ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

2018年 07月 03日 ( 1 )

Call me by your name

d0131851_15273805.jpg
ずいぶん前に我が家の父娘二人で観てきたCall me by your name.二人がものすごく絶賛してたので、いつか観なくては!と思っていたのです。映画の日に出町座でついに観れました。出町座は気になってたミニシアター。出町柳商店街に学生時代住んでたので(正確にはyoshiが)思い出の商店街の一角が映画館に!なんていい変化なんだー。19歳からつきあいはじめて、この界隈で青春時代を過ごしてたわけです、5年間ぐらい。ちょうど娘たちと同じ感じですね。私たちも遠距離で一緒に過ごす時間というか、暮らしがほんとに楽しかった。そんな楽しかった想い出があるからこそ、娘たちも思いっきり楽しんでねーと自然に思うのです。日本でもドイツでも。
Call me by your name.舞台はイタリアなのですが、言語が英語、たまにフランス語、なになに?とその環境をguessして行くとこから始まるのですが、主役のティモシーのアンニュイで繊細な魅力にすぐに目が離せなくなるという。教授一家なのでいろいろ知的でこれでもかというくらい、夢のようなバカンス生活。我が家に来たイタリア人のバレイの家もイタリアのトスカーナの田舎でお父さんはお医者さんっていってたから、ああこんな生活?と思いめぐらしたりしてね。
本題は、その性の目覚めというか愛の目覚めというか。感情とセクシャルな欲望と、複雑な思いとが、ゆっくり描かれて、好きという気持ちが繊細に描かれて、その辺のまったり具合が好きでした。
性の多様性を、遠くから見守りながら、しっかり受けとめる親の目線や言葉も、この映画の肝かもしれないなー。同じジェームズアイヴォリーの脚本、モーリスは学生のこと見たし、時代設定もずいぶんと前だったので、物語的に見たけれど、この映画は、親目線でも考えられるところが、そのあともじわじわ楽しめるところかもしれない。自分だったら、どんな風に言うかなとかね。
とにかく、音楽も素晴らしいので、もう一回、じっくり観たい映画です。


[PR]
by bagel70 | 2018-07-03 16:00 | 映画 | Comments(0)