなんだろうかと思い、当日ふらっと顔見に来てくださる方もいらっしゃるかもと。あまり混まないように、人数調整しながらの開催となりました。1日目は、オープン前から待ってくださり、さらに暑い中、並んでお待ちくださった方も。本当にありがとうございました。今年も娘が手伝ってくれて、スーパー助っ人のeriさん、elementsと4人体制でできて、助かりました。いつもエトセトラの展示に素敵な作品を寄せてくださる作家さんたちにも感謝です。今年は、鹿児島より、お弁当籠が届きました。実は私は鹿児島のお弁当かごを母にもらってもう30年近く使ってるのですが、ずっと長く使えて、今も大活躍する籠なのです。なので、一度、ご紹介したくて、ご縁が繋がりご紹介できるようになりました。そして、mokuyukoboの新作、檜のわっぱ弁当箱も登場。秋のピクニックが楽しくなるモノを揃えました。コツコツ手から生まれた愛ある作品たち。長く使えるモノ、そして最後は自然にかえっていくモノたちをできるだけご紹介したいなと思っています。今回、さらにミツロウラップのacowrapさんの商品も届いて、さらにわくわく感がいっぱいでした。
京都の亀岡に会社のあるみつろうラップ。ぜひご紹介したいし、私も使いたいと思いお願いしました。お客様の中にはもう随分前から自分で作られたり、使われてる方も多く、さすがだなーと思いながら。私はまだ使ったことがなくて、これまで罪悪感持ちながら、ラップを使っていたので、ミツロウラップが使えることがとても嬉しいのです。実際、使ってみての感想は、全サイズ欲しくなる、使い心地の良さというか、気持ちの良さです。できるだけ石油から作られる商品を使わないで暮らしたい。ゴミをできるだけ少なくしたいと思ってます。秋のこやにもならぶ予定ですので、ぜひまだの方は使ってみてください。遠方の方は、サイトでも買えるのでぜひトライしてみてください。ミツロウラップの色も奄美大島の大島紬の染めなどをされる金井工芸さんに頼まれてるところなど、素晴らしいなと思いました。何とも言えないいいお色なのです。泥色など、ラップにあるなんて、そういう感覚が素敵だなと思います。そういう愛ある商品をご紹介できるのが嬉しいのです。
出張エトセトラ in moricafe_d0131851_20581277.jpg
そう、そして、パッケージもシンプルかつ、全て紙でできていてよく考えられています。帯の裏には使い方などが書いてあり、デザインも素敵です。
娘はドイツでもよくミツロウラップを見かけたよと話してました。日本にもエコバッグがついに当たり前になって、できるだけビニル袋を使わないようにしようという意識が広がってきて本当に嬉しいです。この一年ぐらいですごい進歩だなーと娘と話してます。

出張エトセトラでは、森カフェのピクニックサンドが食べれたり、今年はタイムさんのお部屋をフィッティングルームとして貸してくださり、とても助かりました。森カフェならではの、雰囲気もあるし、年々、来てくださる方も増えて、こやとはまた違う雰囲気を感じてもらえるのは、ほんとに嬉しいことだなと思ってます。次の出張エトセトラもまた、できるといいなあー。

コロナ対策で、お越し下さった方にカキペロをなめてもらったのですが、フフフそのあと、カキペロがブレークしてびっくり。柿渋が新型コロナを不活性化すると発表されたのですよ。ホホホ。このことは、また書きまーす。




# by bagel70 | 2020-09-18 21:07 | etcetra | Comments(0)

picnic

picnic_d0131851_22293925.jpg
今年の出張エトセトラのテーマは、ピクニックです。9/6.7日にいつか森になるカフェさんの2Fにて、出張させてもらいます。いつか森になるカフェさんでは、ピクニックサンドがイベント限定で登場です。今年はコロナのこともあり、少し人数を見ながらの開催になります。2Fが混み合わないように、調整させていただきます。いろいろ不安な方はまた、安心な時が来たらぜひいらしてくださいね。一応、換気しながら、柿タンニン水をスプレーしながら、そして、最強のカキペロを舐めながらというのをスペシャルでやろうかなとか思ってます。これは、ものすごく心丈夫かと。だって、タンニンの力はすごいですから。
ピクニックといえば、お弁当。写真は、娘がドイツで友達としたピクニック。みんなの得意料理を、ゴミが出ないようにしようねと事前にちゃんと話していくところが、なんともドイツらしいです。紙皿とか紙コップとかもなしです。みんなの環境に対する想いがほんとに嬉しかったと娘はよく話します。
picnic_d0131851_22383275.jpg
鹿児島から竹かごのお弁当かごが届きました。一段のものを私は、母から20代でもらって、今までずっと使っています。持ち寄りパーティーやピクニック。車のなかでおにぎりを食べながら行こうっなんて時も、とっても便利で気持ちがわくわくするのがかごのいいところです。もちろんタッパウエアでもいいんだけど、詰める時の気持ちや、開けた時のわくわく感が何しろ違うのです。小さい竹かごから、大きいものまでご用意しました。オーダーも承りますので、どうぞ、見にいらしてください。(またこやの方にも常時置けたらいいなとも思っています)
それから、わっぱ弁当も並びます。こちらはこや初登場、これまでも何度かワッパは並べていますが、mokuyukoboさんのワッパは初めてです。丁寧に作られた杉と檜のお弁当箱です。水性のウレタンが塗布されてます。身体にも安心で、使い心地もいいと思います。
今では、ワッパを使われてる方も多いと思いますが、我が子たちが子どもの頃はまだ少なくて、学校での遠足とかでは毎回びっくりされたと話してました。家も木だらけなので、我が家に遊びに来たことがある子は、どんだけ木が好きなん?と聞いてきたとか。確かに、かなりの木好きなのかも。おもちゃもだいたい木だったしね。いいものを長く使いたい、できるだけ身体にいいもの、美味しいものを食べたい。できるだけ自然に帰るものに囲まれて過ごしたいとの気持ちから、我が家はみんなワッパの弁当箱を使っています。娘は一度だけキャラクターのがいいと言った時もあったなー。その時は、買ってあげたと思います。ただ、味が全然ワッパ弁当の方が美味しかったらしく、やっぱりワッパがいいと戻りました。(買ったものがもったいなかったー)という具合に、我が家はものすごく貫く訳でもなく、譲歩したりしながら、いやでもやっぱこっちがいいわっと本人たちが選んでいきました。息子は、ずっとワッパでした。量的な問題で、大きなワッパにして!というリクエストはあったものの、サッカーとかにもいつも持って行ってました。人と違うことは全く気にならないタイプです。
高校生の時は、友達がうらやましがって、うちもワッパにしてほしいと親に頼んだら、ワッパってめちゃ高いねんなっと。お友達の家は、弁当箱にこんな高い金額は出せないと一掃されたそう。おうちによって価値観って色々です。我が家は、毎日使うものや食べるものなど、いいものをできるだけ使っていきたいという考え方です。いいものや心地よいもの、大切につくられたものを使っていると、子どもたちには自然と身体や心で、愛あるものがわかっていく気がします。まさに五感。そういうところに使うものにはこだわりました。一方で塾とかには、できるだけお世話にならずに、自力で学ぶ力をつけさせました。安易に塾に行かなかったことは、二人が大学生になってから、ほんとにその力が発揮されたので、よかったなーと思いました。(塾代って高いからものすごい節約にもなりました)またこのことについてはいつか書きたいと思いますー。

話がすぐ脱線してしまいますが、出張エトセトラは、9月の6日7日です。朝11時から夕方5時までです。よろしくお願いします。駐車場が限られてますので、できるだけ乗り合わせ、公共の交通機関にて来ていただけるとありがたいです。

picnic_d0131851_23023972.jpg
お待ちしてますー!!夏のあれこれの話などできたら!



# by bagel70 | 2020-08-31 23:03 | etcetra | Comments(0)

2020年、夏

2020年、夏_d0131851_15394761.jpg

去年の夏は、そういえば、生まれて初めて体調が悪かった夏だった。娘はドイツ、息子はひたすら予備校で、あまり弱音も吐けないので、一人やばいやばいと思いながら、娘が帰国するまでなぜか病院に行かず、行けば、すぐに鉄剤を注射したり色々対処してもらい、検査もしてもらって、秋には、体力はすっかり回復していった。今年の夏は、ドイツに行ってるはずの娘がコロナで日本にいて、大学に入学した息子はweb授業でほとんど家にいて、Husbandもコロナでリモート会議が進み、長い休暇。そしてなんといっても我が家にハッチがきた。孫ができたかのような、みんなの喜びよう。車が大好き、お出かけが大好きなハッチなので、あちこちみんなで出かけた夏。川で泳ぎたいっと懇願されるので、なん年ぶりかで家族で川遊びにも。海外で夏を過ごすことが多い娘なので、夏を思いっきり楽しみたいっというバカンス願望が半端ない。笑、

2020年、夏_d0131851_15522319.jpg
ぷかぷか美山の由良川まで遊びにいってきました。美山までは高速で1時間半くらい。楽しかったなー。私も久しぶりに水着になり、川に浸かってました。ただ浸かってるだけなので、子どもたちに水風呂に見えるって言われたけど。ハッチは泳ぐかなとわざわざモンベルのライフジャケットを買っていったけど、なぜか、仙人みたいな顔になり、テンションダウン。無理強いは良くないなと、足だけいつものように浸かってました。ワンコスイマーのパイセンがいたら、犬も泳げることがわかるのかも!(本能で知ってる?)それにしても、仙人みたいな顔が面白すぎた。また、いつかチャレンジしてみよう。由良川は、穏やかでいい川遊びの場所だなー。美山まで来たので、子どもたちは小さい頃であまり覚えてないという茅葺の里にも寄りました。暑くて、車から降りるのが怖かったけど、降りたら風が心地よく、昔の情緒ある茅葺の家の間を歩くとなんともいえないいい時間でした。暑いけど、来てよかったねと、我が家は基本、ポジティブ。どんなところもみんな楽しんでくれるから、どこにいっても楽しんだなと思います。
2020年、夏_d0131851_16070199.jpg
実は、ディズニーランドとかテーマパークとか家族で行ったことがない。親が全く興味がなくて、そういうところは、大きくなって友達と行くと楽しいよと言ってきた。なんでもない街の風景とか、小さな食堂と温泉とか、滝とか、店とか、ふらっと出かけて、見つける楽しさ、そういう旅というか、時間の過ごし方をして来たのです。娘は海外でもすっかりそういう旅の達人に。さらに土地の人と出会い、カウチサーフィンで泊まったりする、ヨーロッパでも地元を楽しむ旅を満喫してました。息子も、大学生になり、いろんなところに旅してほしいなーと思ってたけど、このコロナでね。大学さえ行けない状況に。一体いつまでこの状態が続くんだろうなー。
コロナという世にも不思議な事態。怖さと不安と、先の見えないモヤモヤ感と。それでもこんなに家族で過ごす夏がまさか2020年に来るとは!!
All is well.きっと全てに意味があるんだろうねと、ぎゅっと過ごした2020年の夏に乾杯。(今年はみんなお酒が飲めるようになったので、毎晩乾杯してました)まだまだ夏は続くし、これから、嫌な残暑が・・・・。さっと秋になってくれたら嬉しいんだけど。そうはいかないのが日本の夏ですね。




# by bagel70 | 2020-08-18 16:24 | おでかけ | Comments(0)

続けること。

続けること。_d0131851_00033714.jpg
14年間、娘が小学2年生から続けてきたお稽古事、英語劇のLABOPARTYを卒業しました。コロナで修了式がのびのびになってましたが、ようやく、小さく人数制限ありで、歌もダンスもできなかったけど、ラボっ子とFamilyと一緒に温かな会でした。ラボというのは本当に言葉では表現しにくいお稽古事ですが、3歳から大学生までで活動します。お話を英語と日本語で体一つで発表したり、ソングバードと言って、フォークソングなどを年齢関係なく踊ったりするのです。シャイだった娘がこんなにも、コミュニケーションが大好きになったのは、きっとラボの活動の積み重ねがあったからだろうなあと思います。本人もラボしてなかったら、どんな人生だっただろうねと想像もできないと話します。たった週1回の活動ですが、小さいころから表現してきた舞台の数々、キャンプや国際交流、どれも小さなチャレンジとやり遂げる自分自身の達成感、この繰り返しが子どもにとって大きな自信となるなあと実感してます。
ポイントは、達成感が共感によるもののみということ。勝ち負けとか金賞とか、他者の評価がなくただただ自分、そして見守ってくれてる人たちとの温かい何か。そこがいいのです。勝ち負けや昇級といった達成感はとてもわかりやすいのですが、私は、子育てにおいてわかりにくいことの方が意味があることが多いなと感じてきました。結果ではなく、そのプロセスを大切にしたいと思います。小さな山を毎回、越えていく子どもを見てると、いつしか、しっかり信じることができるようになります。小さな山登りの繰り返し、いつしか大きな山も登れるようになってく感じです。14年続けてきて、途中、もちろんしんどいかなという時期もあります。そういう時が難しい。この子には向いてないんじゃないかとか、勉強の方が大事、部活の方が大事、その判断がとても難しいなあと思います。
それでも続けてこれたのは、ラボの高校生、大学生たちがほんとに素敵だなーと思えたから。子どもたちにとって、憧れの存在がいることはとても大きいのです。
何かをしっかり続けていくことは、とても力になります。音楽でも、スポーツでも。結果にこだわらず、自分のためにできる何かがあるといいです。部活動は、楽しいしいい思い出だけど、やっぱり部活。部活以外で自分の何かの時間があると、ポケットに隠し玉が入ってるかのような、自信につながるなーと思います。
私は、長く油絵をしてました。これも変わったお稽古事ですが、大学から描いてません。デザインの仕事をしたり、写真を褒められたりすると、その頃の何かが活かされてるのかなと思います。またいつか描きたいなと思ってます。幼いころ、高い絵具やキャンバスを買ってくれていた親に今頃、感謝です。


# by bagel70 | 2020-08-14 00:38 | こども | Comments(0)