ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひょんなことで長崎へ

d0131851_17582096.jpg
旅の記録。7月10日に、エトセトラ10周年記念、どこか旅行行こうよと沖縄旅を計画していたのです。やちむんの仕入れも兼ねてね。ところがー、その日は沖縄に大型台風マリアが直撃。飛行機が飛ばないーっどうスルー?家族はお互いその気でいてくれてたので、よし、これはもうどこかわかんないけど、飛行機あいてるとこに行っちゃおうー!と早朝に空港へ。実はこういうの好きなんですー。綿密に計画立てるより、行き当たりバッタリがワクワクしたりね。旅は、どこに行っても楽しめる自信もあるし。できれば北かなー仙台とか札幌とかさ。しかーし、その日に空いてたのは、長崎行き、よし、長崎いこーっと飛行機に飛び乗ったのでした。私は25年ぶり。naoちゃんは、初めて。リムジンの中であれこれ検索して、とりあえず、naoちゃんがいい感じのカフェとゲストハウスをしてるrouteさんを見つけて、私がすぐ予約ー。こういうのは、鼻がきく!いいねいいねと。ROUTEさんは、こじんまりしたゲストハウスで好きな感じ。あっさりしたオーナー夫妻に、バックパッカーの当日予約はありますが、私たちぐらいの年齢の当日予約は珍しいと笑われ、沖縄行くはずがねー長崎に!と私たちの旅の始まりを話すと、自由でいいですね、と。そうそう、自由がいいんだよー。旅って自由を感じるよねー。
それから、まずは、昼ごはんも食べてなかったので、長崎で新鮮な寿司を勢いよく食べて、キョロキョロしながら、まずは大浦天主堂を目指す。長崎は市電が走ってて、naoちゃんはとても嬉しそう。私は鹿児島でも走ってるので、懐かしい〜感じ。このレトロ感がいいよねー。なんと120円であっちこっち行けるのですよ。今も市民の足にしっかりなってていいなあーと思いました。かわいいセーラー服の子とかも乗ってて、通勤通学も電車。
d0131851_18095787.jpg
ギリギリ最後に滑り込んだ教会は、息をのむ美しさ。横の資料館がまた隠れキリシタンの壮絶な歴史を描いてあって、いろいろ考えさせられたのでした。若い頃来た時より、いろんなことがぐっとくるのは、歳を重ねて来て少しは深まってるのかも。naoちゃんがめくった札に、宿のないものには宿を与えなさいっとか、私たちにタイムリーなお言葉が出すぎて、大笑いしてしまいました。導かれてたのかも・・・・。

d0131851_18134757.jpg
そのあとは、夜景を見に、山に登ります。長崎の夜景は、なんと世界三大夜景なんですと!!それはそれは綺麗でした。途中、迷ってたら、同じ様に迷ってるチャイニーズガールと出会い、一緒に過ごして、話をしました。こういう時、英語が割と難なく出てくる様になってる自分をうれしく思います。フロちゃんのおかげかな。ほんとにきれいでした。大都会じゃないから、星空の様に、散らばってて、、、、。ぜひ、皆さんも長崎に行ったらいってみて。稲佐山の上でした。
d0131851_18181951.jpg
そこからなんとかして、温泉にーっと思ってたのですが、さすがにタイムアウトで、ゲストハウスに戻り、シャワーを浴びて爆睡しました。私もnaoちゃんもどこでも寝れるタイプ。どこでも楽しめるタイプ。そういう人はゲストハウスは本当におすすめですよ。なんてたって安いし、清潔だし、紙モノが充実してるし(これ大事)センスがいいし。変なホテルに泊まるんだったら、絶対ゲストハウスおすすめです。
翌日、また朝から近くの教会に行ってお散歩して、美味しいサンドイッチを朝食に。ROUTEさんの朝ごはん、最高。また長崎行ったら、絶対行きたいところです。
(1日目)





[PR]
by bagel70 | 2018-07-24 18:22 | | Comments(0)

夏のお嬢さんin森カフェ

d0131851_22203279.jpg

昭和感だたようエトセトラです。さあ、夏のお嬢さん、in いつか森になるカフェが今年もやってきますよ。早いなー。ずっと先だと思っていたらなんと今週末。その間に、夏は加速度的に暑くなり、みんなビビってる2018年の夏。温暖化と言われていたけれど、じわじわと気温の上昇や、猛烈な雨の災害など、こうやって地球のあちこちに出てくるんだなーとゾッとしてしまいます。日本の政治も同じようにゾッとすることがどんどん進んでいるのですが、この話をしてるだけで5度は気温が上がりそうなので、やめなきゃ。

森カフェののほほんとした雰囲気が好きです。地域にこんなカフェがあることは幸せだなと思います。いろんな人が交流するカフェ。その2階で夏の2日間出張させてもらいます

今年は、お洋服は、kiraさんの夏服(春に大人気でした)jijiさん、yasutakaseisakujoさん、3者3様それぞれにテイストが違うので、楽しめると思います。私たちもワクワク。こやで見るのとはちょっと違う感じで楽しんでください。アクセサリーは、um.さんとhitoriさん。この夏のアクセサリーを見つけにいらしてください。そして、革のsakatanorikoさんのバッグなど。オーダーになるので、出来上がりは秋ぐらいでしょうか。ちょうどいいころ。お財布など、坂田さんは、すべて、手縫いです。丁寧に作られた素敵なモノ、ぜひ手にとってご覧ください。
そして、テーブルには、嬉しい久しぶりの登場ustuwa utataneさんのうつわ!わーい。わーい。utataneさんの形も素敵ですが、色もね、ぐっとハートを掴まれます。

さらに、松島さんのブルーベリージャムに、セルクルさんのマフィン(1日目)などもお楽しみに。
森カフェでは、スペシャルイベントレッカーランチ!ドイツを感じるランチだそうです。ムフ。レッカーTシャツ記念かな。フロちゃん、つんちゃん、ケーキも登場するかも、しないかも。お楽しみに。





[PR]
by bagel70 | 2018-07-23 22:32 | etcetra | Comments(0)

学び。

d0131851_06151915.jpg
知らない土地に行くこと、いろんな話を聞くこと、どんな小さいことも、その時必要な何かだなと思います。今日は10時半より木津川市のいずみホールにて、林田くんの講演会があります。林田くんだれ?という方、ヒバクシャ国際署名活動を広げたキャンペーンリーダーです。高校生の頃、平和大使としてジュネーブを訪れ、そこから彼はどのように世界に向けて発信したのか、若い世代の話を聞けるのは貴重です。今日、お時間ある方はぜひ足を運んでみてください。当日参加大丈夫です。
私は、先日、不意に長崎を訪れました。沖縄に行くはずが、台風で急遽長崎に行ったのですが、その出会いは素晴らしく、古い教会を巡るたびに、平和への祈りがささげられ、ヒロシマとナガサキの平和への想い、核廃絶への想いを改めて感じたのです。
この講演会は、Olipoliオリポリというできたばかりの会、政治や暮らしのことをざっくばらんに話す会の開催です。地域の友と、こういう新しい繋がりができることはとても嬉しい。月に1回、集まって話すくらしCAFEを開催中。これまで、身近な暮らしの疑問や、府知事選についての話や、性の話、ドイツの自然エネルギー改革に取る組んだ街のドキュメンタリーを見たりしました。木津川市周辺の方ならどなたでも参加できます。

今日、10時半より、もし、お時間あったら、いずみホールへ。私もどんな話が聞けるのかワクワク。


[PR]
by bagel70 | 2018-07-15 06:27 | おしらせ | Comments(0)

お休みです。

d0131851_12013605.jpg
今日は、なんと涼しいこや第一日目と楽しみにしていたのですが、あいにくの雨続きで、警報が出ているようなので、お休みです。残念。
涼しいこや?なんと、移動できる冷房が届いたのですよ。10年間なんとかこの時期の暑さを耐えて、夏休み突入、9月末OPENという流れでやって来ましたが、今年は違いますよ。夏の間もたまに開けます!(たまに?)まだ詳しいことは決めてないのですが、涼しいこやなので、夏の間、ゆるりとOPENできたらいいかなと思いますので、お子さんと虫探しにでも、おしゃべりしに、育児の息抜きに遊びに来て下さいね。またOPENの日、お知らせします。夏休みならではの企画などもできたらいいなーとか。
これまで、なんせ、窓、ドアOPENなので、蚊との戦いでしたが、夏の間は、ドアを閉めますので中は蚊との戦いもまぬがれます。小さな子達が蚊に噛まれるのがいつも気になってたので、少しホットしています。残暑のOPENもこれで少し安心。私たちも気づいたらもうすぐ50代。(後2,3年、あるけど)いつまでできるかなーっとお互いのボケにツッコミながら、できる日まで、無理なくやれたらいいなあと思います。どうぞ、みなさん、よろしくお願いします。明日は、OPENできるといいなあー。もしお時間あるときは、涼しいこや、どんなかな?と見に来てくださいね。



[PR]
by bagel70 | 2018-07-06 12:11 | etcetra | Comments(0)

Call me by your name

d0131851_15273805.jpg
ずいぶん前に我が家の父娘二人で観てきたCall me by your name.二人がものすごく絶賛してたので、いつか観なくては!と思っていたのです。映画の日に出町座でついに観れました。出町座は気になってたミニシアター。出町柳商店街に学生時代住んでたので(正確にはyoshiが)思い出の商店街の一角が映画館に!なんていい変化なんだー。19歳からつきあいはじめて、この界隈で青春時代を過ごしてたわけです、5年間ぐらい。ちょうど娘たちと同じ感じですね。私たちも遠距離で一緒に過ごす時間というか、暮らしがほんとに楽しかった。そんな楽しかった想い出があるからこそ、娘たちも思いっきり楽しんでねーと自然に思うのです。日本でもドイツでも。
Call me by your name.舞台はイタリアなのですが、言語が英語、たまにフランス語、なになに?とその環境をguessして行くとこから始まるのですが、主役のティモシーのアンニュイで繊細な魅力にすぐに目が離せなくなるという。教授一家なのでいろいろ知的でこれでもかというくらい、夢のようなバカンス生活。我が家に来たイタリア人のバレイの家もイタリアのトスカーナの田舎でお父さんはお医者さんっていってたから、ああこんな生活?と思いめぐらしたりしてね。
本題は、その性の目覚めというか愛の目覚めというか。感情とセクシャルな欲望と、複雑な思いとが、ゆっくり描かれて、好きという気持ちが繊細に描かれて、その辺のまったり具合が好きでした。
性の多様性を、遠くから見守りながら、しっかり受けとめる親の目線や言葉も、この映画の肝かもしれないなー。同じジェームズアイヴォリーの脚本、モーリスは学生のこと見たし、時代設定もずいぶんと前だったので、物語的に見たけれど、この映画は、親目線でも考えられるところが、そのあともじわじわ楽しめるところかもしれない。自分だったら、どんな風に言うかなとかね。
とにかく、音楽も素晴らしいので、もう一回、じっくり観たい映画です。


[PR]
by bagel70 | 2018-07-03 16:00 | 映画 | Comments(0)