ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

in the night kitchen.

d0131851_15012980.jpg
春休みに突入してから、あまりに日々が濃厚で、全然ブログがついていけてないっ。instagramではなんとか毎日更新してるので、自分の記録としてはなんとかできている感じ。ブログは自分の思いや感情や考えも書けるので、とても貴重なツールです。これは書いておこうということを選ぶと、3月はモーリスセンダックの真夜中の台所という物語をラボの合田パーティ40周年にて、お母さんたちの劇として発表したこと。そして40周年の大きなパーティをみんなでやり遂げたこと。このことはなんとも言えない達成感に包まれた。ラボというのはとても変わったお稽古事なので説明も難しいし、コミュニティの濃厚さも表現しにくい。しかーし、私の子育ての中では占める割合が大きかったので、書き留めておこうと思う。合田パーティに来てほぼ10年。姉、弟、忙しい生活の中で、こうして続けてこれたのはとても大きい。40周年のお祝いではお母さんたちもテーマ活動に取り組んだ。これが面白いのなんのって。初めはもちろんめんどくさいし、恥ずかしいし、人前で発表するものができるのかさえも不安。それが、最後には、みんな自信満々でパーフェクトに演じきるところがさすがラボ母だなあと本当に感動した。
ラボというのは、素晴らしい音楽のついたお話CDがあって、それを体一つでみんなで表現していくのですが、セリフやナレーションは、英語日本語を言えるように覚えます。この歳になって覚えるの本当に大変だけど、これまたいい勉強に。そして何より、みんなでアイディアを出し合いながら、本番に向けて時間のない中、作り上げていく緊張感がたまらなく楽しいのでした。私は、仕事柄、演出するのもすごく好きでトータルに見て構成していきたいタイプ。演出の提案にバシッと答えてくれみんなの隠れた才能に、人ってすごいなーと感心しました。
この大人になって何かを演じたりするのって、すごーくいいなと思います。自分の殻を破ったり、挑戦したり、反省したり、落ち込んだり、子どもたちの気持ちに立ちもどれる新鮮な体験です。こういう感情を行ったり来たりできる大人(親)は、おそらくずっと子どもたちと、人としての信頼関係を築くことができるのではないかと思うのです。子どもたちの力を心底、尊敬できる体験がラボ母にとってのテーマ活動。本当に稀有な体験ですが、あの感動を共有できた仲間に出会えて嬉しいー。大変なことこそ、実りが大きいなあ。


[PR]
by bagel70 | 2018-04-03 15:24 | つぶやき | Comments(0)
<< 馬を放つ ひらつぶ、ありがとうございました! >>