ブログトップ

Bagelつれづれ日記

bagel70.exblog.jp

すみれさん、ありがとう!!

d0131851_19002398.jpg
藤井寺にある玄米食堂すみれさんへの出張エトセトラ2日間が終わりました。あー楽しかったー!初めての方、去年も来てくださり、1年ぶりにお会いできた方、楽しい楽しい時間でした。素晴らしい作り手さんの作品をこんなにも喜んでもらえる嬉しさ。これ、いいですよねー!とどれもほんとにオススメの愛するモノたちなので、選ばれた方のときめきに、わかるーっと毎回思ってしまうのです。そして、おしゃれ好きの方がたくさんいらして、ご自分にぴったりのアイテムをささっと選ばれるのも、すごいなーと思いました。
玄米食堂すみれさんに通われてるいろんな世代の方と出会えるのも、嬉しいこと。オシャレしたり、手仕事のものにいいなーと心を奪われるのは、年齢など関係なく生まれる感情ですもんね。
1日でセッティングして、2日間大阪まで通い、搬出するのは、なかなか大変なことですが、すみれさんのほんとにいい出汁の匂い、スタッフさんみんなでワイワイご飯作りしてるそんなあったかい雰囲気の中、お店をできるなんて、幸せだなーとしみじみ思いました。そして、2日目にはポコッと2時くらいに席が空いて、嬉しいことにランチを私たちも食べれることに!わーい!すみれプレートだあ!
d0131851_19102473.jpg
食べ物は、つくづく作る人の人柄があらわれるなーと思うのですが、すみれさんのごはんはなんだろうー。ほんとに美味しくて、大切につくられてて、肩の力が抜けてるほっこり感。そこがいいなーと思います。美味しいご飯を食べてホクホクしたお顔で、エトセトラに来てくださり、お買い物して、笑って帰っててもらえる。まさに、EAT TALK SMILE.いい2日間でしたー。ああ、すでに思い出深い。すみれさんのスタッフみんなでお買い物タイムもいい時間。大笑いしたなー。また、来年、お会いできると嬉しいです。体力蓄えなければ。


ああ、感動の天野農園、イチゴのスムージー。いちごの天野農園のお仕事もさせてもらってて、畑にも行ったことあるし、天野さんの誠実ないちごづくりの話を聞いてるので、もう、この美味しさにジンと感動する。すみれさんに行ったら、ぜひ、スムージーも!
d0131851_19174546.jpg

d0131851_19193017.jpg
お隣のコッコヤさんは、エトセトラの初期に、はるばる大阪から、通てくれたのです。偶然にもすみれさんの横にcoccoyaさんというパン屋さんをOPENされて、エトセトラの時もものすごく、応援してくれて、ありがたやーっ。そんな昔の商店街みたいなあったかさも大好きです。

素敵な作品を届けてくださった作家さんの皆さん、ありがとう。引き続き、こやにて、EAT TALK SMILEやります!!





[PR]
# by bagel70 | 2018-10-28 19:23 | etcetra | Comments(0)

出張エトセトラ in 玄米食堂すみれ

d0131851_17113426.jpg
今週の金曜日、土曜日は、藤井寺の玄米食堂すみれさんに出張エトセトラに行きます。去年に続いて2回目ですね。道明寺さんのすぐ近くにあります。すみれさんのご飯は、もうほんとに美味しい。フロちゃんたちもドイツに帰る前にもう一度行きたいなーと言ってました。私たちはカフェの一角でお店をさせてもらいます。ドキドキ。お近くの方ぜひ遊びにいらしてくださいー。エトセトラのいろんな素敵なモノをギュギュッと集めて、持って行きます。
kiuさんからは、すみれさんの雰囲気にぴったりのマットが届きました。一つ一つ表情が違うのがほんとに素敵です。
d0131851_17144267.jpg
朝晩がひんやり寒くなってきました。飲み物の下にマットが欲しい季節ですよね。

d0131851_17161143.jpg
宮内知子さんのブローチ、木の皿も持って行きます。

d0131851_17145727.jpg
エトセトラのあれこれ、26日、27日、詰め込んで行きますよー!!お楽しみに。
お隣には、coccoyaさん、美味しい素敵なパン屋さんもあります。お土産に喜ばれる楽しいパンがいっぱいです。

d0131851_17181753.jpg
utsuwaのutataneさんのマグカップも。あったかい珈琲に嬉しい。nakayamacoffeeの珈琲豆も持って行きますので、セットで贈り物もいいですね。
それから、お洋服は、ヤスタカ製作所さん。jijiさん、そして、kiraさんのお洋服が今回、初登場です。kiraさんの羽織は、この季節に大活躍。お楽しみに。

木津のこやは、26日、27日は、お休みになります。よろしくお願いします。




[PR]
# by bagel70 | 2018-10-23 17:25 | etcetra | Comments(0)

子育て振り返りシリーズ

d0131851_19205136.jpg
子育て振り返りシリーズ。かわいい写真が出てきました。チャーリーが我が家にやってきた頃。息子が3歳かな。それから14年一緒に過ごしてるわけです。すごいなー動物ってほんとに家族。昔と違って家の中で飼ってるので、さらに家族感が強い。動物と育った子どもと人間だけで育った子の違いについての論文などはないのだろうかー。これは、大きく人間性に違いが出てくると思うのですが。動物と暮らした経験がある人は寛容な気がする。いやもうしょうがないよねって思わないとどうしようもないことがいっぱいですもん。家族みんなで海外旅行は行けなかったけど、犬たちとキャンプは何度も行きました。おじいさん犬となった今は、それもほんとにいい思い出だなー。
子育てがほぼ終わりかけてる私。色々やってよかったなと思うことは書いておこうと思います。読んだ方が、それぞれにこの部分は参考に!としてくれたらとても嬉しい。私は、教育学部で学びました。教科書がない小学校で教育実習をしたり、毎日の子どもの小さな育ちをみつめる、芯のある教育をそこで学んだ気がします。知的好奇心が大事だということや、子どもの中にある学ぶ意欲を引き出す教育に興味があり、海外の教育本もかなり読んできました。本当はオランダとか、ドイツとかで教育してみたかったけれど、叶わなかったので、日本の教育に疑問も感じながらも、母として自分のやり方を貫けたかなと思います。
幼児期のモンテッソーリ教育は、とてもよかったと思います。自分一人でやりたいことを見つけ、自分で集中して、自分で終わることができる。これはものすごく大切な人間の勉強の基本だなと思います。娘も息子も周りに左右されることなく、自分のペースで集中することができています。この快感を幼児期に体験できることは、すごいことかもしれません。体感こそ強いものはないからです。親は、モンテッソーリでやるお仕事をすぐに勉強に結び付けないことが大切だなと思います。子育てにおいて親の欲深さは、すぐに伝わるからです。ただ、手仕事を一緒に楽しむ、出来上がったものを飾ったり、使ったりして楽しむ。それで十分です。幼児期、低学年は、暇さえあれば自然の中へ。短い時間でも、四季を感じたり、歩きながら話したり、とにかく五感を使って一緒に楽しむ時間を!一緒に歌ったり、お話作ったり。みる、触る、きく、食べる、嗅ぐ、どれも少し意識しながら、たっぷり遊ぶ。それがエネルギーとなって子どもに蓄えられて、後に頑張る時に頑張れる子になる気がします。これは大人になった私たちでも、自然の中でたっぷり遊んだら、また仕事にグッと向き合えるようになったり、身体がスッキリするのと同じですよね。
お稽古事はほどほどに。人から教わったり、習ったりするのって、常にはできることではなく、エネルギーが溜まってるとできることだと思います。子どもにいっぱい遊ばずにして、何かをどんどん吸収させるのはとても危険だなーと肌感覚で思うのです。いつか、エネルギー切れを起こしてしまうのは、想像できるはず。お稽古事は、将来の仕事や好きなことに、繋がったりするきっかけにもなるので、これは!という出会いがあるといいですよね。
長くなったなー。五感!フル活用!とにかく、大事だと思うのです。


[PR]
# by bagel70 | 2018-10-23 11:20 | こども | Comments(0)

新しい挑戦

d0131851_18185529.jpg
半年ぐらい温めてたチャレンジに一歩を踏み出せた昨日。だんだん、新しいことに踏み出しにくくなるなーと、新しい挑戦に躊躇してた時期もありましたが、日々、娘から送られてくる彼女のNEW LIFEを聞いてると、そこは毎日が挑戦。キラキラ楽しそうです。息子も日々、黙々と勉強に対して向き合ってる今、私もまだまだ何かやらねば!と思っていたところ。気になっていた語学学校のトライアルに行きました。先週、市内に出た時に話を聞いて、予約をしてきたので、1週間の間、そわそわ・・・。初めてのクラスは、なかなか良かったです。数年間、やってきた勉強と、フロちゃんとの1年間で随分度胸もついてたみたいです。多分英語のリズムがつかめた。初めての授業の後、先生からカウセンリングがあります。ドキドキしてたら、めちゃ喋れるからもっと中級コースがいいと思うよー、なんなら、上級も狙えると思うよー(全て英語です)なんて、言われて、嬉しいやらほんまかな?と。初級TALKでも十分知らないこと教えてもらえたので、それほど簡単すぎる気はしなかったのですが、その日のうちに中級クラスをもう一度、トライアル。(無料トライアルは2回までついてます)京都のガイド的な内容のクラスでした。ここは中級だけあって、メンバーみんなめっちゃペラペラやんっ。汗がツーッ。それでも、なんとかやれるだけのことはやって、めっちゃ緊張したけど面白かったです。語学は少し上のクラスで勉強するべしという理由もわかりました。リラックスはできないけど、集中して、こういう言い方するんだなーととても勉強になるからです。ヒヤリングも苦手意識があったのですが、先生の話はほぼ理解でき、終わった後のカウンセリングでも、すごいできてるよーっとオーストラリアの優しい先生に言ってもらい、ものすごーく嬉しかったです。コツコツ勉強してきたことが無駄じゃなかったなーと。目標は、いつか留学に行くことと、来年、ドイツに行った時に、フロちゃんママ達とふつーに色々話せるように。先生は、明日ドイツに行っても問題ないよーって言ってくれてたけど。笑。とにかく、緊張感を持って勉強することの大切さと楽しさを感じた一日でした。疲れたーっ。
頑張った日はとにかく、家族に話したい私。息子の高校の近くなので帰りに話そうとしたら、彼女と勉強中だから、家に帰ってたっぷり聞くわーっと流され、チェッと。ドイツの娘に久しぶりに電話し、四条から京都駅まで歩きながら話しました。じっくり聞いてくれるーっ。娘〜。めちゃいい学校やんっとか。内容も色々聞いてくれて、頑張ったねーって。笑。その後、母にも久しぶりに電話して、母も色々語学クラスは経験してるので、興味津々に聞いてくれました。ああ、こういう時、家族よねーっと。息子は、帰宅後、一通り聞いてくれて、おかーさんがめちゃ楽しそうだから、いいやん、GOOD JOB!!フロちゃんに鍛えてもらった英語、このままだともったいないもんねと一応、コメントしてくれた。という感じで、ふと我が家はお互いをよく頑張ったねーと褒め合うコミュニケーションが多いなあーと思いました。
いつの日か、留学して、いろんな国の友達を作ることを目標に、頑張ってこーっと。ギアチャンジした感じです。落ち込むこともあるけれど、一歩ずつ、毎日積み重ねてガンバローっと。続けなければ。

d0131851_18482995.jpg
仕事に英語が活かせる日がくるといいなーっ。いつの日なんだろう。ね。
四条から京都駅までよく歩きます。運動不足には、いい距離です。京都タワーが見えたら、イエーイあと少し!とね。


[PR]
# by bagel70 | 2018-10-18 18:50 | 語学 | Comments(0)

学費について

d0131851_22071036.jpg
この季節、ドキッとする季節。私立大学に行かせている親にとって、授業料を半期で納入する選択をしてると、この季節に大学から届きます。大学によりますが、ほぼ50万〜の振込書。これすごいですよー。クラクラッとします。一括納入してると(年間100万近く)来ないのですが、一括でも割引がないので、半期でいいかと思うと、忘れた頃のこの秋にくる。毎年来てるけど慣れませんっ。薬学部、医学部なんてもっとですよね。芸術系ももっとでしょうか。これ、日本の親、ほんとによく払ってるよっとびっくりします。ローンも払いながらの大学生の親。さらに仕送りなどあったら、、、、、。ゾゾゾッ。
ドイツの大学に行ってる娘。ドイツは半期で4万円です。これ、半年間の学生無料交通チケット代です。大学は国費によりほぼ無料です。国によってこんなにも違う不思議。支払ってる税金は日本は分散してますが、合わせるとかなりの重税国です。この税金の使い道は、内閣総理大臣、財務省が決めてるわけですが、どうなってるのやら。いつ使うのかミサイルや武器に何兆円も消えて行き、内閣機密費は、5年間で56億円が使われてます。領収書なしで勝手に何やらなんでも使っていいみたいです。色々鬱積します。これでも自民支持する人にびっくりぽん(古っ)。
私たち世代は、まだなんとかヒイヒイ言いながら学費をわけがわからないうちに捻出してますが、このまま学費が上がり続け、賃金が上がらなければ、どうなるのでしょうー。小学生、中学生がいる親はほんとに大変。なんせ賃金上昇率が世界でかなり低い国になってるので、これから噂では、徐々に国立も私立並みに値上げしようとしていて、来年の秋には消費税10%になるとか。ポジティブシンキングの私もさすがにネガティブになりますよね。親世代からの支援がないとおそらく進学は厳しくなる家庭が増えるはず。親世代も年金が先送りされ、不安が大きくてなかなか贈与できない状況で。ドイツみたいにみんなが大学に行くという選択をせずに、専門職に就くというのも一つかもしれないです。ただ、ドイツは国費で教育や社会福祉がしっかりしてるので、その後の生活、子育ての不安が少ないですよね。日本は、塾産業や、派遣産業が、はびこりすぎて、ものすごい無駄な出費が多い。ドイツは、学校にもお金がかからない上に、塾など存在しないのです。ここ数十年の日本の変化ですよね、たぶん、教育産業がかなり献金してるんだろうなあと思います。ただただ、日々を生きてくだけじゃなく、一つ一つ、これ、おかしくない?と考えることが大切だなと思います。とはいえ、この社会システム、簡単には変わらないだろうなーと思うと、この国で将来子育てしていくのほんとブラックすぎる・・・となるわけです。なかなかポジティブな要因が見つからないーっ。


[PR]
# by bagel70 | 2018-10-14 23:25 | こども | Comments(0)