人気ブログランキング |
ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

<   2018年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ランプシェードがうちに来た時

d0131851_19085385.jpg
2018年が終わろうとしてます。ここ数日、大掃除。12月は本当に仕事が忙しいのと、掃除好きでないのと整理下手なのが重なり、ここでしないといつする?という切羽詰まった状況の年の瀬です。日頃からきれいにしてる人がうらやましいー。うちもリビングぐらいなら日々ちゃんとしてますのよーっ。しかし、一戸建てって本当にあちこち掃除するとこ、ありすぎでしょ?って、モノありすぎでしょ。毎年、この時期、来年はシンプルに暮らす!と心に決めます。
日々捨ててるはずなのに、紙モノ多すぎ。一つ一つ判断する作業がね、疲れますよね。

d0131851_19162232.jpg
ランプシェードがあるとき。ああ、ほっこりするー。ちょっとおばちゃんみたいなyoshiが写ってますが。彼は1年間読んだすごい量の本、映画、音楽のベスト10をそれぞれの感想とともにFBにUPしています。これすんごい作業やと思いますが、好きみたいです。楽しみにしてる人もいるようで、東京のある界隈で、カルチャーおじさんと呼ばれてるらしいので、趣味の人まっしぐら。その書評などが文章がなかなか面白いので私も読むと、その本読もうかなと思います。文を書くことはすごくいいなあと思います。色々整理されるし、感情や思考を言葉に表すのって、文章以外になかなか訓練できない。なので、娘にもブログを勧めました。インスタもいいけど、やっぱり感情などを書く時はブログがいいなあーと思います。ドイツで感じたことや、思ったことは、その時しか、書けないことだから、書くといいよ!と。精神衛生上も、すごく良い。このブログも長いこと書いてます。読んでくださる方がどこかにいるので。子どもの成長とともに、色々、考えてることも変化して来てるのだろうなあ。たまに読んでます!という方に会うと、ヘヘッ何書いてたかなと恥ずかしくなります。

2018年は、とにかくコミュニケーションの年だったなと思います。娘の彼、フロちゃんが約1年間我が家に滞在し、いっぱいコミュニケーションとりました。英語でも日本語でもね。この経験をやり終えた時は、なんだか人として一つおっきくなった気がした。笑。オーストラリアからルイーザのお母さんたちが来てくれたり、台湾の子も泊まりに来たり。ワールドワイド。そして、息子の高校の母トモともや、20数年振りに学生時代の友人とも会えたなー!オリポリという政治と暮らしを語る会も始めたり。後半は新しく英語の学校に行き始めたり。
こやでも、本当にたくさんの方と話すことができて、いろんな出会いがありました。新しい方もたくさん。子育て世代の方が、話に来てくださったり、どしどし、来年も!いろんなおかーさんの話を聞くのはいいと思います。家庭によっていろんな好き嫌いや、思考癖、方針、子どものタイプ、様々だから。ああ、そんなやり方や方向もあるんだ!とかね。異世代で話すのは、いいなーと思います。私たちも数年後は、孫もいるかもだから。ね。

d0131851_19455535.jpg
来年もこの小さなこやでお待ちしてますー。ランプシェードは1月まで続きますよー。お楽しみに〜!!


by bagel70 | 2018-12-30 19:47 | つぶやき | Comments(0)

2018年のこやが終わりました。

d0131851_20495902.jpg
2018年のこやの最終日。美味しくて、また笑いでいっぱいのこやになりました。たくさんの皆さんがum.のランプシェードを、アクセサリーを、そして、この日は、haruiroさんがレモンケーキを持って来てくださいました。um.のmちゃんがBirthdayだったので、レモンケーキでお祝い。黄色いろうそくでハッピーバースデー!ドイツチョコも一緒に。ブロック形のレモンケーキが可愛くて、美味しくて、もう、ランプシェードの下で食べるharuiroさんのケーキは格別でした。haruiroさんのケーキを求めに、あちこちから来てくださいました。こやに迷いながら。ありがとうございます。

d0131851_20492412.jpg
たくさんの方の笑い声に包まれて、オーダーの方のum.のランプシェードが出来上がり、お渡しの日。
お家につけたランプシェード。どんな顔してるのかなー?

小さなこやにぎゅっと。代わり番こに出たり入ったりしないといけない日もあります。もう少し大きかったら、もう少し屋根があったら、いろんな想いはありますが、このこやがいいんですよと皆さんが言ってくださる。

2018年、こやができるかな?と思った時もあった2017年の終わりだったけれど、naoちゃんと一緒に、みなさんに支えられて、1年間こやができました。いつまでできるか分からないけれど。もうしばらく、みなさんと笑っていたいなと思ってます。

2019年もよろしくお願いします。



by bagel70 | 2018-12-27 22:22 | etcetra | Comments(2)

我が家のクリスマス

d0131851_13154661.jpg
Christmasが近づいてきました。毎年、この季節はこやも忙しく、さらに自分の仕事も忙しいので、バタバタ。今年はさらに選挙のお手伝いもしてるので、もひとつバタバタ。ほんでもって受験生もいるので、バタバタ。去年の写真を見ては、ああフロちゃんのおかげでこんなにも楽しめたChristmasシーズンはなかったなーと。二人でクッキーよく作って、それをチョコで繋げて、おうちにして、マジパンで人形つくって中に入れたり、屋根に乗せたり。中にサンタのチョコ入れて、最後にこな砂糖を振りかけます。夜には、キャンドルを灯して楽しみます。カトリックでもないのに、母は今もChristmasは教会に行くし。祖母からのプレゼントが入った箱が届くのが楽しみで、母もいつも心のこもった贈り物をくれました。サンタさんからはお菓子と本?かな。母からは手作りの何かでした。私たちが寝てから、こそこそ作ってくれていたのがいつも嬉しかったなー。とにかく、特別行事な感じがありました。Christmasカードも毎年、ちゃんとメッセージが。それをしっかり私も引き継ぎ、我が家もChristmasは、子どもたちが楽しみにしていた1日でした。信じれるとこまでサンタさんからの贈り物が届く。(娘はずっと信じてるこのとこにだけやってくる!と思ってたのです)なので、サンタさんからの不思議な贈り物と、父母たちからの贈り物と、私の母からの。ツリーの下に並びます。高学年になってくると、さすがにいろいろドキドキしました。英語のサイン書いたり。これバレないか?とか。置いてあるクッキーかじったり。犬たちにも贈り物が来たり。それぞれの家庭ごとに思い出がありますね。Christmasなんか!という家もそれはそれでいいかと。我が家はちなみに、七五三とか、お宮参りとか、そういうトラディッショナルな儀式には母は反発心があり、すべてスルーされてます。なので七五三の写真とかないけど。成人式しかり。一度も困ったことないし、ああ、そういう考えの家だったんだよなと分かってるので、寂しい思いもしたこともない。
なんでも右へ習へじゃなくても、その家ならではのこだわりがあっていいなと思うのです。
d0131851_13153979.jpg
ロマンチックボーイ。多分、ドイツでもここまでできるChristmasボーイは少ないのでは。いろいろあの一年を振り返ると本当に不思議で、あれって現実だったのかな?と思ったりします。ああ忘れないうちに文章にしなくちゃ。

フロちゃんとの同居も。儀式や、形式が好きな方からしたら、結婚もしてないのに?お父さん大丈夫?とか。いろいろ聞かれましたが、我が家は、これでいいのだ!という強い信念があるので、同居や同棲も全く問題ありません。私たちの結婚さえも、yoshiは事実婚でも良いという考え方です。家買ったり、いろいろめんどくさいので籍入れましたが。つまり、形式や儀式的なことで、縛られたくないという考え方です。その時にしかできないことがある。明日、もし、世界がなくなっても。自分がいなくなっても。幸せだったなと想いたいからです。人生のプライオリティ。我が家は愛、自由。
夫婦で愛がなければ、私には一緒にいることはできないと思います。だって、他のどこかで愛が待ってるだろうし。(人生そうもうまくいかないんだよという声も聞こえてきそう)だよね、うん。分かってます。でも、シンプルに。愛するって実は、とてもとてもシンプルだけど、難しいことなのかもしれません。
愛してます?

d0131851_13154237.jpg
ドイツの娘とフロちゃんから贈り物が届きました。そういえば、去年は一緒に過ごしたけれど、その前の年は、フロちゃんがドイツから送ったクリスマスギフトが1ヶ月ぐらいかかって着いたことがありました。年が明けていたけれど。手編みの可愛い贈り物やチョコがたくさん。愛に溢れてたわ。
今年は、ドイツから二人で選んだチョコたちが届きました。ラッピングがかわいい!!さすが我が娘!(こういう時はべた褒めです)
数あるラッピングペーパーから選んだらしい。開けるのがもったいないプレゼントです。今年は三人で過ごすChristmas。盛り上げる娘がいないけど、とーさんは、今年もチキンを焼きます。そして、お祝いしましょーか。娘はフロちゃんちでどんなChristmasを過ごすのかなー。

Christmasまであと少し、さあ、明日は、今年最後のこやが始まります。moricoちゃんのお菓子が届きますよ。いつも大人気でパパパーッとなくなっていきます。どうか、私たちの手元にも残りますように。

みなさん、素敵なChristmasを!!

娘のChristmasの思い出に朝からジーンと泣けました。






by bagel70 | 2018-12-20 14:39 | こども | Comments(0)

塾に頼らない子育て

d0131851_19013368.jpg
クリスマスの贈り物をドイツに送り、ほっと年賀状を眺めてると、ちょうど10年前の年賀状が出てくる。この時から10年間の子育てで本当に大きくいろんなことが変わって行くなあとしみじみ思った。そして改めて、自分の選択した道は間違ってなかったなあというのを実感している。塾に頼らない子育てのことをインスタに書いたらとても反響があったので、ブログでも追記しようと思う。
我が子たちを見ていて、塾に行かずに自力で向き合ってきてほんとによかったと、家族みんなで頷くのです。塾を非難してるわけではなく、まず、自分の力をとことん信じてみようという気持ちでやってきたのです。塾が居場所になってる子もいると思うし、それぞれの環境や選択で決めたらいいと思うのですが、こういう道もあって、なかなかそれはよかったよと伝えたい。ものすごくマイノリティーな道だし、葛藤があるし、だいじょうぶかな?と不安にもなるのですが、そこに打ち勝つと、わあーっすごい力が育ってた!と見えてきたものがあるのです。塾は友だちとの場にもなってるようで、仲良しの子たちがあの塾に行ってるというのもあるのですが、まあ、そういうのも全て合わせなくても、その子のペースを守ることも親として大事かなと思います。人間は、一人で生きて行くわけですから。その子のスタンスがしっかりしてると、あまりブレない。特に小学校高学年とか中学は日本の集団意識が絶好調なころで、みんなと同じがいいという空気感があります。そういう時に子どもたちの中に、モンテッソーリ教育で学んだ幼少期の一人で集中できる、一人でも満足できるという、この感覚が生きてきていて、あえて違う道を選ぶことができたのが大きいなあと思います。この精神性を幼少期に学べるのは、すごい。これは、日本で(もちろん世界でも)生きて行く上でほんとに貴重な力だなと思います。
塾に行くまでにとことん、自分たちでやってみる。先生にいっぱい質問する、親も関わる、どこでつまづいてるのかな?と分析する。娘の時はあー私もこれ苦手やったわーというところで見事につまづいてたので、もう一度自分を見つめ直すつもりで、一緒に乗り越えてました。こうして丁寧に関わることは、大きくなってからの信頼関係に繋がります。周りの得意そうな人に教えてもらうのも一つ。我が家は隣の幼馴染のしんちゃんが娘によく物理を教えてくれてました。

我が家の様子を話すと、どうしたらそんなふうに子どもと話せる関係になれますか?とたまに聞かれますが、私たち、なかなか楽しんで丁寧にいろいろ解決してたなあと思うのです。小さな行き詰まりを本人の力を元に、一つ一つ解決して行くのが子育てなんだなーと。
先生や友だちと、上手く行かないとき、学校で行き詰まる時、お稽古事で上手く行かない時、いろんなミッションが降りかかってくるのですが、一つ一つを丁寧に。先生や学校に対して、どう伝えるか。子どもはその都度、しっかり見ていて、親が逃げれば、逃げるやり方を学び、交渉すれば、ああこんなふうに伝えて行くんだと学び、違う考え方を提示したら、見方を変えることを知る。一緒になって解決して、あなたは、乗り越えたね!すごい!という感覚を一緒に共有する。それが生きる喜びにもつながるのかもと思います。
ドイツ留学ももちろん楽しい事ばかりではなく、ドイツの大学は本気で勉強した人だけがくるシビアな場所です。そんな中、あえてチャレンジする講義をとったりして、内容が難しい上にプレゼンしなくちゃいけないよーっ、逃げ出したいよーっ、何でこんな講義とってしまったんやろう、と苦しいラインが飛んできます。まずは、ヘルプを誰かに求めたら?とアドバイスします。これも塾に行かなかったから培った力で、塾は教えることが仕事だけど、仕事ではなく信頼関係で、人に教えてもらうということがすごく大切だなと思うのです。
それでも向き合って無理な時は、諦めるのも一つ。チャレンジするには時期があるから、雪山に登るのも、アイコは訓練もしてるし、道具もあるから登れるけど、ママは登れない。無理して高い山に登ることはないんだよと。いつでもこの山はやめとこって思っていいんだよと伝えました。しばらくこのことについて連絡なかったので、講義はキャンセルしたのかなと思っていたら。ここでやめるのは、情けなすぎて、諦められないから、間違っててもできるだけのことはやってみたよ。今日、プレゼンするよと。朝、ラインが届き、また一つ乗り越えたんだね、とジーンと涙が出そうに。そのプロセスが大事だなと思うのです。
(娘は高校の英語の恩師にアドバイスを求めたそう。いい先生でいつも応援してくださってて、出会いに恵まれ、こういう人間関係を作れたのも彼女の力だなと思います)

長くなりましたが、いろんな道があるけれど、あえて、めんどくさい道を選ぶと、そこは自由で、解放されてて、いっぱい話して、涙することもあるけど、見える景色は最高だよっという話でしたの。



by bagel70 | 2018-12-13 09:18 | こども | Comments(2)

Christmasなこや 2018

d0131851_10280816.jpg
ランプシェードがあるとき。2週目が無事に終わりました。金曜日は、小さい子を抱っこして遠くからランプシェードを見にきてくださいました。初めてのこやは、とっても小さくてびっくりされてました。本当に、写真だと少し大きく見えるみたいなのですが小さい小さいこやです。
そんな小さいこやの中で、ぎゅっとアポロさんのサンドを食べました。ランプシェードを眺めながら食べるのは楽しいです。アポロさんのサンドが美味しくてみんな食べながら、美味ーっと声が出てしまうのでした。笑。美味しいパン屋さんがいっぱいでほんとに幸せー。私たちがエトセトラできるのもアポロさんがあったからだなーっと、最近、振り返りが多くなってきたのは、歳のせい?
d0131851_10315977.jpg
切り絵作家の萩原桂子さんのChristmasの飾りや干支のイノシシもやってきましたよ。ほんとに美しい切り絵で、うっとりします。

d0131851_10331532.jpg
金曜日は、elementsさんのしめ縄ワークショップです。11時より。毎年、いいお正月飾り、ないかなーと探したり、作ったりしていたのですが、今年は、こやの柚子を使ったり、シンプルで素敵なのが作れそうでワクワクしてます。まだご予約大丈夫なので、ご興味のある方、ぜひ!
しめ縄ワークショップ2000yenそのあと、sadacoroさんのサンドをいただこうかと、サンドもご希望の方は、ご連絡ください。

d0131851_10394553.jpg
moricoちゃんのChristmasのお菓子も届いて、賑やかに!あっという間に出てしまいました。来週も持ってきてくれまーす!嬉しいな。この小さなお菓子の箱の中に繰り広げられる小世界。可愛くて、見て楽しい、食べて嬉しい。Christmasのお菓子でした。デザインシール、作らせてもらいました。(去年、笑)
そう、そして、無事に歳もひとつ、とりました。元気に誕生日を迎えられて嬉しいです。nちゃんが手作りのブーケを!シュトーレンでみんなでお祝いしてくださりありがとう。家ではメンズたちが大阪で美味しいケーキを買って祝ってくれました。娘がいない初めての誕生日。いつもいっぱい文章書いたバースデーカードを書いてくれてたので。ちと寂しいが、男子は、こういう時ねー、ケーキを食べれて喜ぶ感じーっ。いやいや、笑顔で祝ってくれるだけで幸せどす。

d0131851_10384514.jpg
VERT DE GRISちゃんのお花をkiraさんとhitoriさんより、いただきました。グリちゃんとこのお花はいつもほんとにかわいいなあ。畑仲間だった頃からSHOP CARDを作らせてもらってて、もう何年になるのかな。大きく羽ばたいてるグリちゃん!かっこ良いです。

moricoちゃんも畑仲間で、sadacoroもそうなのですが、エプロンのfu-raさんも。いろんなイベントをしてる日月星さんも、フタコブラクダのIちゃんが引き合わせてくれてた畑仲間。みんな変わらず、コツコツそれぞれの場所で頑張ってるのも嬉しいなあ。地域には、いつか森になるカフェさん、パパドウルスさん、リラグゼーションのタイムさん、地域でみんな頑張ってます。エトセ仲間のNovember graphicも、そして、ねーさんも!新しい出発!いろいろスタンスは変わったりしながらも、繋がって頑張ってる仲間がいるのは、嬉しいなー。そんな木津川市、奈良界隈です。笑
周りに素敵ないいところがいっぱいあるので、新年はMAPをまた作れたらいいなーっと。つぶやいてみたりなんかして。








by bagel70 | 2018-12-10 10:59 | etcetra | Comments(0)

褒める。惚れる。

d0131851_18182010.jpg
19歳からの付き合いのyoshiは、今もいつもマイペース。フラット自転車でこやに来て、自分でコーヒー入れて、パン焼いて食べて、じゃあねと帰っていく。子どもたちが赤ちゃん時代、夜泣きの時は私よりも早く起き、根気よく寝かせ、離乳食も美味しそうなメニューをどんどん作って嬉しそうだった。休みの日は、子どもたち二人と過ごすのを喜びとし、大きくなっても子どもに自分の考えを押し付けない。子どもたちの成績にはほとんど興味がなく、テストや通知表は見たことなし。お気に入りの本や映画は子どもたちに勧め、本、文具、靴、服は、気に入ったものは好きに選ばせる。この不思議な父親っぷりは多分、他には例を見ないだろうと思う。子どもたちがしっかり育ったのは全て私のおかげと言ってくれる。ここまでいい人だとは、付き合った時は思っても見なかったけど、ただただ不思議な人なのです。子どもたちも、本当に表現しにくいよね、パパ、と。子どもたち大好きだけど、娘の成人式には一切興味なし。笑。家族みんなで記念写真を思ってたのに、そういうのは全く興味がないらしい。記念的なものが好きじゃないし、儀式的なものに順応できない天邪鬼。よく日本社会で働いてくれてるよなとたまに本気で不思議に思うのです。頭脳と柔らかい人間力でなんとかやってきたのかも。家族を思って。
運転とか、庭仕事とかいわゆるザお父さん的なことは、ほとんどしない。おせち料理とか、年越しそばとか、Christmasのチキンは、我が家の父さん仕事。今も、いろんな友達と少年みたいに遊んだり、服好きだったり、ゲームもやり続け、永遠の中学生と言われてるけど、子どもたちが、かなりのびのび育ったのは、不思議なおとーさんの力も確実にあるなと思う。プレッシャーというものを子どもにかけない人。
私が判断に迷っていると、絶対的に子どもの未来を尊重した意見を言ってくれる。たとえお金がなくても。(汗)来年で出会って30年だけど。本当に貴重で、滅多にいない人と出会ったわーっとお互いに思っている。変人同士。どうしようもないところもお互いあるけれど、いいところをあげてもこれまたキリがない。いいところは、世間的には、ん?と思うところでも、自分の中でツボだったらそれでいいと思う。
娘たちも引っ越しや新しい生活で、イライラしたり、ぶつかったりしながら、その人の本質、自分にしかわからないいいところをかみしめてほしい。これから出会う可能性がある子には、一緒に過ごして見て、その人が何を大事にして生きてるかをしっかり感じることが大事だなと思います。人生のプライオリティね。
d0131851_19065913.jpg

by bagel70 | 2018-12-04 18:45 | つぶやき | Comments(0)

こやが森に。

d0131851_19011905.jpg
ああ、夢のようないい時間。um.ランプシェードがあるとき。こやの中が森に、そこにum.の素敵な作品が並んで、それはそれは美しい世界に。新しくきた古い机がまた素晴らしく、elementsさんの草花飾りが素敵で、持ってきてくださった作品もまたどれもツボで嬉しくなったのです。二人の世界がググッとこやを魅力的に。お家に、お店に、お部屋に、キッチンに、贈り物に。ランプシェード、いかがですか?アクセサリーもぜひ。この冬、ワクワクするイヤリング。
痛くないので、毎日つけれます。

d0131851_19011457.jpg
ああ、かわいいー。どのランプシェードにしようー。悩む時間も楽しいです。お持ち帰りできるものもあります。1月までやってますので、どうぞ、なん度もゆっくり眺めに、迷いにいらしてください。マイマップ持参の方には、ホットドリンクをプレゼントしています。
マイカップ持ってきましたーっといってください。

d0131851_18594029.jpg
こやの中でいろんな話が、繰り広げられました。人生山あり、谷あり。感情も山あり、谷あり。健康も元気な時と元気じゃない時と。
色々ありますよね。人に話すだけでちょっと楽になったり。関係のない人に聞いてもらうだけで、ホッとしたり。同世代より、少し上の世代の人と話すのもまたいいかと。母って大変です。子育てだけじゃなくて、親同士の関係とか、親ならではのお仕事とか、責任とか。色々本当に複雑な仕事。絶対AIには、ムリッなのがParenting! 私は子育て後半、もうそんなに母仕事も少なくなってきました。受験生だけど、全て本人に任せてるので、模試とか、試験の結果とかも一切見ません。どうだった?まあまあ、というのが通常の会話。笑、試験の結果もまあまあ以外聞いたことないんだけど。高校受験、大学受験、母としてなかなかしんどいですよね。何にもできないし。一喜一憂しないのが一番かなと思います。常に平常心。息子を見えていて、受験の前日もお笑いとか見ていて、大丈夫か?と思ったけど、前日に焦るのが一番良くないと、いつもと同じように過ごすのがいいらしい。なので、我が家は受験期も特に禁止とかすることもなく、自由にTVもゲームもしてます。親も特に変わることなく、自分のしたいことしてます。心配すると、その空気感が伝わるので、大丈夫やろっと思うことが親ができることかもしれないです。いつもどおり。日々やれることを粛々と。






by bagel70 | 2018-12-02 22:13 | etcetra | Comments(0)