ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

馬を放つ

d0131851_12130695.jpg
先週の金曜日は、なんと官邸前デモにいたんですよ。デモって、民主主義で当然の権利だから、おいっおかしいじゃないかいっという想いをちゃんと伝えなきゃねと東京に。もちろん、東京にはもう一つ家もあるし、行きたいとこもあるし、yoshiがあちこち東京エスコートしてくれるし。いろいろ日常一人で仕切らねばいけないのは大変だけど、東京と京都(南)のダブル生活は、なかなか私たちには楽しく合ってるのかもしれません。前置き長くなりました。最終日にみた「馬を放つ」映画の感想は早く書かねば、記憶が怪しくなるので、先に記録しておきます。岩波ホールらしい、ものすごい人間味あふれた渋い映画でした。こういう映画を岩波ホールのような映画を愛する人たちの熱い場所で見れるのは幸せですね。映画前にはなるべく情報を入れないようにしてます。この映画も全く何も知らずに観ましたが、いやあ、涙があふれて、目が少し腫れた映画でした。(でもそんなに泣いてたのは私ぐらいかも)
キルギスの美しい風景と日本人のようなアジアの顔に親近感を感じながら、話は思わぬ方向へ。馬を放つ行為の意味を知ると、私は涙が溢れずにはいられないのでした。そして馬の走る姿が本当に美しくて、時折、コミカルに感じるキルギスの人の素朴さと民族の誇りや、グローバリズムの中で無くしていく何か。大きく、はっきりとしたメッセージがないだけに、より深く心に染み入るのです。こういう渋い映画は、なかなか興行的には難しいのかもしれないけど、観てほしいなあーと思う映画でした。映画って、多様性を学ぶのに本当に素晴らしいものだと思います。子どもたちにも世界のいろんなところのいろんな物語を知ってほしい。
終わりにひょんなことでFacebookで知り合いになった岩波ホールの編集をされてるKさんとお話をすることができ、うれしかったです。わたしは、次、人間に生まれてきたら、映画に携わる仕事したいなーと思います。
月曜日、仕事を休んでくれて一緒に映画を観ました。二人でしみじみよかったよねーっとこういう共感ができるのは、ね、いいよね。そして、岩波ホールのすぐ裏にあるBondyという欧風カレーレストランに連れて行ってくれて、ものすごい美味しいカレーを食べました。
さささっと、美味しい名店に連れてってくれるとこは、ほんとにパーフェクト!まず、ジャガイモが出てくるのが面白い。カレー好きの方、ぜひ一度Bondyへ。(すごい有名みたいで行列当たり前のようでした。回転も早いっ)
d0131851_12131088.jpg


[PR]
# by bagel70 | 2018-04-07 12:40 | 映画 | Comments(0)

in the night kitchen.

d0131851_15012980.jpg
春休みに突入してから、あまりに日々が濃厚で、全然ブログがついていけてないっ。instagramではなんとか毎日更新してるので、自分の記録としてはなんとかできている感じ。ブログは自分の思いや感情や考えも書けるので、とても貴重なツールです。これは書いておこうということを選ぶと、3月はモーリスセンダックの真夜中の台所という物語をラボの合田パーティ40周年にて、お母さんたちの劇として発表したこと。そして40周年の大きなパーティをみんなでやり遂げたこと。このことはなんとも言えない達成感に包まれた。ラボというのはとても変わったお稽古事なので説明も難しいし、コミュニティの濃厚さも表現しにくい。しかーし、私の子育ての中では占める割合が大きかったので、書き留めておこうと思う。合田パーティに来てほぼ10年。姉、弟、忙しい生活の中で、こうして続けてこれたのはとても大きい。40周年のお祝いではお母さんたちもテーマ活動に取り組んだ。これが面白いのなんのって。初めはもちろんめんどくさいし、恥ずかしいし、人前で発表するものができるのかさえも不安。それが、最後には、みんな自信満々でパーフェクトに演じきるところがさすがラボ母だなあと本当に感動した。
ラボというのは、素晴らしい音楽のついたお話CDがあって、それを体一つでみんなで表現していくのですが、セリフやナレーションは、英語日本語を言えるように覚えます。この歳になって覚えるの本当に大変だけど、これまたいい勉強に。そして何より、みんなでアイディアを出し合いながら、本番に向けて時間のない中、作り上げていく緊張感がたまらなく楽しいのでした。私は、仕事柄、演出するのもすごく好きでトータルに見て構成していきたいタイプ。演出の提案にバシッと答えてくれみんなの隠れた才能に、人ってすごいなーと感心しました。
この大人になって何かを演じたりするのって、すごーくいいなと思います。自分の殻を破ったり、挑戦したり、反省したり、落ち込んだり、子どもたちの気持ちに立ちもどれる新鮮な体験です。こういう感情を行ったり来たりできる大人(親)は、おそらくずっと子どもたちと、人としての信頼関係を築くことができるのではないかと思うのです。子どもたちの力を心底、尊敬できる体験がラボ母にとってのテーマ活動。本当に稀有な体験ですが、あの感動を共有できた仲間に出会えて嬉しいー。大変なことこそ、実りが大きいなあ。


[PR]
# by bagel70 | 2018-04-03 15:24 | つぶやき | Comments(0)

ひらつぶ、ありがとうございました!


d0131851_20412175.jpg
3週間に渡ってこやを楽しませてくれたkiraさんとhitoriさんのお洋服とアクセサリー。ほんとうに反響が最後まで続いた賑やかな展示となりました。春だし、春服、欲しくなりますよね。そして、kiraさんの絶妙なひらひら感がいろんな世代の乙女心をくすぐった、わくわくした3週間でした。
hitoriさんの琵琶湖パールも見れば見るほど、かわいくて。ゆらゆら揺れるデザインやネックレスやブレスレットも。とっても人気でした。デザインが一つ一つ違うので、選ぶ楽しさでみなさん、どうしようーっと。悩む時間も楽しかったです。
こや初登場ということもあり、私たちもドキドキしながらの展示でしたが、まず私たち2人が前の展示でいくつか購入して、とっても気に入っていたのです。だんだん、自分の好きな服や雰囲気、スタイリングは同じような感じになってきてしまいますが、歳を重ねればこそ、新たなチャレンジも楽しいものだなーと思うのです。
私は赤の羽織りにチャレンジ。久しぶりに20年前買った赤のセーターを着て、ああ赤、いいなあと思ったのもあって、今回、赤の羽織、お願いしたのです。色って元気がでますね。
最後になおちゃんと私に一つずつ、VERT DE GRISちゃんのブーケをプレゼントしてくださり、ジーん。嬉しすぎた。griちゃんとこは畑の頃からSHOP CARDを作らせてもらってて、大好きな花屋さん。アトリエエトセトラからすぐ近くなので、エトセトラ→グリカフェでランチというコースも最近、人気です。お花も買えるし嬉しいですね。いくつかオススメのランチコースあるので、ぜひ聞いてくださいね。

来週から春休みをいただきます。こんないい季節にお休みするのも気がひけるのですが、だんだん無理をしないでいこうっ。自分たちのペースでできる範囲で・・・と言い聞かせながら。充電したり、こやの手入れをしたいと思います。また四月お待ちしてますよ!!
たくさん、遊びにきていただきほんとにありがとうございました!!





[PR]
# by bagel70 | 2018-03-19 21:37 | etcetra | Comments(0)

ひらひらとつぶつぶ展2

d0131851_22592214.jpg
ひらひらとつぶつぶ展、2週目が始まりました。こやの横の梅が咲いて、うっとりする美しさ。風は今日は冷たくて。まだまだ冬でいたい風が今日はビュービュー。そんな中、たくさんの方が遊びに来てくださり、ずっと笑いが絶えないこやでした。滋賀からki*raさんも追加のブラウスと新作を持って駆けつけてくださり、フリルブラウスの制作の話や着方のアドバイスなど、みなさんとワイワイ。楽しかったです。
SOLD OUTしてましたギャザーブラウスもまたいくつか追加されました。本当に手がかかるギャザーブラウス。一枚一枚、手作りなのが本当にすごい。いやお洋服ってどれも世界の誰か縫ってくださってるんだろうけど。こんな風に自分の着たい服をデザインされて、生地を選ばれ(滋賀産の布もたくさん)、最後まで仕上げられる。一日少ししかできないだろうけど、想いがしっかりある服はいいなあと思います。
d0131851_23262394.jpg
私は今回、思い切って赤の羽織を。この赤、着たいっと思いました。着たい色ってその時のメンタルにも関係してるみたいなので、赤、どう言う感じか分からないけど。直感に従いましょうー。とにかく、素敵な赤です。

d0131851_23280223.jpg
みなさん、今回、たくさん試着してくださいます。どれもその方の着こなしになって見え方が違うので、楽しすぎます。kiraさんのお洋服の持つ不思議ですね。一緒にアクセサリーhitoriさんの琵琶湖パールのピアスやアクセサリーも買われたり。琵琶湖パールがまた可愛いんですよ。一粒一粒、hitoriさんが選ばれたパールで、琵琶湖パールは貴重なパールで女性を守ると昔から言われているそうです。

今週もこやでお待ちしています。お気に入りの一枚と出会えると嬉しいです。







[PR]
# by bagel70 | 2018-03-09 23:31 | etcetra | Comments(0)

尾道旅〜島

d0131851_18491869.jpg
尾道の前に島に行きたいっとしまなみ街道をビューンと走り(フロちゃん運転)降り口間違えて(yoshiナビ下手くそ)因島まで行くー。因島のビーチで海を感じて、安くて美味しいみかんを買い(間違えてよかったやろっとyoshi)、行きたかった向島にいく。Ushiochocokatlという面白そうなところに行きたかったのです。山をグイグイ登って草ぼうぼうの建物の2階に行くと面白いスペースが広がってました。手作りのチョコとホットチョコとかアイスココアとか飲めるカフェもあって、ほっとく感じと店員さんのクールな雰囲気がよかったです。
d0131851_18533661.jpg
整えられてない感じがまたよい。最近、整えられすぎてるところが多くて、わかりましたわかりました、降参!素敵ですからーーーッみたいな雑貨屋とかカフェにはあまり魅力を感じなくなってしまった。いい感じの裏切り感とか、おおおっという意外性、手を入れすぎないけどいい感じ、好きな感じ!というところに出会うと、ニヤニヤしますね。ここは、ニヤニヤしてました。4人で並んで風景見ながらアイスココアのスパイスにこれナニー?と驚きながら、フロちゃんもこれは初めて飲んだ味やーっと英語で言ってました。笑。

d0131851_18580104.jpg
パッケージデザインも可愛くて、お土産にいくつか買いました。フロちゃん運転だったので、後部座席でいいとこないかなーと探せるのは、いい!前予習なく、こういうとこと出会えるのは旅の楽しさ。(あんまり調べ上げていくのは好きじゃない)

ダブル旅もすごいですねーっとかたまに言われるけど、だんだん何がどうみんなと違うのかがよく分からなくなってきている。普通はありえないですと言われたり。どの部分がありえないのかもう少し聞いて見たかったのですが。息子がふと、うちはこれが普通だと思ってたけど、結構、子どもを親の所有物と思ってる親って多いねんなと今日話していた。多いのかもしれない・・・ね。多分、親は無意識だと思うけど。
子どもが自分たちの幸せを愛を自分たちで獲得するために親が何ができるか。それが基本なんだけどね、うちは。

なかなか長い旅はいけないけど、チビ旅でも十分楽しめるのが、日本のいいところ。フロちゃん運転できるようになったから、またどっか行けるところが増えるなあー。フフフ。

[PR]
# by bagel70 | 2018-03-04 19:21 | | Comments(1)