ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

天草へ

d0131851_15320522.jpg
二日目は、朝からレンタカーを借りて、ビューンと島原の方へ。島原の乱が天草四郎って覚えてたので、すごく近いと思っていたら、レンタカーのおじさんにも笑われてしまいましたが、長崎から熊本に渡るというなかなかのハードスケジュールとなったのですが、旅の勢いとは怖いもので、海を見ながらワーキャーッと走りながら、一人がナビをして島鉄フェリーというので熊本に渡ることに。時間を調べていくと、なんと夏休み時間みたいなのになっていて、1時間も時間を潰さねばならず、仕方ないねーとフェリー乗り場の前にあるローカルなお菓子屋さん松田に入ることに。ここで見つけた丸ごとメロンの美味しさといったら!!
d0131851_15420617.jpg
一つ800円ぐらいするのですが、気前のいいnちゃん。これいっとこ!一人だったら、チビチビプリン食べてたかもだけど、こういう時、ドンとええもん食べたがる相棒のおかげで、こんな美味しいものが食べれました!これもう、たまらない美味しさで。そして、なんだろ、雑誌とかインスタとかで紹介されてたとかじゃなく、ひょんなことで自分たちで見つけた美味しいものってほんとに忘れられない一品。死ぬまでにもう一回食べに行きたいなー。
d0131851_15372102.jpg
島鉄フェリーで40分くらいかな。のどかーな海景色を見ながら、フェリーっていいよねえ。大好き。鹿児島の桜島フェリーは、中でうどんを食べるのが恒例ですので、ついうどん屋を探してしまうのでした。笑

天草に着いたら、天草って大きいっ!なめてました。色々なお店もあるし、その日の宿まで1時間半くらいまた走り、大洞窟の温泉宿までたどり着いたのです。この温泉、すごかったです。家族で掘ったとか書いてあったので、一抹の不安があったけど、最高の泉質というコメントをみて、温泉好きとしてはいかねばっと。いやあ、なかなかの迫力の温泉でした。泉質は素晴らしい。そして、大洞窟があって、探検気分。3回入ったなー。肌にもすごくいいらしく、美容好きなnaoちゃんは温泉水を顔に何度もかけてましたわ。
夜は、近くの食堂で海鮮丼を食べました。これがまた!!さすが、海近いっ。美味しいっ。魚料理をこれでもかってほど食べて、ニコニコでした。レストランに行く途中、素晴らしい夕日に出会えて、一生忘れないだろうあの美しい時間。
d0131851_15320917.jpg
遠くに見える山並みが美しく、穏やかな波と誰もいない海辺。1秒ごとに美しさが変わるので目が離せず。こういう時間はほんとに旅ならではの最高なプレゼント。前の日に次の日の宿を決めるという気ままな旅は最高でしたわ。

d0131851_15585227.jpg
海鮮丼ね、ああ、また食べたい。フロちゃんが魚好きじゃないので、今年は魚系がぐっと減ってたので、これでもかと食べれました。ああ幸せ。
新鮮な魚はいいなあ。そして、九州の人がいいっ。ゆるくていいっ。私がゆるいのも、九州人だからかもなあーやっぱ。九州、信州、関西に住んで、一番長いのは、関西だけど、やっぱルーツってあるのかもね。
3日目は、念願の天草、崎津教会へ。ここまでさらにまた1時間半走るのです。めげそうになったけど、いや、ここまで来て、これ見ずに帰ったらずっと後悔するっと、二人で走りました。

d0131851_15320522.jpg
もうね、ほんとによかった。来てよかった。涙出そうなくらい、よかった。中に入って、言葉が出ないくらいのふたりでした。今も日曜日は、この辺のクリスチャンのみなさんが祈りを捧げている場所です。そういう場所ですが、よかったら、どうぞ、というスタンスなのです。そういう、なんだろ、派手じゃなく、生活の中の祈り。それがこの場所にある不思議。近くにはすぐ海。250年前、ここに着いた宣教師の思い、それが今も信仰として続いてる凄さ。隠れキリシタンの歴史を資料館でしっかり学び、またじわーっと色々感じたのです。
ここに導かれていたような長崎の旅。この後、もう一つ大崎教会へいき300kmのドライブの旅を終えたのです。
最後は、長崎市内へ。最後の宿がこれまた素晴らしく。ゆっくり書きましょうーっ。(続く)








[PR]
by bagel70 | 2018-08-04 16:08 | | Comments(0)
<< ありがとー!森カフェ ひょんなことで長崎へ >>