ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

馬を放つ

d0131851_12130695.jpg
先週の金曜日は、なんと官邸前デモにいたんですよ。デモって、民主主義で当然の権利だから、おいっおかしいじゃないかいっという想いをちゃんと伝えなきゃねと東京に。もちろん、東京にはもう一つ家もあるし、行きたいとこもあるし、yoshiがあちこち東京エスコートしてくれるし。いろいろ日常一人で仕切らねばいけないのは大変だけど、東京と京都(南)のダブル生活は、なかなか私たちには楽しく合ってるのかもしれません。前置き長くなりました。最終日にみた「馬を放つ」映画の感想は早く書かねば、記憶が怪しくなるので、先に記録しておきます。岩波ホールらしい、ものすごい人間味あふれた渋い映画でした。こういう映画を岩波ホールのような映画を愛する人たちの熱い場所で見れるのは幸せですね。映画前にはなるべく情報を入れないようにしてます。この映画も全く何も知らずに観ましたが、いやあ、涙があふれて、目が少し腫れた映画でした。(でもそんなに泣いてたのは私ぐらいかも)
キルギスの美しい風景と日本人のようなアジアの顔に親近感を感じながら、話は思わぬ方向へ。馬を放つ行為の意味を知ると、私は涙が溢れずにはいられないのでした。そして馬の走る姿が本当に美しくて、時折、コミカルに感じるキルギスの人の素朴さと民族の誇りや、グローバリズムの中で無くしていく何か。大きく、はっきりとしたメッセージがないだけに、より深く心に染み入るのです。こういう渋い映画は、なかなか興行的には難しいのかもしれないけど、観てほしいなあーと思う映画でした。映画って、多様性を学ぶのに本当に素晴らしいものだと思います。子どもたちにも世界のいろんなところのいろんな物語を知ってほしい。
終わりにひょんなことでFacebookで知り合いになった岩波ホールの編集をされてるKさんとお話をすることができ、うれしかったです。わたしは、次、人間に生まれてきたら、映画に携わる仕事したいなーと思います。
月曜日、仕事を休んでくれて一緒に映画を観ました。二人でしみじみよかったよねーっとこういう共感ができるのは、ね、いいよね。そして、岩波ホールのすぐ裏にあるBondyという欧風カレーレストランに連れて行ってくれて、ものすごい美味しいカレーを食べました。
さささっと、美味しい名店に連れてってくれるとこは、ほんとにパーフェクト!まず、ジャガイモが出てくるのが面白い。カレー好きの方、ぜひ一度Bondyへ。(すごい有名みたいで行列当たり前のようでした。回転も早いっ)
d0131851_12131088.jpg


[PR]
by bagel70 | 2018-04-07 12:40 | 映画 | Comments(0)
<< 明日から。 in the night ki... >>