ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

一歩

d0131851_23194986.jpg

軽やかに、歩いてった。
いつのまにか 背は私より大きくなって、オギャーと泣いてた赤ちゃんから13年生きると、一人海外で1ヶ月暮らせるようになるなんて、驚きだ。人間ってすごい。生きるってすごい。可能性は無限大ということ。彼女にはとびきりの笑顔があるから、きっと大丈夫だろうと思う。13才の目で肌で世界を感じてきてほしい。

部活最後の日、先輩の最後の試合を応援できないことを涙ながらに告げたそう。先輩たちも涙を流して聞いてくれたそう。そして、出発の前夜、みんなから一斉にメールが飛び込んだ。これまでありがとう、そしてお互いがんばろうなっ。いろんな想いを胸に一歩を踏み出しました。

別れ際にもらった手紙「ママヘ」ラーメン屋で読もうとしたら、3行ぐらいで涙が溢れ出したので、「やばいっ」と慌ててしまった。息子が「鼻が赤いよ」と言う。涙を我慢したときのツーンとしたかんじで、ラーメンをすすった。

手紙を夜読んで、枕が濡れた。いろんな感謝の言葉が綴られていた。

手紙を読むと感傷的になる。私は娘がだいすきだ。
[PR]
by bagel70 | 2011-07-22 23:38 | | Comments(2)
Commented by mijo at 2011-07-23 10:25 x
行ったねぇ~。確か、行くって決めたのが小学5年かそこらだったのにあっと言う間だったねぇ。いい夏になりそうだ。

しかし、京都から成田まで一人で行ったの?それだけでもすごい冒険だよね。私なんて、千葉からの帰り、まちがって成田まで行ったことあるし。帰国の時は迎えにいくの?
Commented by bagel70 at 2011-07-25 23:51
ほんと、あっという間だった。まさかほんとに行く日がくるとはね。京都から成田までは、何人かで関西から出発する子で行ったよ。しゃべりながら。仲間がいるから心強いよ。ステイはまるっきり一人だけどね。手紙は・・・、ちょっと感動した。
<< その後 お待たせです。 >>