ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

子どもを信じること

d0131851_11340270.jpg
子どもを信じること、田中茂樹さん講演会を聞いて来ました。子育て中に読んだこの本で、納得と衝撃を受けたのを覚えてます。我が家も割と変わった子育てをしてたところもあるので、ああこれでいいんだなと思うところと、自分の思うように導きたいという部分はとても反省したものです。子育ては、そういう軌道修正がとても大事。子育てはもうほとんど終わってけどなーと思いながら、お誘いに乗ってみると、やっぱり聞いてよかったーと。最近、子育ての話を聞きたいとよく言われるので、その参考にもなりました。
さて、センター試験1週間前の息子がコタツの向かいに座り、勉強してますが、もちろん、ながら勉強。滑らない話を見ながら、爆笑して勉強してます。イヤホンなので、何が面白いんだかわからないけど、そのあまりに楽しそうな爆笑に、こっちまで笑いがこみあげます。こんな感じで、我が家はほとんど子どもたちのことに干渉することはありません。それができるのも、子どもを信じてるから、なわけで。これまで、まあ、フツーに真面目な私は、これで大丈夫なんか?と高校受験期も思ったことが何度かあるのですが、その度に、yoshiが大丈夫!人それぞれの集中の仕方があるから。一度にいくつかのことを並行してやれるのは、才能であると自信たっぷりにいうので、ほんまか?という疑いの気持ちも持ちつつ、確かにそうかもしれんと。まあ、そういう私も大したことなく、そんなに集中力も高い方じゃないし、自分の常識がほんとに合ってるかわからんよな、と柔軟になることも大事だなと思います。というのも、よく、お父さんやおじいちゃん、割とエリートで安泰で暮らしてきた人たちは、こうしたほうがいいっとやたら干渉してくる話も聞きますが、とにかく、娘の高校でもその話は口すっぱくされていて、私たち、またさらに上の世代と今は、時代がものすごいスピードで変わってると。なので、親の世代の価値観は、今の子たちには通用しないことをはっきりと言われています。これからを生きる子達は、自分たちで切り開いていかなければならないわけで、昔みたいに会社入って一生を終えるなんてことは、ないに等しいのでは。なので、進路などの余計な干渉はブッブーッ、または、無視!です。はっ。話がそれて行きましたが、、、、
田中茂樹先生の講演は、ほんとに、えええーーっと真面目なお母さんはかなりびっくりすると思います。大体のことはいいんじゃない?と思う変わってる私でさえ、いやーそれはーと思うのですから。それぐらいまあ、極端なのは、先生がカウンセリングをされていて、子どもが何かしらの問題行動を起こしてから、かなりの状態で駆け込むパターンを見て来られてるので、極端にしてますと話されてました。極端で効果があれば、そこまで症状が出てない人にも有効だろうという説です。(確かに)例えば、元気な子には、遅刻が重なるとなんでそんなに遅刻するの?と責められるのに、登校拒否になった途端に、今日はどうー?ちょっとでもいく?とか、学校も遅刻しても全然大丈夫ですよとか、親も学校も態度が変わることに気がついて、それならば、普通の子にもその接し方でいいんじゃないかと思われたのが、大発見だったそうです。この話を息子にしたら、確かにーと納得してました。ですよねほんと。日本は、普通に頑張ることが当たり前とされすぎてるなと思います。
Good enough mother、程よい母親が良いとイギリスのウィニコットが提唱した言葉。いいなあーと思いました。完璧じゃない、いい感じに抜けてるお母さんの子どもの方がなんか自分で考えて、しっかり育ってるなーと思ったりしたから。
昨日、印象的だった言葉で、甘やかし→子どもに行動を指示する、命令する、失敗させないようにするとか、(例えば、中学から英語でつまずかないように英語を学ばせておこうとかは、甘やかしなんですよ!)(受験が心配だし、内申も取れるか心配だから、早くに塾に行かせよう!も甘やかし!日本中甘やかしだらけじゃん)
愛情は、ただ、子どもを見守る。自分のペースでチャレンジさせて、失敗も成功も受け入れる、
結構、甘やかしを愛情と重ねてる人が多いだろうなーと思いました。もちろん自分もいくつか、ありました。えっそれ甘やかしなん?とかね。もちろん、正解などはないので、それぞれで考えて選んでいったらいいんだろうけど。
小言を言わないとか、指示しない、命令しないをするだけで、ものすごく子どもが変わるそうです。我が家は、否定的なことを言わないようにしてきました。これは特に心がげてた訳でもないのですが、私が母からそうされてきたのと、yoshiも一度も否定的なことを言わないので、それが当たり前になっていったわけです。親子の会話については、また書きたいと思います。

d0131851_13050633.jpg
子育てって、結構、知っとくと、ああそうなのかと思ったり、軌道修正したりできるので、その家の大事にすること!を明確にしていくのがいいんだなーと思います。ちなみに先生は、家ではリラックスさせる!という信念のもと、動いていたそう。色々これも衝撃的に面白い話がありました。
我が家は、気持ちよく笑って楽しく愛を大切に生きてこ!というとこかなと思います。大事にしてる部分ね。


d0131851_13052598.jpg


# by bagel70 | 2019-01-13 13:05 | | Comments(0)

ライ麦畑で出会ったら

d0131851_23221653.jpg
新年2作目、ライ麦畑で出会ったら。Comimg thorugh the rye. アメリカ映画2015.予告を見たときに、へなちょこ青春系は、うちのyoshiの大好物なので好きそうだよね、と2日連続で映画館へ(京都シネマ)。この冴えなくて学校でいじめられてる主人公の話し方が私は好きでした。英語の発音の仕方というか。そしてサリンジャーを敬愛してるだけあって、言葉が良い。青春ロードムービーなのですが、いろんな描き方が程よく、セリフが特にいいなと思いました。この冴えない子を支える女の子が、ほんとに素敵で、この子の親も1シーンだけでてくるのですが、ああなるほどね、ディディの素晴らしさを思わせるおおらかさでした。学校は監獄で、自分は囚人だと話す主人公の絶望感とこのディディとの出会いで自分に向き合っていくへなチョコ男子の成長物語。愛だね、愛。ほとんどが敵でも、一人、愛ある理解者がいるだけで人間は強くなれるんだと思います。
綿毛のシーンが最高で。このシーン見れただけで、もうこの映画観てよかったと思いました。
サリンジャーのライ麦畑でつかまえて、をまだ読んでないと話すと、ええーっと言われ、読んだ方がいいって。だね、読みます。名作を読んでないーっ。活字は健康寿命と大きく関わってるからね、今年も本もたくさん読もうっ。
年始はよし!やろう!的なことが多い。真面目かっと自分に突っ込む。

d0131851_23592885.jpg
海外のチラシの写真のセレクトのがいつもいいなーと思います。

京都シネマの近くに語学学校があるので、これまたとても良いのです。1日に2コマとか取るので、合間に映画が見れてよいー。買い物にいくと、つい買ってしまうので、映画か大丸へ食料品を買いに。藤井大丸行くと、散財してしまうので、自粛。
英語の学校は3ヶ月目になりますが、メンバーが毎回違う、先生も違うので、毎回、軽く緊張するのがすごくいいなと思います。どんどん当てて行くシステムなので、当てられるのとかほんといつぶり?という私は、未だに変な汗をかきます。いろんなクラスがあり、どれもその都度、勉強になるので、いい学校だーっと思います。学ぶって楽しいなーっ。




# by bagel70 | 2019-01-10 23:58 | 映画 | Comments(0)

葡萄畑に帰ろう

d0131851_08324368.jpg

新年1本目は、京都シネマにて葡萄畑に帰ろう、を観ました。Yoshiと。去年の一発目はインド映画のバーフバリで、私たち的には果てしなくないわーっという映画だったので(世間ではファンも多い)今年はどうかな?と少しの不安を抱きつつ、まあこのビジュアルでハズレはないだろう、岩波ホールで上映されてたんですからっと安心して観たら、思わぬシッペ返しが!!これ、原題は、The chair.なのですが、原題なら納得。配給者はもちろん観て欲しくて、観て欲しくなる題を考えるのですが、これはなかなか騙された感が大きかったです。正確には葡萄畑に帰るんだけどさ。とはいえ、おもしろかったですよ。なんというか、万人受けはしないと思いますが、変人にはお勧めします。こうくるだろうな、というセオリーをことごとく、スルーされ、意味深は描き方のところは、えっまさかのそうくる?みたいなのとか。凝り固まった思考回路をぐちゃぐちゃにされる変な快感があると思います。
いろいろ変なので、カウリスマキとか好きな方は割と好きかも。いや、どうかなー。世界観は違うけど。
ジョージアという小さな国があることは私はテレビで知ってて、興味があったのですが、なかなか不思議な雰囲気の映画でした。多分、このチラシからは想像がつかない権力についての話なのですが、椅子が象徴的で、あちこちにコミカルなCGが使われて、それが意味があるのかないのか・・・・。そんな不思議ワールドも楽しめたらいいかと。誰かと見ると、その後、あれってさーっと盛り上がるかも。京都シネマは、すごく年配の方でいっぱいで、この映画どうでしたー?って聞いてみたい気もしました。
映画の良さは、いろんな国の映画を見て、その国の様子とか、切り口とか、考え方とかに触れることができることですね。
今年もいっぱい映画を見ようーっと思います。


# by bagel70 | 2019-01-10 20:27 | 映画 | Comments(0)

Hello!!2019年

d0131851_00323315.jpg

2019年、新年あけましておめでとうございます。今年は、娘と離れて過ごす初めてのChristmasに年越し、お正月。行事ごとが大好きな娘がいないことに、寂しさも感じますが、こうして家族は、増えたり、減ったり、また増えたりしながら、いろんな形になっていくんだなーと時の移り変わりを感じています。自分たちがここ数年、実家に帰らないお正月を過ごしているので、人はいろんな過ごし方があっていいと思ってます。絶対親と過ごさないとというのもおかしいし、親子であっても、それぞれが独立していて、一緒にいると楽しいけど、別々で過ごすのもそれも良い。そういうのがいいなと思ってます。今年は紅白を三人で見て、受験生の息子とツッコミあいながら、紅白のカオスっぷりにあれこれ言いながら。日本のカオス文化は本当にすごいなと思いました。後半はだんだん麻痺してきて、もう、カオス最高!みたいになっていくのも、これまた面白く。そこにユーミンとか登場して、私たちの中に流れてるピュアな何かに語りかけて、心を動かして、最後はサザンでしめ。若いアーティストも大御所に飲まれることなく、才能を発揮していて、時代だなーとも思いました。ケン玉ギネスに歌いながら挑戦するとか、よくもまあ、考えつくなあーと呆れながらも、yoshiの知り合いがけん玉で出てるとか盛り上がり、あのプレッシャーの中、けん玉やれるかどうかとか、そういうどうでもいい話をうだうだしながら。ね。
そして、除夜の鐘をつきに、いつもの浄瑠璃寺へ。ここ数年、ずっと通ってます。もう恒例行事。静かな中に、ろうそくが灯してあり、お参りして、庭を一周してゴーンと鐘をつく。そのあとに火に当たりながら、いただいたみかんを食べる。ここ数年、海外の子も一緒でしたが、家族だけもまたいいもんだなーと思います。
d0131851_00331908.jpg

おせち料理は、我が家はとーさんが張り切って作ります。31日はずっと朝から台所で。とにかく料理好きなので、楽しそうに、どんどん作り上げていきます。もうレシピなんて見ずに、さささっと。私はその間、ひたすら大掃除です。普通の家庭だと、これ両方してるのかなー?と思うと、本当にすごい。買い物は一緒にいきますが、買い物だけでも楽しいーっというので、本当にどんなこともポジティブだなーと感心します。お雑煮にお節に、やっぱりおいしいなあ。テトがすんごい勢いでやって来たので、娘がテトになってるようで、食べる気満々のテトでした。
d0131851_01160900.jpg

d0131851_00331608.jpg
お天気がいい元旦。暖かくて、最高の一年の始まりでしたね。三人で恒例の近くの神社まで初詣。受験生の息子も、恒例行事はもちろん参加。受験だからって、元旦まで勉強するなんて、ナンセンス!我が家は、休むときはしっかり休む、楽しむ時、感じる時はしっかり季節を感じる。たった一日、二日で何かが変わるのならば、それはその実力がなかったことだよねと。初詣も、受験のことをついお願いしたくなりますが、息子いはく、受験は神様に願うことではなく、自分の力で立ち向かうこととかかっこいいことを言うので、確かに!と納得するのでした。(高校の先生の請け売りかもだけど、ほんとにそうですよね)歩いていくのに本当にいい距離といい道なので、ご近所さんにもお会いしたりして、道中、英語の単語しりとりしながら、楽しい時間でした。

d0131851_00325239.jpg
帰ったら、正月のお楽しみ、テントンさんのチーズケーキをいただいて、ああ〜幸せー。最高の元旦でした。夜はお笑いみて、大笑いして。ドイツの年明けは花火がすごいそう。お節がないお正月が想像できないけど、オーストラリアに行ってる友人のUPを見てると、ああそういうのもいいねえ、と思います。いつかは、海外で年明けもしたいねーと。でもやっぱり、この日本のお正月はいいものだなーと思うんだろうな。

今年はどんな一年になるのでしょう。あれこれ、考えてはいますが、心の中に。3が日でゆっくり考えようと思います。いただいた年賀状を見ながら、ああ、この方達はえらいわーっとリスペクトしながら、みんなの近況を知り、元気そうでよかったーと思うのでした。そんな元旦でした。

つらつらと今年も書いていきます。どうぞよろしくお願いします。






# by bagel70 | 2019-01-02 01:11 | つぶやき | Comments(0)

ランプシェードがうちに来た時

d0131851_19085385.jpg
2018年が終わろうとしてます。ここ数日、大掃除。12月は本当に仕事が忙しいのと、掃除好きでないのと整理下手なのが重なり、ここでしないといつする?という切羽詰まった状況の年の瀬です。日頃からきれいにしてる人がうらやましいー。うちもリビングぐらいなら日々ちゃんとしてますのよーっ。しかし、一戸建てって本当にあちこち掃除するとこ、ありすぎでしょ?って、モノありすぎでしょ。毎年、この時期、来年はシンプルに暮らす!と心に決めます。
日々捨ててるはずなのに、紙モノ多すぎ。一つ一つ判断する作業がね、疲れますよね。

d0131851_19162232.jpg
ランプシェードがあるとき。ああ、ほっこりするー。ちょっとおばちゃんみたいなyoshiが写ってますが。彼は1年間読んだすごい量の本、映画、音楽のベスト10をそれぞれの感想とともにFBにUPしています。これすんごい作業やと思いますが、好きみたいです。楽しみにしてる人もいるようで、東京のある界隈で、カルチャーおじさんと呼ばれてるらしいので、趣味の人まっしぐら。その書評などが文章がなかなか面白いので私も読むと、その本読もうかなと思います。文を書くことはすごくいいなあと思います。色々整理されるし、感情や思考を言葉に表すのって、文章以外になかなか訓練できない。なので、娘にもブログを勧めました。インスタもいいけど、やっぱり感情などを書く時はブログがいいなあーと思います。ドイツで感じたことや、思ったことは、その時しか、書けないことだから、書くといいよ!と。精神衛生上も、すごく良い。このブログも長いこと書いてます。読んでくださる方がどこかにいるので。子どもの成長とともに、色々、考えてることも変化して来てるのだろうなあ。たまに読んでます!という方に会うと、ヘヘッ何書いてたかなと恥ずかしくなります。

2018年は、とにかくコミュニケーションの年だったなと思います。娘の彼、フロちゃんが約1年間我が家に滞在し、いっぱいコミュニケーションとりました。英語でも日本語でもね。この経験をやり終えた時は、なんだか人として一つおっきくなった気がした。笑。オーストラリアからルイーザのお母さんたちが来てくれたり、台湾の子も泊まりに来たり。ワールドワイド。そして、息子の高校の母トモともや、20数年振りに学生時代の友人とも会えたなー!オリポリという政治と暮らしを語る会も始めたり。後半は新しく英語の学校に行き始めたり。
こやでも、本当にたくさんの方と話すことができて、いろんな出会いがありました。新しい方もたくさん。子育て世代の方が、話に来てくださったり、どしどし、来年も!いろんなおかーさんの話を聞くのはいいと思います。家庭によっていろんな好き嫌いや、思考癖、方針、子どものタイプ、様々だから。ああ、そんなやり方や方向もあるんだ!とかね。異世代で話すのは、いいなーと思います。私たちも数年後は、孫もいるかもだから。ね。

d0131851_19455535.jpg
来年もこの小さなこやでお待ちしてますー。ランプシェードは1月まで続きますよー。お楽しみに〜!!


# by bagel70 | 2018-12-30 19:47 | つぶやき | Comments(0)