ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

子育て振り返り2

d0131851_19382441.jpg
一眼レフで撮ると、やっぱり迫力です。うつくしー。先日、1歳少しのお子さんとこやに遊びに来てくださった方が、このくらいの歳の時、何に気をつけて子育てしてました?と質問されました。えーっとーっ。記憶を手繰り寄せるのにしばし、時間が。20年前ですもん。小さい時からこれはよかったーと思うことをお伝えしました。それは、シンプルにご飯を食べる時、テレビをつけないこと。ながらをしないこと。これは家庭によって様々で、遊びに行ったお家があーずっとテレビがついてるんだーと、思ったり・・。習慣なので、小さい頃からのがずっとー、はたまた結婚してからも続きますよね。この習慣。ごはんの時は、いろんな話をしながら食べるので、これは本当に大きくなってからもよかったなと思います。テレビがついてたら、そっちに視線がいって、味もよくわからないし、それって作った人に対して失礼だし。ちいさい子と食べるときも、まだ言葉が分からなくても、しゃべる!一緒にお母さんも食べる、おとーさんも食べる!兄弟がいると、普通にごはんの時間、みんなでワイワイが自然かなあ。一人目の時は、ついテレビつけたり、ながら食べをしがちだけど、ごはんの時は、ごはんに向き合って、話しながら食べるのが、やっぱりいいなーと思うし、息子もこの話をしたら、そりゃそうやろっと話してた。大きくなってくると、なかなか話す時間もなくなるけど、ごはんの時間がコミュニケーションの時間に!!高校生になっても、今日さー担任の先生がさーと話してくれます。先日も物理の話をし出して、原子力とプルトニウムの話で、息子は科学的な進歩や試行錯誤の話をしたかったらしいけど、私は、つい原発反対だから、もんじゅにしても六ヶ所村にしても、核のゴミの行き場も見えてないのに開発したらあかんと言うてしまい。おかーさんはすぐそう言う方向にしか話を持っていかないからいいわっと言われ、チーン反省した次第でございます。じっくり聴かないとね。最後までね。

先日は、ある方が進路の最終決定は子どもですか?親ですか?と聞かれました。うーん、、、。やっぱ子どもかな、うちは。息子が中学受験がしたくないと言ったので、そうかーと。私は高学年ぐらいにググッと頭脳が伸びて時がわかったので、ここで勉強したらめっちゃ賢なるんちゃうん?と思ったけど、本人は地元のチームでサッカーしたい!と言うので、そうかーそれもいいか!と諦めました。結果、高校受験で正解だったなーと思います。本人が行きたい高校への気持ちがとても強くて。堀川探求に行くと全く迷いなく。中2ぐらいでいろんな高校に行く機会があるといいかなと思います。高校に行くと、ああここは違うなとか、ここかも!とか。フィーリングが分かるのが面白い。この子が通ったとして・・・と楽しそうな姿が想像できたら、合ってる!想像できなかったら、ミスマッチ!息子は説明会か何かで、心に決めた感じでした。その中学生に向けての高校説明会の代表に2年後、自分が出るとはね。人生って面白い。色々意味があるなあと。あそこの決断がここにつながってーっとか。娘は娘で、これまた、ピタッとあの性格にあった進路だったので、子どもってそれぞれに合う進路があるなあと思います。勉強するのが好きな子や、美術が好きな子、農作物を育てたい子、ピタッとした進路に行けた子は本当にうれしそう。
偏差値とかじゃなく、その子らしく過ごせるいい学校と出会えるといいなーと思います。




[PR]
by bagel70 | 2018-11-13 20:13 | こども | Comments(0)
<< 檻の中のライオン良い! 希望のかなた >>