ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

2018年 06月 13日 ( 1 )

万引き家族

d0131851_18325050.jpg
万引き家族、是枝監督、最新作。パルムドール受賞。のせいか、なんと行列ができていた朝一番の上映で。きっとこれから沢山の人が観るだろうし、観て欲しいから、内容についてはふれないようにしつつ、記録として残しておこうと思います。
観終わった後、なかなか言葉が出てこない映画です。割とたくさんの映画を観てるつもりですが、なんというか、これは・・・・、うーん、この衝撃がパルムドールを獲ったんだなと思うものなのです。ずん、と心に重くのしかかるそれ。海外の人が見てもそうなのだから。この映画は痛烈な日本社会へのメッセージという見方もあるけれど、もしかしたら、どの国でもある社会の何か、歪なのか、見落とされてる小さな何か。それはなんなのか。
誰かが捨てたから、拾っただけだよ。ほんとに幸せだったから、ぜんぶいいの。いろんな台詞が耳に残っている、安藤サクラの表情と共に。すごいACTRESSだー。

先日のほんとに悲しい虐待の事件のすぐ後に公開というのも、さらにこの映画が多くの人の胸をしめつける理由でもある。いつも虐待の二ュースは悲しくて、できれば見たくないのですが、今回は5歳の子が残した言葉が字が、あまりに悲しくて、胸に突き刺さったままの人も多いのかも。
そんなことするんだったら、私が育てた。ツイッターで見かけた言葉。いのちについて考える。家族についてかんがる。関係について考える。答えは、見つからないのだけど、できることはなんだろな。是枝監督の「誰も知らない」を観て、14年。あの時の衝撃と。根本は同じで、みんな悶々と考える。悶々と。




[PR]
by bagel70 | 2018-06-13 19:14 | 映画 | Comments(0)